plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2009年06月02日

伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの元ローディーが死の真相を告白!?

若くして亡くなった伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの死について、
元ローディーの男性が発表した新説が大きな話題を呼んでいる。
 
 英「Mail On Sunday」紙が伝えたところによると、ヘンドリックスの死について告白をしたのは、
彼の元ローディーであったジェームス・タッピー・ライト。

ジェームスは、自身の著作「Rock Roadie」において、ヘンドリックスを殺したのは
当時のマネージャーであったマイケル・ジェフリーと告白。

ジェフリーがマネージャーを解雇されることを恐れての行為だったという。
同著作では、1973年に飛行機事故で死去したジェフリーが、ヘンドリックスの死の1年後の1971年に、
ジェームスに対し「ヘンドリックスに大量の睡眠薬をワインで飲ませた。やらなければならなかったんだ。
ヘンドリックスは生きているより死んでくれたほうがずっと役にたったんだ」と殺人を告白するのを聞いたとしている。
ただし、本では客観的な証拠はなにも示されてはいない。
 
 ヘンドリックスは、1970年9月18日、ロンドン市内のホテルで死亡。
その死因については、睡眠薬の多量摂取による呼吸困難が有力であるとされているが、
ヘンドリックスの肺や胃から多量のワインが検出されるなど謎も多く、その真相については不明となっている。

JIMI HENDRIX オフィシャルサイト
http://www.jimi-hendrix.com/

http://www.bounce.com/news/daily.php/19824/headlineclick
posted by メタルキング at 19:03| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

オジー・オズボーン、印税の支払いをめぐりブラック・サバス時代メンバーのトニー・アイオミを訴える

オジー・オズボーンが、印税の支払いをめぐりブラック・サバス時代のバンド・メイト、
トニー・アイオミ(G)を訴えた。オジーは、アイオミがバンド名の使用権利を独占すると
主張していることに不満を示している。
 アイオミは、オジーが80年代にバンド名の使用権利を法的に放棄したと主張、
90年代にブラック・サバスの名前でツアーを行なっただけでなく、2000年にアメリカで
ブラック・サバスを登録商標している。オジーは、その登録商標の共有権、利益損失、
賠償などを求めているそうだ。
 BBCによると、この訴訟に関しオジーは以下のような声明を発表したそうだ。「トニー、
君を訴えるところまで行かなくてはならなかったのは残念だ。俺たち全員、長いこと
一生懸命働いてきたわけで、自分らの顔、ブラック・サバスのアルバム・カヴァー、
バンド・ロゴをフィーチャーした商品を君に売らせるわけにはいかない。その版権を
自分だけが所有してるって言うのか」
 オジーは、4人のオリジナル・メンバーが平等にブラック・サバスの名前使用権利を
持つはずだと主張している。またオジーの弁護士も、オジーが名前の権利を放棄した
という説に異議を唱えている。万が一そのような約束をしていたとしても、バンドに
おけるオジーの役割は大きいとしている。
 オジー側は火曜日(5月26日)、ニューヨークの連邦裁判所にて訴訟を起こしたという。

ソース:BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000049826
オジー・オズボーン公式サイト
http://www.ozzy.com/
ブラック・サバス公式サイト
http://www.blacksabbath.com/
posted by メタルキング at 16:35| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

交際順調のマリリン・マンソン、“二重あご”は幸せ太りのせい?

12日、ハリウッドの日本食レストラン「Katsuya」を後にするマリリン・マンソン。横には現在の
恋人でモデルのIsani Griffithさんの姿もあった。元恋人で女優のエヴァン・レイチェル・ウッド
との復縁説がささやかれるマンソンだが、Griffithさんとの交際はどうやら順調のようだ。

 それにしても“二重あご”がくっきりと見えるマンソン、少し太ったような気がするが…。
(c)Fame Pictures/VAH
http://www.web-tab.jp/article/6940/
http://ca.c.yimg.jp/annex/1242526024/netallica.yahoo.co.jp/images/content/-/51222.jpg

参考画像
http://www.imagehuge.com/out.php/i3018_marilynmanson012.jpg
posted by メタルキング at 13:21| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

スラッシュ・メタルの祭典「THRASH DOMINATION」の拡大開催決定! エクソダス、テスタメントら強力4バンドが日本各地で激突

 今年で6年目を迎えるスラッシュ・メタルの祭典〈THRASH DOMINATION〉。同イベントの
出演バンド&公演詳細が発表された。
 bayfm 78「POWER ROCK TODAY」の20周年を記念した今年の〈THRASH DOMINATION〉は、
例年より規模を拡大し、日本各地で6日間にわたり開催。エクソダス、テスタメント、クリーター、
ヒーゼンという強力4バンドが、川崎、大阪、名古屋で激烈パフォーマンスを繰り広げる。
中でもエクソダスは、自身が1985年に発表した名盤『Bonded By Blood』の完全再現スペシャル・
セットを予定しているだけに、見逃せないステージとなりそうだ。また、ヒーゼンは、今回が
初の来日公演となる。
 ベイエリア・スラッシュ軍団とジャーマン・スラッシュの覇者が揃い踏みし、さらにパワーアップした
〈THRASH DOMINATION 09〉。くれぐれもチケットのお取り逃がしのないように!

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19247
CLUB CITTA〈THRASH DOMINATION 09〉告知ページ
http://clubcitta.co.jp/001/thrash09/
posted by メタルキング at 18:04| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ガンズ・アンド・ローゼズに新メンバー! シックス:エイ・エムのギタリスト、DJアシュバが加入

 約17年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Chinese Democracy』が大きな話題を呼んだ
ガンズ・アンド・ローゼズ。彼らが、ナイン・インチ・ネイルズのツアー・バンドに復帰した
ロビン・フィンクの後任として、シックス:エイ・エムやビューティフル・クリーチャーズでの
活躍で知られるDJアシュバを新たなツアー・メンバーに迎えることを発表した。
 これは、バンドのオフィシャルサイトにて明らかにされたもの。アクセル・ローズは
今回のDJアシュバの加入について、「彼は才能があり、ガンズにとって誇りを持って
迎えられるエネルギッシュなギタリストだ。一緒に仕事ができることに興奮しているよ。
俺たちのライヴにフレッシュなアプローチをもたらしてくれるだろう」とコメントを寄せている。
一方のDJアシュバは「ずっと好きで尊敬していたバンドの力になれるのは名誉なこと」と
述べており、両者の相思相愛ぶりをアピール。大規模なワールド・ツアーが噂されている
ガンズだが、新たなメンバーを迎えた彼らがどのようなステージを繰り広げてくれるのか、
大いに期待しよう。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 20:48| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

スラッシュ、レッド・ツェッペリンの名曲「Kashmir」をクラシック風にカヴァー!?

 元ガンズ・アンド・ローゼズ/現ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのギタリストの
スラッシュが、クラシックのアーティストとタッグを組み、レッド・ツェッペリンの
名曲「Kashmir」のカヴァーをレコーディングするという。名ギタリストのスラッシュ
とのコラボに挑むのは、英オーディション番組『Britain’s Got Talent』で一躍
有名となったロンドン出身の女性ばかりの弦楽四重奏団、エスカーラ。同番組の
審査員で、彼らのマネジャーも務めるサイモン・コーウェルの仲介で顔合わせを
行なった後、今週中にも両者ともにLAのスタジオに入る予定だという。ちなみに、
コーウェルは先月、とあるパーティーでスラッシュに会った際、エスカーラとの
コラボ話を彼に持ち掛けたと言われている。「彼(サイモン)は彼女たち
(エスカーラ)のコラボの相手として、意外な人間を探していました。そこで彼
(スラッシュ)に、興味があるかどうか尋ねたのです。彼はそのアイデアを
すっかり気に入り、チャンスに飛び乗ったというわけです」と、情報筋は『サン』紙に
明かしている。なお、同曲は5月にエスカーラの作品としてリリースされる見込みだ。

ソース:VIBE
posted by メタルキング at 22:35| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

元メガデスのスーパー・ギタリスト、マーティ・フリードマンがJ-POPカヴァー集をリリース

 元メガデスのギタリストとして世界的な評価を得ているマーティ・フリードマン。
ここ日本ではお茶の間の人気者でもある彼が、J-POPのカヴァー・アルバム
『いいじゃん! J-POP(仮)』を5月20日にリリースすることが決定した。
 同カヴァー・アルバムは、自身が日経エンタテインメントで連載しているコラム
〈J-POPメタル斬り〉に寄せられた人気投票などから収録曲をセレクト。今のところ、
Perfumeの“ポリリズム”やマキシマム ザ ホルモンの“爪爪爪”、中島美嘉の
“雪の華”、いきものがかりの“帰りたくなったよ”が収録予定曲として挙がっている。
 また、ボーナストラックとして、米大リーグ・シアトルマリナーズのイチロー選手の
打席入場テーマ曲に起用された“天城越え”も収められる予定。お馴染みの名曲が、
マーティの超絶的ギター・プレイと柔軟なセンスによってどのように生まれ変わって
いるのか非常に興味深いところ。メタラーはもとより、洋楽リスナーからJ-POP
好きまで、幅広い音楽ファン注目の1枚といえそうだ。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 10:00| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

メタリカのジェームズ・ヘットフィールド、カキにあたってストックホルム公演をキャンセル

メタリカのボーカル、ジェームズ・ヘットフィールドがカキによる食中毒症状を起こし、
スウェーデンで予定されていた公演をキャンセルする羽目になってしまった。
米英のメディアが伝えた。

ストックホルム2公演の最終日となった8日、会場に集まった約1万6000人のファンは
残りのメンバー3人から公演延期について聞かされたという。

ドラマーのラーズ・ウルリッヒは「おれたち3人の歌なんか誰も聞きたくないだろ」と語りかけ、謝罪の言葉を続けたという。

病院に搬送されたものの同日夜遅くには退院したというジェームズ。
オフィシャルサイトに謝罪のコメントを書き込んでいる。

「ストックホルムでの2日目の公演をキャンセルしてしまい、申し訳なく思っている。
認めたくはないが、カキにあたっちまったらしい」。

現在は米国に帰国中のメタリカだが、25日から始まる英国公演は予定通り行われるもよう。
その後もヨーロッパ各地での公演が続き、
7月18日には再びスウェーデンを訪れ音楽フェスティバル「Sonisphere」に参加する。

また公式サイトによると、8日にキャンセルされた公演については近日中に振り替え公演が行われるという。
posted by メタルキング at 13:40| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

アイアン・メイデン、コロンビア公演で暴動騒ぎ チケットを持たないファンが会場に入ろうとして機動隊と衝突

 週末(3月7日)、アイアン・メイデンのコロンビアでの公演で暴動が起きた。チケットを
持たないファンが会場(首都ボゴタ市内の公園)に押し入ろうとしたのが原因。その数は
多く、石を投げるなどの破壊行為があったため、機動隊は催涙ガスを使用し鎮圧、
100人以上を逮捕したという。
 暴動が起きたのはコンサート開始数時間前だったため、アイアン・メイデンがステージに
上がる前に事態は鎮定されパフォーマンスは無事行なわれた。しかし、当局はことを
重大に受け止めており、この後ボゴタでヘヴィメタルのコンサートを開くべきか検討し
直すという。
 アイアン・メイデンのマネージャーは2日後、「我々は、門の外でごく一部の人々により
引き起こされた馬鹿げた行ないを忌まわしく思っている。彼らは、アイアン・メイデン、
メタル、そしてコロンビアの本物のファンに害を及ぼした」との声明を発表している。
「我々のファンは、ミュージックのためにそこにいる。我々は絶対にまたコロンビアに
戻りたいと考えている。当局が、一部のトラブル・メーカーのせいでメイデンやメタルを
禁止しようなど考えないと信じている」
 アイアン・メイデンはこれまで2度ほど、同会場(Simon Bolivar Park)でパフォーマンス
している。過去のパフォーマンスの様子は、間もなく公開される彼らのツアー・
ドキュメンタリー映画『Flight 666』で見られるという。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:27| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ガンズ・アンド・ローゼズのマネージャー、アクセル・ローズの真の姿を語る

 ガンズ・アンド・ローゼズのマネージャーが、フロントマン、アクセル・ローズの
真の姿を語った。「みんなは彼のことを知っているつもりだろうが、それは違う」という。
 マネージャー、アーヴィン・アゾフは『Rolling Stone』誌にこう話した。「アクセルは
この15年、基本的に沈黙を守りスポットライトから遠ざかっていた。みんな彼のことを
わかってると思っているだろうが、それは本当に、どうかと思われる人たちが彼に
ついて話したことからに過ぎない」
 真実のアクセルとは「いい奴だ。よく誤解される。ガンズ・アンド・ローゼズの高い
クリエイティブ水準を築き、持続しようと一生懸命働くプロフェッショナルな奴だ。
僕はそこをサポートしてる」
 そのガンズ・アンド・ローゼズは7月にスタジアム・ツアーを計画しているとの噂が
流れている。アゾフは明言は避けたものの、「バンドは2009年、何かエキサイティングな
ことをやる予定だ」と話した。
 アクセル本人、以前「ツアーの話が上がっている」ことを認めており、それはアメリカ
だけでなく世界各国でのこととなると話している。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:09| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

】マイケル・シェンカー・グループとUFOの名作群がリマスター再発! 未発表音源付き

 マイケル・シェンカー・グループとUFOの名作群が、EMI UK編集によるリマスター・
シリーズで再登場! 国内では4月22日に全6タイトルが同日発売されます。
 マイケル・シェンカー・グループは、『神(The Michael Schenker Group )』(80年/
TOCP-70744)、『神話(M.S.G.)』(81年/TOCP-70745)、『飛翔伝説(One Night at
Budokan)』(82年/ライヴ盤/CD2枚組/TOCP-70746〜7 税込3,500円)の3タイトル。
いずれも最新デジタル・リマスタリングが施されており、また『神』『神話』には未発表
音源も含んだボーナス・トラックが追加されます。
 UFOは『ヘヴィ・メタル・エクスペリエンス(No Place To Run)』(80年/TOCP-70741)、
『ワイルド・ウィリング・アンド・イノセント(The Wild, the Willing and the Innocent)』
(81年/TOCP-70742)、『メカニックス(Mechanix)』(82年/TOCP-70743)という、
ポール・チャップマン在籍時の3タイトルが対象。こちらも最新デジタル・リマスタリングに
加え、未発表音源も含んだボーナス・トラックが追加されます。
 価格はいずれも税込2,500円(2枚組:税込3,500円)。ファン注目の未発表音源も
あるだけに、アナタも手に入れてみては?

ソース:CDJournal.com
posted by メタルキング at 20:46| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

アイアン・メイデン、ブリット・アウォード初受賞に「やっとクリエイティブな力が認められた」

2月18日に行なわれたイギリス最高の音楽賞<ブリット・アウォード>で「ベスト・
ブリティッシュ・ライヴ・アクト」を受賞したアイアン・メイデンが、メディア向けの声明で
メッセージを発表した。
 ブルース・ディッキンソンは「感激している。この賞は自分たちのものであると同時に、
ファンのものでもある。数多く投票してくれた彼らのお陰なんだ。一人一人にブリットの
トロフィーを渡せないのが残念だ」と語った。有名なマネージャーであるロッド・
スモールウッドは、メディアに「メタル界にとってもとてもいい影響になるだろう。
メタル・アーティストのブリット・アウォード受賞は初めてで、やっとクリエイティブな
力が認められた」とコメントした。
 アイアン・メイデンが完成させたツアー・ドキュメンタリー映画『フライト666』は、
3月14日にブラジルのリオ・デ・ジャネイロでプレミア上映されることになっている。
ライヴ映像はもちろん、バックステージやオフ・シーンにまで密着したアイアン・メイデン
初のツアー・ドキュメンタリー映画だが、2008年2月15日(金)パシフィコ横浜、2月16日(土)
幕張メッセで行なわれた日本公演の模様もしっかり収録されているとのこと。
 映画は3月18日には米テキサス・SXSWフェスティヴァルでも上映され、4月21日に
世界各地で公開される予定だ。“Ed Force One”とファンが命名したボーイング757機で
5万マイル、5大陸のワールド・ツアーを行なった彼らのドキュメンタリーが、フィルムと
なって各大陸を駆け回ることになる。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 20:05| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

ブリティッシュHMの雄、レイヴンが9年ぶりとなる新アルバムをリリース

1980年代前半に全盛を誇ったNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)ムーヴメントの
一翼を担った最強トリオ、レイヴン。約5年の活動休止期間を経て、2006年に再始動を果たした
彼らが、待望のニュー・アルバム『Walk Through Fire』を3月25日にリリースすることが決定した。
 メタル・フロンティア移籍第1弾となる今作は、2000年発表の『One For All』以来、約9年ぶり
通算12枚目となるスタジオ・フル・アルバム。ジョン&マークのギャラガー兄弟による疾走感
満点のハイエナジー・ロックンロールは健在とのことで、完全復活を印象付ける1枚に
仕上がっている模様だ。久々の新作を引っ提げた来日公演にも期待したい。
 なお、彼らの初期オリジナル・アルバム3タイトルもSHM-CD&紙ジャケット仕様にて発売中。
こちらは初回生産限定となるので、ご購入はお早めに。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 18:59| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアロスミス、新アルバムの制作を開始! プロデューサーにブレンダン・オブライエンを起用

 ハード・ロック・シーンの頂点に君臨し続ける大御所エアロスミスが、前作『Just Push Play』
以来、およそ8年ぶりとなるオリジナル・アルバムの制作に向けて本格的に始動した。
 バンドのオフィシャルサイトにて、ベーシストのトム・ハミルトンが語ったところによると、
エアロスミスは既に数週間にわたりスタジオに入っており、メンバー全員で作曲作業を
進めているとのこと。さらにプロデューサーとしてブレンダン・オブライエンを起用したことも
明らかにされており、昨年AC/DCの大復活作『Black Ice』を手がけた彼の参加は、
とてつもないマジックを起こしてくれるだろう。
 また、昨年膝の手術を無事に終えたギタリストのジョー・ペリーは、今夏にバンドが
大規模な北米ツアーを行う予定であることも明らかにしており、ニュー・アルバムもそれに
あわせてリリースされる見込みだ。続報を楽しみに待とう。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 18:55| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

2002年に解散したアメリカのハード・ロック・バンド、MR.BIGがオリジナル・メンバーで再結成。6月より来日ツアーを開催

“To Be with You”、“Take Cover”などの代表曲で知られ、90年代にここ日本でも
大人気となったアメリカのハード・ロック・バンド、ミスター・ビッグ。
2002年に解散を発表した彼らがこのたびオリジナル・メンバーで再結成することが明らかになった。
 
今回の再結成は2月1日に放送されたラジオ番組〈HEAVY METAL SYNDICATE〉の中で発表されたもの。
デビュー20周年を記念してポール・ギルバート、エリック・マーティン、ビリー・シーン、リッチー・コッツェン
、パット・トーピーというお馴染みの5人が久々に顔をあわせるようだ。
さらに、彼らは6月5日より全国8ヶ所9公演を実施する来日ツアーも開催。
チケットの一般発売は2月28日からとなっているので見逃さないように注意しよう。
なお、公演日程は以下の通り。

〈MR. BIG 来日公演〉
 6月5日(金)札幌 北海道厚生年金会館
 6月7日(日)仙台 ZEPP SENDAI6
 月9日(火)金沢 石川厚生年金会館
 6月10日(水)名古屋 ZEPP NAGOYA
 6月12日(金)福岡 ZEPP FUKUOKA
 6月15日(月)大阪 グランキューブ大阪
 6月17日(水)広島 ALSOKホール
 6月18日(木)大阪 大阪厚生年金会館大ホール
 6月20日(土)東京 日本武道館

ソース
http://www.bounce.com/news/daily.php/18015/headlineclick

・ウドー音楽事務所
http://www.udo.co.jp/
posted by メタルキング at 16:25| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセル・ローズ、スラッシュとのリユニオンの可能性を語る

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが、スラッシュとのリユニオンの可能性について語った。
何度否定されようが、ファンにしてみればあきられめきれないこのトピック。
しかしアクセルは「(リユニオンが果たされる前に)どっちかは死んでるだろう」、要するに可能性はゼロだと突っぱねた。

この9年で初めてのオフィシャル・インタヴューとなった『Billboard』誌の取材で、彼はこう話したという。
「スラッシュのことについては、もし俺らのどっちかが死にそうで、あのときリユニオンできたんじゃないかって
振り返っていたらどうするんだ…とか何とかいうファンからの必死なメッセージを読んだよ」「いい加減にしろよな。
これだけは明らかだ。リユニオン前に俺らのどちらかは死んでるだろう。みんながどれだけ無念だ、醜い、不運だと
思おうが、それが事実だ」「この決定は、だいぶ前になされたことだ。それからずっと、繰り返し言われてきたことだろ」

ようやく『Chinese Democracy』はリリースされたものの、これまで目立ったプロモーションを行なってこなかったアクセル。
ツアーも話には上がっているものの、まだ具体的な計画はないという。

Ako Suzuki, London
posted by メタルキング at 13:24| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

フェア・ウォーニング、“画家”としての顔も持つウレ・リトゲンが横浜で個展を開催

 欧州メロディアス・ハードの代表格バンド、フェア・ウォーニング(Fair Warning)を
支えるメンバーの一人、ウレ・リトゲン。プロの作曲家、ベース奏者としての活躍に加え、
“画家”としての顔も持つウレですが、画家ウレ・リトゲンの魅力に迫る「ウレ・リトゲン展」が
2月1日より開催中! 神奈川県横浜市にあるフジムラ・コンテンポラリー・アートにて
2月28日まで行なわれます。
 展示会では、「Evening Wing(夕方の羽)」、「Autumn Leaves - The Gates Of Winter」、
「River Of Oblivion(オブリビオンの川)」「GOLDEN DAWN(黄金の夜明け)」、「And Earth
Below(そして、地球上へ)」の最新作5枚を一挙に展示。ロックのみではなく、キャンバス
にも溢れだすウレの感性をアナタもぜひ目撃ください! 詳細は特設ページにてご確認を。

ソース:CDJournal.com
posted by メタルキング at 17:12| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ロック専門誌「BURRN!」の編集長が書く落語版ミシュラン『この落語家を聴け!』

前例のない落語ガイド本が登場した。広瀬和生さん(48)の『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』
(アスペクト)。年に1600席を聴くという落語通が、オススメの噺家を独断で選んだ。木戸銭はオール自腹。
選考基準はズバリ、高座が面白いかどうか。知名度もキャリアも関係なし。落語版の“ミシュラン”だ。

広瀬さんの本業はハードロック専門誌「BURRN!」の編集長。落語は中学生のころから趣味で聴いていた。
いま年間350日は高座に通い、1600席以上を聴く。それ以外の日は海外出張だというから、つまりは毎日が
落語漬けだ。

「(2001年の)9・11以来、海外出張が減って、夜にけっこう時間が取れるようになった。いま見ておかなければと
(立川)談志を全部見はじめて…そのうちに今のペースになってました」

年間1600席という驚異的なペースは、この3年ほど継続中。そのうちに、編集者らしい使命感が芽生えたという。

「手にした落語関係の本はどれも、ガイドとしてはほとんど役に立たなかった。新しく聴きはじめた人に向けての
『落語ミシュラン』のようなものが必要だと思った」

執筆にあたっては「お金を払う価値のある人を見つける。面白くないものは無視する」という方針を貫いた。
「目を光らせているから、隠れている人はいない」と自信満々だ。

落語会のチケットは自身で取る。人気のある公演の場合は入手できずに悔しい思いをすることもあるが、
だからこそ厳しい評価ができる。「ぼくは客ですから、しがらみはない」

本書には、演者の高座での言葉が正確に書かれている。「一生懸命メモを取りますよ。ずっとメモしている」。
原稿を読んだ落語家に「録音したの?」と聞かれたほどの正確さだ。出版に当たって、立川談春には
「書けるのはあなたしかいない。何か言われてもかばってやる」と言われたとか。

広瀬さんは「読者がオレの目と耳を信じてくれるかどうかが楽しみ。次は落語家のインタビュー本を出したい。
聞きたいことがいっぱいある。今後も落語ファンで居続けたい」と話していた。(松垣透)
posted by メタルキング at 10:53| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

メタルバンド・リジー・ボーデンの元ギタリスト、コリィ・ジェイムスが交通事故死

LAメタル全盛期に人気を誇ったメタル・バンド、リジー・ボーデンの
元ギタリストとして知られるコリィ・ジェイムスが24日、テネシー州ナッシュヴィルで、
飲酒運転の車両の交通事故に巻き込まれて死去した。享年39歳。
 
 リジー・ボーデンは、1983年にロサンゼルスで結成。独特のポップ・センスに満ちたサウンドと、
斧や血塗れの人形を使ったシアトリカルなライヴ・パフォーマンスで、
本国アメリカはもとより、日本やヨーロッパでも人気を確立。

コリィは、1989年から1996年にかけてバンドに在籍していた。
なお、同じくリジー・ボーデンのメンバーだったアレックス・ネルソンも、
2004年5月に交通事故で亡くなっている。
posted by メタルキング at 18:50| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

ロック界最高のヴォーカルは? UKラジオ局がアンケート結果を発表 1位はロバート・プラント 2位にフレディ・マーキュリー

 UKのデジタル・ラジオ局Planet Rockが行なった“ロック界最高のヴォーカル”を決める
アンケートで、レッド・ツェッペリンのロバート・プラントが1位に選ばれた。
 クラシック・ロック・ファンのためのラジオ局と銘打つPlanet Rockだけに、リスナーが
選んだのはプラントをはじめ、クイーン、ディープ・パープル、ザ・フー、ホワイトスネイク
など往年のロック・バンドのシンガーばかり。クイーンは、フレディ・マーキュリー、ポール・
ロジャースが2、3位に挙がるなど、新旧ヴォーカリストともに高い評価を得ている。
 Planet Rockのリスナーが選んだ<グレーテスト・ヴォイス・イン・ロック>は以下の通り。

1.ロバート・プラント(レッド・ツェッペリン)
2.フレディ・マーキュリー(クイーン)
3.ポール・ロジャース(フリー/バッド・カンパニー)
4.イアン・ギラン(ディープ・パープル)
5.ロジャー・ダルトリー(ザ・フー)
6.デヴィッド・カヴァーディル(ホワイトスネイク/ディープ・パープル)
7.アクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)
8.ブルース・ディッキンソン(アイアン・メイデン)
9.ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)
10.ボン・スコット(AC/DC)
11.デヴィッド・ボウイ
12.ジョン・ボン・ジョヴィ(ボン・ジョヴィ)
13.スティーヴン・タイラー(エアロスミス)
14.ジョン・アンダーソン(イエス)
15.ブルース・スプリングスティーン
16.スティーヴ・ペリー(ジャーニー)
17.オジー・オズボーン(ブラック・サバス)
18.ボノ(U2)
19.ピーター・ガブリエル
20.ジェームズ・ヘットフィールド(メタリカ)

 クイーンだけでなくディープ・パープル、AC/DC、ブラック・サバス、ヴァン・ヘイレンなども、
1人だけでなく別の歴代シンガーが40位内に登場している。
 また女性では唯一、ジャニス・ジョプリン(21位)の名が挙がった。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 17:53| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。