plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2008年03月25日

メタル・ゴッド! ロブ・ハルフォード、BOXセットやライヴDVDなど関連作が続々と登場

 ハルフォード『メタル・ゴッド・エッセンシャルvol.1』、ファイト『K5-THE WAR OF WORDS
DEMOS』と、お宝音源収録の編集盤が大好評、メタル・ゴッドことジューダス・プリーストの
ヴォーカリスト、ロブ・ハルフォード関連。彼の設立した“Metal God Entertainment”より
新たなリリース情報が続々!
 まずは名曲をタイトルにしたファイトのコンプリート音源集『Into The Pit』BOXセット。
これまでの音源を箱に詰めただけのBOXセットではありません。1993年のアルバム
『War Of Words 』とそのリミックス・アルバム『Mutations』、1995年の『A Small Deadly
Space 』、すべてリマスター済み! フル・アルバム2作についてはミックスもし直している
という凝りよう。その3枚に、“Live In Phoenix”と題された未発表映像収録のDVDが付いた
4枚組! ファイトとしての活動の集大成といえる内容です。24ページにわたるブックレット
封入のナンバリング入りデジパック仕様で5月26日のリリース予定。
 お次は『Halford Live At Rock In Rio III』と題されたハルフォードのライヴDVD。ブラジルの
ヘッドバンガーズどもを熱狂させたベスト・パフォーマンス、リオでのライヴの模様を、
13台ものカメラを用いて撮影、5.1チャンネル・サラウンドで再現! リマスターを施した
ハルフォードの1stアルバム『レザレクション』が付いた豪華2枚組で、こちらは9月23日の
リリース予定。
 そして2001年リリースのライヴ盤『ライヴ・インサレクション』のニュー・ヴァージョン!
リマスターはもちろんのこと、Bru-Rayでの5.1チャンネルDVDオーディオに大改修!
20ページにわたって秘蔵写真満載のブックレットが付いた特殊デジパック仕様2枚組で、
こちらも9月23日の発売予定。
 いずれも日本盤の予定は今のところありません。
 “老いてますます……”とはまさに彼のこと。今なおメタル帝国の頂点に君臨する男、
ロブ・ハルフォード。今後の活動にも要注目ですね!

ソース:CDJournal.com
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=18500
Metal God Entertainment
http://www.halfordmusic.com/
posted by メタルキング at 18:07| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

メガデス、ギタリストのグレン・ドローヴァーが脱退 新たにクリス・ブロデリックが加入

唯一無二のカリスマ、デイヴ・ムステイン率いるMEGADETH。このバンドに2004年から在籍
していたギタリスト、グレン・ドローヴァーが脱退し、新たに元NEVERMORE、JAG PANZERの
クリス・ブロデリックが加入したことをMEGADETHのオフィシャル・サイトが伝えました。
グレンは、デイヴをはじめとしたメンバーにお礼を言うとともに、

「ファン、ツアーを共にしたクルー、全てに感謝を申し上げるよ。MEGADETHは私に忘れ難い
経験をさせてくれた」

とコメントしました。

ソース:RoadRunner Japan
posted by メタルキング at 00:40| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

スウェーデンのキング・オブ・変拍子メタル! メシュガーの新作が登場

 俗に言うカオティック・ハードコアや、マス・ロック〜マス・メタルなどに絶大な影響を
及ぼしたことで知られるスウェーデンの“キング・オブ・変拍子メタル”メシュガー。13部構成、
全1曲という壮大さで驚かされた前作『キャッチ33』(MICP-10506 \2,600(税込))から約2年、
待望のニュー・アルバム『オブゼン』(MICP-10692 \2,700(税込)2月27日発売)が日本
先行発売での登場です!
 アラン・ホールズワースはもとよりマイルス・デイヴィスのトランペットをも彷彿とさせる、
Fredrik Thorendalのギター・プレイを中心に、プログレッシヴ・ロックの偉大な先人たちから
受け継いだ複雑なリズム、曲構成をテクニカルに演じるメシュガー。なおかつ、ダウン・
チューニングされた8弦ギターから繰り出される鬼のヘヴィ・リフと、デニス・ボーヴェル級の
ぶっといベース、苦悩に満ちたスピリチュアルな歌詞を絶叫するブルータルなヴォーカルに
より壮絶なアグレッションも兼ね備えています。彼らなくして存在し得なかったと言っても
過言ではないバンドが人気を博している今こそ、聴かれるべきオリジネイターのアルバムです。

ソース:CDJournal.com
posted by メタルキング at 17:03| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

ポール・ギルバート、来日インストア・ライブ! 演奏した音源を来場者にプレゼント

空前絶後、前代未聞、驚愕至極の超絶インストルメンタル・アルバム『Get Out of My Yard』を
2006年にリリースし、全世界のギターキッズの度肝を抜くとともに、あらゆるヘヴィメタル・ファンの
賞賛を改めて獲得したポール・ギルバート。彼のインストアルバム第二弾が1/23にリリースされる。
タイトルは『咆哮:Silence Followed by a Deafening Roar』。前作にも増して強力なインストナンバーが
満載されている。
 超人的なテクニックを聴かせるのはもちろんだが、ただ単なるテクニックの披露に終わることなく、
メロディを究極まで突き詰め、新たなるメタルミュージックを作り出している。具体的には、自分の
頭に浮かぶメロディをハミングで歌い、指癖やギター的な発想から解放されたそのメロディを
ギターに置き換えるという、発想の転換を経た音の数々が積み重ねられているのだ。
 さて、そのような素晴らしいアルバムを作り上げたポール・ギルバートがイベントのために
来日する。そして驚くべきことに、タワーレコードなどで演奏を行った後、それを収録した音源を
来場者にプレゼントするという、前代未聞、業界初(!?)のことをやってのけるのだという。
 このイベントは新アルバムを予約した人のみが対象なので注意して欲しい。イベントで生の
テクニックを目の前で体験し、家に帰ってからその演奏をたっぷり反芻する。ギターキッズの
夢がここで叶うのだ。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 18:10| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

熱きHM魂! マノウォー、最新ライヴ盤が日本発売に 最新作「Gods of War」の音源で構成

熱きHM魂! マノウォー、最新ライヴ盤が日本発売に 最新作「Gods of War」の音源で構成

デビューから25年を経た現在も、その熱きヘヴィ・メタル魂を炸裂させているマノウォーの
最新ライヴ・アルバムが日本でも発売されることになりました。『ゴッズ・オヴ・ウォー・ライヴ』
というタイトルのこの作品、日本盤(MICP-90029 税込\3,800)は11月21日の発売予定です。
 輸入盤はすでにリリースされている今作は、最新作『ゴッズ・オヴ・ウォー』にともなう欧州
ツアーからの音源で構成。その『ゴッズ〜』からの楽曲を含め、2枚組全22曲のパフォーマンスが
楽しめます。2時間半のセット・リストが余すところなく収められ、また、エンハンスト・パートには
「God of War」のライヴ映像を収録予定です。この数年、多数のライヴ作品を発表している
マノウォーですが、いずれもクオリティの高いものばかり。93年から来日公演は実現して
いませんので、ファンは今作で少しでもその無念さを解消させましょう。
 ちなみに、彼らは新たなライヴDVDもほぼ完成させた模様。リリース日などは不明ですが、
今年7月のドイツはMagic Circle Festivalで収録したとのことで、今回のライヴ・アルバムと
ソースが重なることはなさそうです。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 19:15| Comment(3) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、久々の来日にスラッシュは「ワクワク」

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、久々の来日にスラッシュは「ワクワク」

元ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーを中心に、ストーン・テンプル・パイロッツのフロントマン
だったスコット・ウェイランドを迎えて結成したヴェルヴェット・リヴォルヴァーが、11月に約3年
ぶりに来日する。
 実は、ジャパン・ツアーとしては今回が初めてとなる彼ら。前作より更にパワーアップした
ニューアルバム『Libertad』を引っさげてのステージに期待大だ。
 スコットは同作の魅力について、「俺たちの成長だろうね、あとは大胆なところとね」と語った。
「ソウルフルな1枚さ。アルバムを手にする人には、じっくり聴いてほしいと思うよ」。タイトルの
『Libertad』は、スペイン語で自由を意味するのだとか。
 一方でギターのスラッシュが、日本ツアーへの意気込みを語った。
 「来日は楽しみだよ。いろんな意味で魅力的なアルバムができたから、日本のファンも
気に入ってくれていると思う。素晴らしい曲ばかりだしな」とスラッシュ。「もうすぐ日本に行って
ツアーできるのはワクワクするね。楽しみにしているよ」。

ソース:MTV Japan
posted by メタルキング at 06:39| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ハロウィン&ガンマ・レイ、カップリング日本公演が決定! 08年2月に5公演

ハロウィン&ガンマ・レイ、カップリング日本公演が決定! 08年2月に5公演

 ジャーマン・メタル・シーンを代表するふたつのバンド、ハロウィンとガンマ・レイが
カップリング・ジャパン・ツアーを行なうことになりました。2008年2月8日(金)の福岡・
ドラムロゴスから2月15日(金)の東京・厚生年金会館まで、広島・大阪・名古屋を
含む全5公演が発表となっています。ご存知の通り、ハロウィンを結成したのは
現ガンマ・レイのカイ・ハンセン。縁の非常に深いこの2組の共演は、先に欧州ツアーが
発表されていたため、日本公演実現の期待が高まっていました。ジャーマン・メタルの
ファンにとってはたまらないものになりそうです。公演の詳細はザックコーポレーションまで。
 なお、10月24日に新作『ギャンブリング・ウィズ・ザ・デヴィル』を発売するハロウィンに
続き、ガンマ・レイもニュー・アルバムを発表。『ランド・オブ・ザ・フリー2』というタイトルで、
日本盤(VICP-63989 税込\2,520)は11月21日にリリースとなります。タイトルにある通り、
今作は95年に発表した『ランド・オブ・ザ・フリー』の続編。65分を越える内容になっており、
11分の大作も含まれているとのことです。ハロウィンの新作ともども、来日前のチェックは
必須。その仕上がりに期待しましょう。
 
<ハロウィン&ガンマ・レイ来日公演日程>
2008年
2月08日(金) 福岡・ドラムロゴス
2月09日(土) 広島・クラブクアトロ
2月11日(月・祝) 大阪・なんばHatch
2月12日(火) 名古屋・ダイアモンドホール
2月14日(木) 東京・厚生年金会館
2月15日(金) 東京・厚生年金会館
料金:\8,000(税込/東京公演以外は別途ドリンク代)
問:ザックコーポレーション
posted by メタルキング at 18:24| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ドリーム・シアター、公式ブートに「Made In Japan」が登場! 昨年1月の来日公演を収録

ドリーム・シアター、公式ブートに「Made In Japan」が登場! 昨年1月の来日公演を収録


米国のプログレッシヴ・メタル・バンド、ドリーム・シアター(以下、DT)が贈るオフィシャル・
ブートレッグ・シリーズの最新版が登場。ツアー会場での販売に続き、Ytsejam recordsでの
通信販売も開始されました。今回のラインナップは、『New York City 3/4/93』『Falling Into
Infinity Demos』『Made In Japan』のCD3枚と、『Bucharest, Romania 7/4/02』というDVDの
計4タイトル。
 日本のファンの注目は、やはり『Made In Japan』でしょう。昨年1月の来日公演の際、
東京と大阪で披露されたこのパフォーマンスは、恒例の“ロックの名作丸ごとカヴァー”。
ディープ・パープルの名ライヴ盤『Made In Japan』(邦題は『ライヴ・イン・ジャパン』で
ジャケットも異なる)の完全再現です。なんと、今回のDT版のミックスを手がけたのは、
本家のベーシストであるロジャー・グローヴァー。相変わらずのこだわりぶりを発揮しています。
 そのほか、『New York City 3/4/93』は2枚組で、タイトル通り93年ニューヨークでの音源。
レア・トラックである「イヴ」と、「ア・チェンジ・オブ・シーズンズ」のオリジナル・ヴァージョンを
聴くことができるとのこと。『Falling Into Infinity Demos』もタイトルどおり、『フォーリング・
イントゥ・インフィニティ』(97年)のデモ音源集。これも2枚組で、『メトロポリス・パート2
〜シーンズ・フロム・ア・メモリー』(99年)のオリジナル・リハーサル・ヴァージョンも収録
している模様です。また、DVD『Bucharest, Romania 7/4/02』は、2002年のルーマニアは
ブカレスト公演をテレビ用に収録した映像。ボーナス・ディスクも付属されています。
なお、DTは来年1月に日本武道館での来日公演が決定済み。ファンはこちらもお忘れなく。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 17:58| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ロバート・プラント、レッド・ツェッペリン再結成に向けて他のメンバーとミーティング

ロバート・プラント、レッド・ツェッペリン再結成に向けて他のメンバーとミーティング

 ふた月ほど前は「レッド・ツェッペリンの再結成はない」と断言していたロバート・プラントだが、
水曜日(9月5日)、再結成コンサートに向け、ジミー・ペイジ(G)やジョン・ポール・ジョーンズ(B)と
ミーティングがあることを認めたそうだ。バンドはこの秋、ロンドンのO2アリーナで1回きりの
コンサートを行なうと噂されている。
 NME.COMは、プラントに会ったというファンの証言を掲載。再結成について尋ねられたプラントは
こう答えたという。「何で知ってるんだい? そのことについて今日の午後、ミーティングがあるんだ。
それほど大変なことじゃない。1回きりのことだからね」
 NME.COMの情報によると、ツェッペリンの公演は11月。チャリティ・ギグになるという。
 事実であれば、間もなく正式な発表がなされることだろう。ツェッペリンは'80年、ドラムのジョン・
ボーナムの死をきっかけに解散。その後、ライヴ・エイド('85年)やアトランティック・レコーズの
40周年記念コンサート('88年)で短いパフォーマンスを行なっているが、本格的な再結成となると
27年ぶりのことになる。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 17:15| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

レッド・ツェッペリン、今秋に一夜限りの再結成ライヴを開催!・・・と英の各メディアが報道

レッド・ツェッペリン、今秋に一夜限りの再結成ライヴを開催!・・・と英の各メディアが報道

 ロック史に残る傑作を数多く生み出したUKの伝説的なロック・バンド、レッド・ツェッペリンが
再結成公演を行うというニュースが、非公式ながら発表されて話題を呼んでいる。英の各メディアの
報道によると、彼らは今秋ロンドンのO2アリーナにおいて、ロバート・プラント、ジミー・ペイジ、
ジョン・ポール・ジョーンズというオリジナル・メンバーに、すでに故人であるジョン・ボーナムに
代わって、その息子であるジェイソン・ボーナムを加えたメンツで、一夜限りの再結成ライヴを行う
予定だという。また、同公演のチケットは、一番高額だとホテル宿泊込みで£369(約8万6千円)
というプレミアム・チケットになることが噂されている。
 彼らは、今年6月にも再結成のニュースが報じられたが、その際には、ロバート・プラントが
直々に報道を否定するコメントを発表した。ただ、今年11月にはメンバー監修による最新ベスト盤
『Mothership』や、映画「The Song Remains the Same」(邦題:狂熱のライヴ)のサントラ&DVD
完全版のリリースを予定しており、さらに来年にはバンド結成40周年を迎えることもあって、
近く何らかのアクションが期待できそうだ。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 01:12| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

スレイヤー、次回作で解散!? トム・アラヤが体力的な理由でバンドから身を引く意向を示す

スレイヤー、次回作で解散!? トム・アラヤが体力的な理由でバンドから身を引く意向を示す

 “スラッシュメタル四天王”の1つとして、デスメタルやブラックメタルなどのバンドに大きな
影響を与えてきたスレイヤーが、次のアルバムで解散する意向であることを示した。しかも
その理由が、ヴォーカルのトム・アラヤがヘッドバンギング(早いリズムに合わせて頭を
上下に激しく振ること)をするには、年老いてしまったからだそうだ。
 ヘヴィメタル・バンドの将来についてここ何ヵ月も噂が飛び交っていたが、ついにメンバー
本人のアラヤが告白。46歳の彼は、バンドから身を引くことを考えているという。
 「おっさんがヘッドバンギングすることに色々意見はあるだろ。オレも認めるけど、あれって
ヤバいぐらい激しいんだ。だから、ある時期を過ぎたら、もうその先は無いと考えている。
リック・ルービンとの契約で、あと1枚アルバムは作ることになってる。それに、しっかりと
将来のことも考えなきゃ。だけど、今より年食ったオレが同じことをやってるようには、
考えられないんだよな」。

ソース:TSUTAYA online
posted by メタルキング at 08:54| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ヘヴン・アンド・ヘル(ディオ期ブラック・サバス)の単独公演が決定! 前座はトリヴィアム

ヘヴン・アンド・ヘル(ディオ期ブラック・サバス)の単独公演が決定! 前座はトリヴィアム

 LOUD PARK 07へのヘッドライナー出演が決まっているヘヴン・アンド・ヘル(以下、H&H)ですが、
単独公演も決定しました。10月22日(月)の東京・国際フォーラム ホールA、そして25日(木)の
名古屋・名古屋市公会堂の日程が発表になっています。どちらの公演も、オープニング・アクトには
トリヴィアムの出演が決定。大ベテランと新進気鋭の若手という、魅力的な組み合わせになりました。
公演の詳細はクリエイティブマンへ。
 なお、H&Hは、8月29日にライヴ・アルバム『ライヴ・フロム・レディオ・シティ・ミュージック・ホール』を、
9月21日には同タイトルのDVD(写真)も日本でリリース。来日前のチェックは必須と言えるでしょう。
ヘヴィ・メタル・ファンは秋をお楽しみに。
 
<ヘヴン・アンド・ヘル来日公演日程>
10月22日(月) 東京・国際フォーラム ホールA
10月25日(木) 名古屋・名古屋市公会堂
料金:\9,000(税込)
※オープニング・アクト:トリヴィアム

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 15:54| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

HR/HMのキラー・チューン70曲収録! 超最上級クオリティー「メタル・ボックス」登場

HR/HMのキラー・チューン70曲収録! 超最上級クオリティー「メタル・ボックス」登場

 再発/クラシック・ロック系のリスナーには御馴染みのレーベル「Rhino」から最強のヘヴィ・
メタル・ボックスが登場!
 結論から言うと、これは本当にマスト!全ヘヴィ・メタル・ファン必携と言っても過言ではない
超最上級のクオリティーです!
 マーシャルのギターアンプ・ヘッドを模したであろうボックスの装丁からして、もう最高な訳
ですが、肝心の中身=音の方はもっと最高なんです!

Blue Cheer、Deep Purple、Alice Cooper、Black Sabbath、Rainbow、Whitesnake、Kiss、
Judas Priest、UFO、Michael Schenker Group、Iron Maiden、Motorhead、Y&T、Dio、
Scorpions、Accept、Metallica、Megadeth、Anthrax、Slayer、Pantera etc...

 極初期のハード・ロックから、NWOBHM、LAメタル〜ヘアー・メタル、北欧メタル、ジャーマン・
メタル、パワー・メタル、スラッシュ・メタルに至るまで...HR/HMのキラー・チューン全70曲を収録!
全てが山場の恐ろしいトラックリストはこちらをご覧ください(※)
 この4枚のCDにはヘヴィ・メタルの歴史がしっかりと詰め込まれています。コンピレーション
ものでここまで揃えられたのは正に快挙というほかないでしょう!

ソース:HMV Japan
posted by メタルキング at 07:05| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

メガデス、Capitol/EMI期のボックスをリリースに デイヴ・ムステインが選曲

メガデス、Capitol/EMI期のボックスをリリースに デイヴ・ムステインが選曲

 米国のヘヴィ・メタル・バンド、メガデスが4枚組CD+DVDによるボックス・セットをリリースする
ことになりました。タイトルは『Warchest』。米国での発売は、10月2日に予定されています。
 今作は、Capitol/EMI期の作品からセレクトした楽曲で構成。バンドの総帥であるデイヴ・
ムステイン自身が選曲を担当し、未発表のデモやセッション音源も含まれています。また、
Disc 4には1990年の“Clash Of The Titans Tour”から、10月の英ロンドン・ウェンブリー・
スタジアムでのパフォーマンスを75分にわたり収録。このライヴ音源はすべて未発表のものです。
さらに、DVDにも未発表のライヴ映像が収められており、こちらでは『破滅へのカウントダウン』に
ともなうツアーより、92年9月30日のロンドンはハマースミス・オデオンで行なったライヴから10曲が
セレクトされています。
 音源にはリマスターが施されており、全収録時間は約6時間。また、パッケージのデザインは
3Dによる弾薬ベルト、36ページに及ぶブックレットも付属されるとのことで、マニアは見逃せない
アイテムになりそうです。なお、メガデスは10月末からの来日公演が決定済み。こちらも
お楽しみに。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 20:21| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、ツアーでガンズの曲を!?「気が向けば昔の曲をプレイしたい」

ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、ツアーでガンズの曲を!?「気が向けば昔の曲をプレイしたい」

ニュー・アルバム『Libertad』をリリースし、世界ツアーを予定しているヴェルヴェット・
リヴォルヴァーは、今回、ガンズ・アンド・ローゼズやストーン・テンプル・パイロッツの曲を
プレイする可能性があるという。
 バンドのリハーサルを訪れた『The Sun』紙の記者によると、彼らは新作からの曲だけで
なくガンズの「Patience」、さらには「Sweet Child O' Mine」のさわりも演奏していたという。
「ガンズの曲はもうプレイしない」と発言したことのあるスラッシュだが、心変わりした理由を
同紙にこう説明している。
 「ガンズの曲はもうプレイしないって言ったのは、本当さ。ガンズやストーン・テンプル・
パイロッツの曲をプレイするのを強制されたくないって思ってたからな。ピート・タウンゼントが
毎回ギターを壊すわけじゃないのと同じだよ。でも、恋しくも思い始めたんだ。昔の曲は楽しいし、
俺たち、あの素晴らしい曲に責任があるんだからさ」

 「ああ、今回のツアーでは、気が向けば昔の曲をプレイしたいと思ってる」

 また一時期、スラッシュがアクセル率いる現在のガンズ・アンド・ローゼズに復帰するのでは
ないかと噂されたことがあるが、スラッシュは「ガンズは過去のことで、それはあり得ない」と
話している。「俺とアクセルのことでは、どうしようもない話がいっぱい出回った。(ヴェルヴェット・
リヴォルヴァーのメンバーは)俺が戻るのかって心配もしたし、怒ってさえいたよ。事実じゃ
ないってちゃんと説明しなきゃならなかった。もう過去のものになってるところに戻るつもり
なんかないよ」
 2ndアルバム『Libertad』により、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーとしての結束が強まった
という彼ら。バンドや作品に自信、信頼を持つようになったことで、過去の曲に対する
意固地なこだわりがなくなったのかもしれない。

ソース:BARKS

スレイヤー主催のメタル系フェス“Unholy Alliance Tour”がDVD化 ラム・オブ・ゴッドらが参加

スレイヤー主催のメタル系フェス“Unholy Alliance Tour”がDVD化 ラム・オブ・ゴッドらが参加

スレイヤーがヘッドライナーを務めるメタル系のパッケージ・ツアー、“Unholy Alliance Tour”の
模様がDVDとしてリリースに。現在のところ『アンホーリー・アライアンス・ツアー』という仮タイトルが
付けられており、日本盤(SIBP-85 税込\3,990)は10月3日の発売予定です。
 収録されたのは、昨年夏のカナダでの公演。スレイヤーを筆頭に、ラム・オブ・ゴッド、マストドン、
チルドレン・オブ・ボドム、トム・アラヤの実弟が在籍することでも知られるザイン・アイズ・ブリードの
パフォーマンスが楽しめます。内容の詳細は不明ながら、ライヴ映像のほか、バックステージの
様子やインタビューなども収録される模様です。
 なお、スレイヤーの最新作『クライスト・イリュージョン』は、新曲追加及びDVD付きのデラックス・
エディションとして海外で発売済み。これは、彼らの所属するAmerican Recordingsが、Sony/BMG
との配給契約を締結したことによる再リリースです。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 16:13| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

メタル・ゴッド! ロブ・ハルフォードのソロ・プロジェクト、ハルフォードの究極ベストが登場

メタル・ゴッド! ロブ・ハルフォードのソロ・プロジェクト、ハルフォードの究極ベストが登場

 メタル・ゴッド=Judas Priestの顔であるRob HalfordがJudas Priest離脱中に立ち上げた
ソロ・プロジェクト、Halfordの集大成となるベスト・アルバム『Metal God Essential: Vol.1』の
発売が決まりました!
 このベスト・アルバムは、Halford時代の名曲はもちろんのこと、Panteraなどに刺激されて
結成したバンド、Fight時代の楽曲や、2曲の新曲“Forgotten Generation”と“Drop Out”まで
もを網羅!最強の内容となっております!
 CDだけでも最強だというのに、デフォルトで付属されるボーナスDVDにはライヴ映像や
ヴィデオ・クリップを収録!こちらには日本盤のみボーナス映像として新曲“Forgotten
Generation”のビハインド・ザ・シーンを追加!DVDには日本語字幕もバッチリ入っております。
 なお初回限定盤は豪華デジパック仕様で、更にボーナスCDをプラスした豪華3枚組!
 余談になりますが、現在Judas Priestとしてもレコーディングを行っており、来春にはその
成果が届くことになりそう。今回のベスト・アルバムは、それまでの“繋ぎ”しては充分すぎる
アイテムですね!

ソース:HMV Japan
posted by メタルキング at 19:02| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

モーターヘッド、05年の30周年記念ライヴを収めた2枚組アルバムが国内発売へ

モーターヘッド、05年の30周年記念ライヴを収めた2枚組アルバムが国内発売へ

間もなくSUMMER SONIC 07にやって来る英国の爆走ロックンロール・バンド、モーターヘッドの
最新ライヴ・アルバムが登場。『ベター・モーターヘッド・ザン・デッド - ライヴ・アット・ハマースミス』
というタイトルで、日本盤(VICP-63947〜8 税込\3,045)は9月21日の発売です。
 UK・EU盤はすでにリリースされている今作は、2005年6月、英ロンドンはハマースミス・アポロでの
公演をCD2枚に収録。これは結成30周年を記念するライヴでもあり、新旧織り交ぜたセットリストで
楽しませてくれます。数々のライヴ・アルバムを残しているモーターヘッドですが、そのパフォーマンスは
常に壮絶。長年のファンはもちろん、彼らのライヴを未体験の方はサマソニで体感し、今作もどうぞ。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 23:52| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

80's メタルのPVがたっぷり入った映像コンピが登場! ディオ、モトリー・クルーらの曲を収録

80's メタルのPVがたっぷり入った映像コンピが登場! ディオ、モトリー・クルーらの曲を収録

 ユニバーサル ミュージックがヘヴィ・メタル/ハード・ロックのプロモーション・ビデオを集めた
コンピレーションDVDをリリースします。『ハード&ヘヴィ DVD』(UIBV-1015 税込\3,200)という
タイトルで、9月26日の発売予定です。この作品は、7月11日にリリースされたコンピ・アルバム
『ハード&ヘヴィ〜ギター・アンセムズ』の映像版。必ずしも収録曲が同じになるわけではない
ようですが、80年代の名作PVを中心とした選曲になっています。
 現在のところ収録が予定されている映像は、ディオの「ホーリー・ダイヴァー 」、ナイト・レンジャーの
「ドント・テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー」、モトリー・クルーの「ガールズ・ガールズ・ガールズ 」、TNTの
「インテュイション」、キングダム・カムの「ゲット・イット・オン」などなど。その他、シン・リジィや
レインボーなどのハード・ロック勢、90年代からもエクストリームやアグリー・キッド・ジョーなどが
セレクトされる模様です。リアルタイムで体験した方はMTV感覚で楽しめること請け合い、若い
ファンも華やかなりし映像の数々をこの機会にどうぞ。

ソース:CD Journal.com

『ハード&ヘヴィ DVD』収録予定曲
・ラスト・イン・ライン(ディオ)
・ホーリー・ダイヴァー(ディオ)
・ドント・テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー(ナイト・レンジャー)
・ロック・イン・アメリカ(ナイト・レンジャー)
・ホエン・ユー・クローズ・ユア・アイズ(ナイト・レンジャー)
・ジプシー・ロード(シンデレラ)
・アリバイ(シン・リジィ)
・モア・ザン・ワーズ(エクストリーム)
・ゲット・ザ・ファンク・アウト(エクストリーム)
・ヘヴン・トゥナイト(イングヴェイ・マルムスティーン)
・アイル・シー・ザ・ライト・トゥナイト(イングヴェイ・マルムスティーン)
・ガールズ・ガールズ・ガールズ(モトリー・クルー)
・ラヴィン・ユー・ベイビー(キッス)
・シンス・ユー・ビーン・ゴーン(レインボー)
・インテュイション(TNT)
・10000ラヴァーズ(TNT)
・ゲット・イット・オン(キングダム・カム)
・ラヴ・ソング(テスラ)
・ミーンストリーク(Y&T)
・セックス・アクション(L.A.ガンズ)
・エヴリシング・アバウト・ユー(アグリー・キッド・ジョー)
・ウィンド・オブ・チェンジ(スコーピオンズ)
※変更の可能性あり
posted by メタルキング at 18:16| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

米国Hard Rock Parkにレッド・ツェッペリンのローラーコースターが誕生

米国Hard Rock Parkにレッド・ツェッペリンのローラーコースターが誕生

 来年春、サウス・カリフォルニアにオープン予定のロックンロールをテーマにした遊園地Hard
Rock Parkにレッド・ツェッペリン・コースターが誕生することになった。155フィート(約47メートル)の
高さがある、かなりスリリングなライドだそうだ。
 名前からも察せられるようにこのテーマ・パークはHard Rock Cafeが着手するもの。同社の
最高経営責任者は「許される範囲で最高の高さにした。パイロットの目をひくのは間違いないね」と
話している。プロジェクトには、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズら
ツェッペリンの全メンバーが協力。コースターにはバンドのロゴがフィーチャーされる。最高速度は
時速104キロで、6分半あるライドの間、シートの頭部に埋め込まれたスピーカーからツェッペリンの
「Whole Lotta Love」が流れるという。
 50エーカーという広大な敷地に建設されているHard Rock Cafeは、世界初のロックンロールを
テーマにした遊園地。ツェッペリン・コースターのほか、Reggae River Falls、Punk Pit、Magic
Mushroom Gardenなどの乗り物もできるという。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 17:35| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。