plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2007年06月05日

1680人以上で「スモーク・オン・ザ・ウォーター」をギター合奏! 世界新記録達成!

1680人以上で「スモーク・オン・ザ・ウォーター」をギター合奏! 世界新記録達成!

 米カンザス州カンザスシティー──同じ楽曲を一斉に演奏した人数のギネスブック記録に挑戦する
イベントが3日、当地のラジオ局KYYSの呼びかけで行われ、1680人以上の参加者が米ロックバンド、
ディープ・パープルの代表曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を合奏した。
 ギネスブックに掲載されている世界最高記録は、1994年にカナダ・バンクーバーで達成された
1323人。この時の楽曲も「スモーク・オン・ザ・ウォーター」だった。
 イベントはKYYSのパーソナリティーで、朝の番組を担当しているタンナ・ガスリーさんの発案。
「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を選んだのは、ギター学習者の多くがまず弾く楽曲の1つだからという。
 KYYSはギネスブック申請のため、証拠として参加者リストや写真、ビデオ、報道記事などを送付
する予定。

ソース:CNN.co.jp
posted by メタルキング at 17:10| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリリン・マンソン、レザー・パンツを最長6日間はきっ放しだっだことがあると告白

マリリン・マンソン、レザー・パンツを最長6日間はきっ放しだっだことがあると告白

トレード・マークの黒いレザー・パンツが大好きなマリリン・マンソンは、最長6日間はきっ放し
だったことがあると明かしている。この口調だと、寝るときでさえ身に着けているようだ。
 Femalefirst.co.ukによると、マンソンはこう話したという。「レザー・パンツは、ステージ・ライフと
オフ・ステージ・ライフを結びつけるのに最適だ。最近では、最長で6日間脱がなかったことがある。
もちろん、脱がざるを得ない場合もある。密通するときとか……。でもその後、足首に絡めておく」
 マンソンはまた、同じく彼のトレード・マークである白いファンデやアイ・シャドウ、口紅も取らない
のだそうだ。彼流身だしなみの秘訣は「身体を、ばい菌がここには住みたくないと思うような場所に
しておくこと」だそうだ。
 マンソン関連ニュースとして、彼はジャスティン・ティンバーレイクの母親とセックス談義で盛り
上がったそうだ。彼はBBCラジオ1の番組でこう話している。「ジャスティンに会った。彼のことは
好きだ。彼の母親にも会ったよ。ツアーに母親を同伴してんだ。小道具みたいな感じなんだろう。
彼らに会ったとき、ちょうどセックスに関するドキュメンタリーを見たばかりだったんだ。母親には
災難だったな。でも、彼女に向かって最初に口にした言葉は“女性は足の間に3つ穴があるのを
知ってましたか?”だったよ。彼女、興味津々だった」冗談か本気か、マンソンはティンバーレイクの
大ファンで彼の写真をいつも持ち歩いているそうだ。
 マンソンの新作『Eat Me, Drink Me』は、日本で水曜日(6月6日)にリリースされる。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:29| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの新作、DVD付きデラックス版が国内でも発売に

ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの新作、DVD付きデラックス版が国内でも発売に

日本では6月27日に発表されるヴェルヴェット・リヴォルヴァーの新作『リベルタド』ですが、
DVD付きのデラックス・エディションも日本盤(BVCP-25102〜3 税込\3,360)が登場することに
なりました。US盤は7月3日に通常盤と同時発売となりますが、日本では7月25日のリリース
予定です。注目のDVDに収録されるのは、この春に行なわれた南米ツアーのドキュメンタリー
(約30分)。日本盤には字幕が付きますので、英語が苦手という方はコチラをどうぞ。
 なお、この新作からは先行EP『Melody And The Tyranny』が欧州でリリースされたばかり。
このEPにはアルバムには収録されないトーキング・ヘッズのカヴァー「Psycho Killer」や、
エンハンスト仕様でアルバムのメイキングやライヴ映像も楽しむことができます。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 11:48| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

ガンズ・アンド・ローゼズ、延期となっていたワールドツアーがついに開始

ガンズ・アンド・ローゼズ、延期となっていたワールドツアーがついに開始

 当初4月に予定されていた日本公演が7月に延期となったガンズ・アンド・ローゼズ。
 ワールド・ツアーは結果的にメキシコからスタートされることになると発表されはしたものの
「本当に始まるのか否か」が注目を集めていたが、バンドは6月2日、予定通り、メキシコの
モンテレーにあるモンテレー・アリーナにて2007年度ツアーの幕を開けた。

当日のセット・リストは以下の通り。

Welcome To The Jungle
It’s So Easy
Mr. Brownstone
Live And Let Die
~ROBIN FINCK solo~
Sweet Child O’ Mine
Better
Knockin’ On Heaven’s Door
You Could Be Mine
~DIZZY REED solo~
The Blues
~RICHARD FORTUS/ROBINFINCK solo~
Out Ta Get Me
November Rain
I.R.S.
~BUMBLEFOOT solo~
Don’t Cry
--encore--
My Michelle
Patience
Nightrain
Paradise City

 筆者はもちろんメキシコでこのライヴを目撃したわけではなく、非公式なカタチでこの情報を
入手したに過ぎないので、万が一、事実との食い違いがあった場合にはご了承いただきたい。
 今後のバンドの動向についても、新しいニュースが届き次第お伝えするつもりだ。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 21:54| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ライブ・アース LIVE EARTH 22時間世界同時衛星生中継決定 フジテレビ721

ライブ・アース LIVE EARTH 22時間世界同時衛星生中継決定 フジテレビ721

ライブ・アース LIVE EARTH
 〜2007.7.7 地球温暖化防止のためのコンサート〜 
22時間世界同時衛星生中継
放送日時 2007年7月7日(土)17時〜8日(日)15時(予定) 生中継
※ F1中継のため7/7(土)17:50〜19:10、20:50〜23:00は、スカパー!(Ch.181/パーフェクト
チョイス)ならびに e2 by スカパー!(Ch.801/スカチャン!)にて無料放送。
※ フジテレビ721では中断部分を7/8(日) 23:40〜より録画放送

7月7日(土)、東京を含む世界各地で、地球温暖化防止活動への参加を呼び掛ける史上最大
規模のライブイベント『ライブ・アース』が開催される。
現在までに、久々の再結成となるザ・ポリスとジェネシス、マドンナ、ボン・ジョヴィ、デュラン・デュラン、
ビースティー・ボーイズ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズら80年代から活躍するベテラン勢に加え、
ブラック・アイド・ピーズ、ジェームス・ブラント、ジョン・メイヤーなど若者に絶大な人気を誇る注目
アーティストが多数参加を表明しており、最終的に100組を超えるアーティストが参加することに
なりそうだ。 開催地は、東京・上海・シドニー・ロンドン・ハンブルグ・ヨハネスバーグ・イスタンブール・
リオデジャネイロ・ニュージャージーと6大陸にまたがる世界9都市に加え、京都議定書の採択の地・
京都でのスペシャルコンサートも予定されている。全世界で100万人の観衆と20億人の視聴者を
見込んでおり、これまでに例をみないビッグイベントになりそうだ。イベントの提唱者はドキュメンタリー
映画「不都合な真実」でアカデミー賞を受賞した米国のゴア前副大統領と、2005年開催のアフリカの
貧困撲滅を訴えた「ライブ・エイト」もプロデュースしたケヴィン・ウォール。
「ライブ・アース」の収益の全ては、Alliance for Climate Protection(気候保護同盟)とその会長である
アル・ゴアが中心となって新たに設立する気候の危機の解決を目的とするグローバル・プロジェクト
基金に充てられ、それを基に新たな取り組みを継続的に実施していく。フジテレビ721では、全世界各地で
行われるこのイベントの模様を22時間衛星生中継する(F1中継のため中断あり)。

イベント出演アーティスト (2007年5月29日現在)

<ロンドン> 会場:ウェンブリー・スタジアム
ジェネシス、マドンナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、デュラン・デュラン、ビースティー・ボーイズ、
ジェームス・ブラント、ブラック・アイド・ピーズ、フー・ファイターズ、ジョン・レジェンド、
スノー・パトロール、ブロック・パーティー、コリーヌ・ベイリー・レイ、ダミアン・ライス、
デイヴィッド・グレイ、キーン、パオロ・ヌティーニ、レイザーライト

<ニュージャージー> 会場:ジャイアンツ・スタジアム
ザ・ポリス、ボン・ジョヴィ、シェリル・クロウ、ジョン・メイヤー、スマッシング・パンプキンズ、
カニエ・ウェスト、アリシア・キーズ、ロジャー・ウォーターズ、 AFI、ケリー・クラークソン、
エイコン、ケイティー・タンストール、リュダクリス、メリッサ・エスリッジ、デイヴ・マシューズ・バンド、
リアーナ、フォール・アウト・ボーイ

<シドニー> 会場:オージー・スタジアム
ジャック・ジョンソン、ジョン・バトラー・トリオ、クラウデッド・ハウス、ウルフマザー ほか

<東京(幕張)> 会場:幕張メッセ
リンキン・パーク ほか
<京都> 会場:東寺
YMO ほか
<他の会場>出演者未定
posted by メタルキング at 12:03| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HMの祭典「LOUD PARK 07」出演アーティスト第1弾発表 HEAVEN AND HELL、MARILYN MANSONら8組

HMの祭典「LOUD PARK 07」出演アーティスト第1弾発表 HEAVEN AND HELL、MARILYN MANSONら8組

 10月20日・21日の二日間に渡って、さいたまスーパーアリーナで開催されるへヴィー・メタルの
祭典〈LOUD PARK 07〉。その出演アーティスト第1弾が発表された。ラインナップは下記の通り。
ヘッドライナーとしていち早く出演がアナウンスされたヘヴン・アンド・ヘルのほか、ニュー・アルバム
『Eat Me, Drink Me』発売間近のマリリン・マンソン、ジャーマン・メタルの雄、ブラインド・ガーディアンなど、
計8組の早々たるアーティストが名を連ねている。

〈LOUD PARK 07〉出演アーティスト第1弾
HEAVEN AND HELL / MARILYN MANSON / BLIND GUARDIAN / SAXON / TRIVIUM / WIG WAM
THERION / ANTHEM

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 06:08| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

イジー・ストラドリン(exガンズ・アンド・ローゼズ)、配信オンリーで新作発表

イジー・ストラドリン(exガンズ・アンド・ローゼズ)、配信オンリーで新作発表

元ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、イジー・ストラドリンが『Miami』というタイトルの
新作を発表。ただしこれはパッケージ作品としては流通せず、ダウンロードのみでの
リリースです。すでに5月初頭には情報が明らかとされていましたが、このたび日本の
iTunesでも配信が開始、税込\1,500で販売されています。
 レコーディング・メンバーは、イジー(g,vo)、リック・リチャーズ(g)、タズ・ベントリー(ds)、
JT・ロングリア(b)、ジョーイ・ハフマン(key)の5人。イジーが自身公認のファンサイト
“www.chopaway.com”に寄せたコメントによれば、「初期のソロ作品を思わせる。オルガンや
キーボードも少し聴こえるはずだ。ヘヴィなものからバラード・タイプのナンバー、レゲエまで
ある」とのこと。気になる方は、まずはiTunesで試聴してみては?
 なおiTunesでは、この『Miami』とほぼ同じメンバーでレコーディングされ、ファンサイトのみで
販売されていたソロ・アルバム『Like A Dog』も配信中。GN'Rのマニアは要チェックです。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:27| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

北欧シンフォニック・メタルのナイトウィッシュ、新シンガー発表! Anette Olzon(35歳)

北欧シンフォニック・メタルのナイトウィッシュ、新シンガー発表! Anette Olzon(35歳)

2005年に看板シンガーだったターヤ・トゥルネンを解雇し、その動向が注目されていたフィンランドの
シンフォニック・メタル・バンド、ナイトウィッシュがいよいよ新たなヴォーカリストを発表しました。彼女の
名前はAnette Olzon。バンドの公式HPでは新編成によるプロモーション用の写真やAnetteの映像
などが公開されています。
 このAnette嬢は、1971年生まれの現在35歳。これまではAnette Blyckertという名前で、メロディアス・
ハード・ロック・バンドのAlyson Avenueで活動していました。このAlyson Avenueというバンド、メロディ
重視派のファンの間では絶大な支持を得ており、日本でもアルバムを出すたびに輸入盤が爆発的
ヒットを記録していた存在です。今回の件に関してAlyson Avenue側は、幸運を祈る旨のメッセージを
公式HPに記しています。
 ナイトウィッシュは本国で5月25日にニュー・シングル「Eva」をリリース。そのサンプル音源も公式HPで
公開されています。また、Alyson Avenue時代のAnetteが気になるという方は、彼らのMyspaceで
チェックを。注目されるナイトウィッシュのニュー・アルバムは、現在のところ9月のリリースを予定して
いるとのこと。新編成の彼らが今後どのような活躍を見せるのか、ファンはお楽しみに。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 09:09| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティーヴ・ヴァイ、新作は2枚組ライヴ! ギターとオーケストラがガチンコで激突

スティーヴ・ヴァイ、新作は2枚組ライヴ! ギターとオーケストラがガチンコで激突

 String Theoriesというニュー・バンドを結成するなど、相変わらず精力的な活動を続ける
我らがギター・ヒーロー、Steve Vai。
 2005年のアルバム『Real Illusions』以降、ニュー・マテリアルのお披露目が待ち望まれて
いましたが、いよいよ待望のブツが到着します!
 オーケストラとの競演というコンセプトを極限にまで突き詰めて、3年にも及んだオーケストラ・
プロジェクトの集大成!2枚組ライヴ・アルバム『Sound Theories I & II』がそれです!

 アルバム『Real Illusions』収録曲である“Lotus Feet”(グラミー賞“ベスト・インスト・ロック・
パフォマンス”受賞!)に端を発する今回のプロジェクトは、このプロジェクト用に書き下ろ
された新曲も含む2枚組、全17曲の超大作!
 1枚目のディスクは、代表作でもある『Passion And Warfare』収録の“Liberty”や“For the Love
of God”などを題材に、ギターとオーケストラがガチンコで激突したド熱いライヴ・パフォーマンス!
 2枚目のディスクはSteve Vaiの作曲家としての才能を最大限に発揮したもので、その演奏は
オーケストラに委ねた意欲作!これはライヴ・アルバムと言うよりもニュー・アルバムと呼んで
しまって差し支えないでしょう!
 またもや「K点越え」を果たしたSteve Vaiの新境地を聴き逃すな!
 なお、8月には同ライヴを収録したDVDの発売も予定されております。

ソース:HMV Japan
posted by メタルキング at 01:46| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンキン・パーク、<Live Earth>東京公演に?

リンキン・パーク、<Live Earth>東京公演に?

7月7日に世界各地で同時開催される<Live Earth>の東京公演は、
リンキン・パークがヘッドライナーを務めるようだ。まだ正式な発表はなされて
いないものの、Rollingstone.comやNME.COMなどが伝えている。

現在のところ、正式にラインナップが発表されているのは、UK、アメリカ、
オーストラリア公演のみだが、Rollingstone.comによると、リンキン・パークが東京、
ジョス・ストーン、UB40がヨハネスブルグ、レニー・クラヴィッツ、ファレル・ウィリアムス
がリオデジャネイロ、シャキーラ、クリス・コーネル、スヌープ・ドッグがハンブルグ
のコンサートに出演する予定だという。

マイク・シノダも「気候問題を認識するのは、俺たち世代にとって最もビッグな課題かも
しれない。その活動をサポートし、コンサートでプレイできることを誇りに思ってる」と
Undercover.co.auに話している。

コンサートはこのほか、上海、イスタンブールで開かれる。さらに南極での開催も
根強く噂されている。日本公演は、前に伝えられていた東京ドームではなく、
幕張メッセと京都の東寺で開かれるという。日本公演のオフィシャル・サイト
liveearth-japan.jpでは、すでにチケットの限定予約を受け付けている。
メッセの公演には倖田來未、大塚愛、東寺公演にはイエロー・マジック・オーケストラ、
RIP SLYMEらの出演が決まっている。
posted by メタルキング at 00:44| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ディープ・パープル、最新ライヴ盤を発売に! 06年のMontreux Jazz Festivalの模様を収録

ディープ・パープル、最新ライヴ盤を発売に! 06年のMontreux Jazz Festivalの模様を収録

 ディープ・パープルが新たなライヴ・アルバムをリリースに。『They All Came Down to Montreux』
というタイトルで、UK・EU盤が6月11日、US盤が6月12日の発売となっています。
 今作は、2006年のMontreux Jazz Festival出演時の模様を収めた作品。キーボード・ソロを含む
全12曲を収録し、その内の6曲が『マシン・ヘッド』(72年)から(「When A Blind Man Cries」含む)、
4曲が『ラプチャー・オブ・ザ・ディープ』(2005年)からという選曲です。ちなみに、日本盤(TKCW
-32181 税込\2,800)は『ライヴ・アット・モントルー2006〜ザ・コンプリート・ヴァージョン〜』という
タイトルで、2枚組の完全版として7月18日にリリースされるようですが、現在のところ正式な収録曲は
判明していません。なお、海外では同タイトルのDVDも同時発売。まだまだ元気な大ベテラン、
マニアはご注目を。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 03:00| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

米誌、07年度メタル界のトップ・ドラマー・ベスト5発表 1位はLAMB OF GODのChris Adler

米誌、07年度メタル界のトップ・ドラマー・ベスト5発
1位はLAMB OF GODのChris Adler

アメリカで発行されているNO.1ドラム専門誌、「Modern Drummer Magazine」! この雑誌の
7月号に2007年度トップ・ドラマー・メタル部門・ベスト5が発表されました!

01. Chris Adler (LAMB OF GOD)
02. Jason Bittner (SHADOWS FALL)
03. Tomas Haake (MESHUGGAH)
04. Dave Lombardo (SLAYER)
05. Travis Smith (TRIVIUM)

ソース:RoadRunner Japan
posted by メタルキング at 23:47| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

オジー・オズボーン、政治家を批判「戦争はいつだって年寄りが始め、戦うのは若い奴らだ」

オジー・オズボーン、政治家を批判「戦争はいつだって年寄りが始め、戦うのは若い奴らだ」

あのオジー・オズボーンが、政治家や戦争について語った。いままで全く発言していなかった
わけではないし、ブラック・サバス時代には「War Pigs」('70年『Paranoid』収録)という反戦ソングも
作っているオジーだが、『The Osbournes』での姿しか知らない若い世代にはちょっと意外かもしれない。
 6年ぶりにニュー・アルバム『Black Rain』をリリースしたオジー。今作の根底にはイラク戦争に対する
怒りが流れいてるといわれている。彼は『Daily Mirro』紙のインタヴューでこう話した。「政治家って
いうのは票を集めるために、必ず約束ごとをするだろ。あれやる、これやる、こんなこともやるってさ。
守れないんなら、クビにすべきだ。あいつら、俺たちの目の前にニンジンぶら下げておいては取り
上げる。全部ウソに基づいてるんだ」
 「ワシントンの陸軍病院へときどき兵士を見舞いに行ってる。そこにいるのは、みんな若い奴らだ。
イラクへ行ってひどい怪我を負って、足や腕を失ってる。戦争はいつだって年寄りが始め、戦うのは
若い奴らだ。今回、その裏にあるのは油田ってわけだ」
 『Black Rain』は、現在の世の中に対するリアクションだという。「このアルバムには、いまの世界に
対するリアクションが詰まってる。ヴァージニア工科大学の乱射事件について何週間もノンストップで
報道されてただろ。外の世界を見回して、何が起きているのか知るのは恐ろしいよ」
 しかし、レコーディング自体は久々に楽しんだという。「楽しかったよ。ほんとに長い間、レコーディングを
楽しんでなかった。シラフだったからかもしれないな!」『Black Rain』は、オジーが初めてシラフ
(酒もドラッグもなし)で作ったアルバムだといわれている。
 オジーの9枚めのソロ・アルバムとなる『Black Rain』は月曜日(5月21日)に英国でリリースされた
(ボーナス・トラック入りの日本盤は23日発売)。そして週末(27日)にモスクワ公演からヨーロッパ/
UKツアーがスタートされる。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 18:13| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ポイズン、ラット、ドッケン オクラホマで80年代メタル・バンド大集結のフェス開催

ポイズン、ラット、ドッケン オクラホマで80年代メタル・バンド大集結のフェス開催

 「オクラホマ」と聞いて無条件に「ミキサー」と言葉を続けたくなる人なんて、もはや珍しいの
だろうか。そんなことはどうでもいいのだが、米国オクラホマ州にて、7月、めちゃくちゃ興味深い
ロック・フェスティヴァルが行なわれる。

 題して『ROCKLAHOMA(ロックラホマ)』。

 …あまりにもベタすぎるネーミングに寒気をおぼえてしまうが、出演者のラインナップはある意味、
本当に鳥肌モノ。なんと80年代に一世を風靡したメタル・バンドたちが一気に大集結するのだ。
主な出演バンドは以下の通り。

7月13日(金)
ポイズン、ラット、クワイエット・ライオット、スローター、Y&T、ホワイト・ライオン、他

7月14日(土)
ヴィンス・ニール、ドッケン、ウィンガー、スキッド・ロウ、ウォレント、ファイアーハウス、イナフ・ズナフ、
ファスター・プッシーキャット、ブレットボーイズ、バング・タンゴ、他

7月15日(日)
トゥイステッド・シスター、W.A.S.P.、ジャッカル、グレイト・ホワイト、L.A.ガンズ、ブリトニー・フォックス、
スティールハート、他

 この顔ぶれを「20年前なら豪華」と笑うか「今だからこそ観てみたい」と思うかはあなた次第。
しかし実際、“あの頃”のバンドたちによるパッケージ・ツアーがアメリカでは非常に盛んで、そうした
ライヴが夏に家族ぐるみで出かけるイベントとして定着している事実もある。ただし「ヴィンス・ニール
個人じゃなくモトリー・クルーじゃなきゃ嫌だ」とか、「××の居ない××なんて認めない!」みたいな
カタいことを言わず理屈抜きに楽しめる人向けのフェスではあるだろう。逆に「あの人、今このバンドに
いるの?」的発見はやまほどあるはず。
 ちなみに開催地はオクラホマ州のプライヤー。筆者自身、行ったことはもちろん耳にしたこともない
地名だが、相当な田舎であることはほぼ間違いない。参考までにオクラホマ州はアメリカのど真ん中
よりちょっと南、ちょうどテキサス州の真上に位置している。
 いわゆる80年代メタルを懐かしく感じる世代はもちろん、当時の活況を原体験できなかった世代に
とっても魅力的な催しといえるはずだが、「観たいのはやまやまだが、何処にあるんだか見当も
つかないような場所に独力では行けない!」という方々のためには添乗員の同行するツアーも
組まれていたりするので、まずは以下のサイトにてもろもろ確認してみて欲しい。

(了)

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 21:39| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンズ・アンド・ローゼス、延期となっていた来日公演の振替日程を発表 4月から7月に

ガンズ・アンド・ローゼス、延期となっていた来日公演の振替日程を発表 4月から7月に

先日より延期となっておりました、ガンズ・アンド・ローゼス日本公演の
振替公演日程が、下記のとおり決定致しました。

ワールドツアー全体のスケジュールが延期となった影響で、
皆様への発表が遅れましたことを深くお詫び申し上げます。

お手持ちの公演チケットは、下記振替日程に限り有効となります。

また、払戻しをご希望のお客様につきましては、5/17(木)〜6/16(土)の間、
お買い求めの各プレイガイド等にて、払戻しを致します。

振替公演日程、及びチケット払戻し等につきましては、各問い合わせ先まで、
お問い合わせいただきますよう、お願い致します。


■東京
 4月14日(土) 幕張メッセ ⇒ 7月14日(土)幕張メッセ
 4月15日(日) 幕張メッセ ⇒ 7月15日(日)幕張メッセ

■名古屋
 4月18日(水)レインボーホール ⇒ 7月17日(火)日本ガイシホール(旧称レインボーホール)

■大阪
 4月21日(土)インテックス大阪 ⇒ 7月21日(土)インテックス大阪
 4月22日(日)インテックス大阪
※大阪公演は7月21日(土)の1日のみとなります。

ソース:Creativeman Productions
posted by メタルキング at 05:04| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

オジー・オズボーン、旧作12タイトルが紙ジャケ化!

オジー・オズボーン、旧作12タイトルが紙ジャケ化!

 間もなく新作『ブラック・レイン』をリリースするオジー・オズボーンですが、彼がこれまでに
発表してきた作品群が一挙に紙ジャケット化されることになりました。発売は6月20日。
『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』から『ダウン・トゥ・アース』までのオリジナル・
アルバムはもちろん、『トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ』や『ライヴ&ラウド』といった
ライヴ・アルバム、また、最近では入手が困難になっていた『悪魔の囁き』や『ジャスト・セイ・
オジー』もラインアップされた全12タイトルです。
 2002年のリマスター・シリーズで登場した作品はそれに準じた音源、その他は1997年
リマスターとなっています(『ダウン・トゥ・アース』のみ2001年オリジナル・マスター)。したがって、
『ブリザード〜』と『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』のリズム・トラックは後に差し替えられた
ヴァージョンです。仕様は、オリジナルLPジャケットをはじめ、日本初版帯も復刻。日本未LP化の
ものは初回CD化当時の帯を採用することになっています。新作の後は、過去の名作群で帝王の
歴史を振り返りましょう。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:38| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハノイ・ロックス、新作を9月に発売! 先行シングルは間もなく登場

ハノイ・ロックス、新作を9月に発売! 先行シングルは間もなく登場

 フィンランドが誇るロックンロール・バンド、ハノイ・ロックスが新作からの先行シングルを
間もなくリリースに。「Fashion」というタイトルで、EU盤が5月16日、日本盤(VICP-63830
税込\1,575)は6月21日の発売となっています。
 日本盤の詳細は不明ですが、EUではタイトル曲のほか、新作には収録されないという
「Trouble Boys」なるナンバーに加え、エンハンスト仕様で「Fashion」のプロモーション・ビデオ、
3月にヘルシンキで行なったライヴから「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」の
映像が収められるとのこと。「Fashion」は実にハノイらしいメロディに溢れた、ミドル・テンポの
佳曲に仕上がっており、新作への期待も高まります。すでに公式HPではPVも公開されて
いますので、気になる方はチェックをどうぞ。
 なお、『アナザー・ホスタイル・テイクオーヴァー』(2005年)以来となる新作は、現在ヘルシンキの
Seawolf Studiosで制作中。リリースは9月に予定されています。アンディ・マッコイ(g)&マイケル・
モンロー(vo)の名コンビは、まだまだファンを楽しませてくれそうです。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:30| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ゲイリー・ムーア、新作を発表! 元シン・リジィのブライアン・ダウニーがドラムで参加

ゲイリー・ムーア、新作を発表! 元シン・リジィのブライアン・ダウニーがドラムで参加

 アイルランドの誇る名ギタリスト、ゲイリー・ムーアが新作を発表に。『クローズ・アズ・ユー・ゲット』
というタイトルで、UK盤が5月21日、US盤は5月29日、そして日本盤(VICP-63834 税込\2,520)は
6月16日の発売予定となっています。
 今作もまた、もはや彼のライフワークともいうべきブルース・アルバム。オリジナル・ナンバーとともに、
ジョン・メイオールの「ハヴ・ユー・ハード」やサニー・ボーイ・ウィリアムスンの「アイサイト・トゥ・ザ・
ブラインド」などのカヴァーを収録しています。そして注目は、レコーディングでドラムスを担当したのが、
元シン・リジィのブライアン・ダウニーだということ。同郷かつ盟友だったダウニーとの共演に、古くからの
ファンは感ずるところがあるのではないでしょうか。
 御大は5月末から本格的なUKツアーを開始、8月までに欧州も廻ることになっています。長いこと
日本公演は行なわれていないだけに、今作での来日実現にも期待したいとろこです。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 20:58| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

ジャパニーズ・メタルのアウトレイジ、デビュー20周年を記念して諸作品が再発

ジャパニーズ・メタルのアウトレイジ、デビュー20周年を記念して諸作品が再発

日本のヘヴィ・メタル・シーンで長きにわたり活躍している、アウトレイジの旧譜が再発される
ことになりました。これは彼らのデビュー20周年を記念するもので、ワーナーミュージック・ジャパンと
ユニバーサル ミュージックの合同プロジェクト。発売は6月6日となっています。
 リリースされるのは、1987年の自主制作EP『アウトレイジ』から97年の7th『フー・ウィー・アー』まで、
橋本直樹(vo)在籍時の計8作品。『アウトレイジ』は、97年にライヴ音源とのカップリングで発売
された『イッツ・パックド!!』の仕様ではなく、オリジナルのEP収録曲及びアートワークでの登場です。
また、ワーナーから発売される4タイトル(『アウトレイジ』『スピット』『ライフ・アンティル・デフ』
『フー・ウィー・アー』)は2007年版最新リマスター音源、ユニバーサル版(『ブラック・クラウズ』
『ブラインド・トゥ・リアリティ』『ザ・グレイト・ブルー』『ザ・ファイナル・デイ』)にはボーナス・トラックの
収録が予定されています。なお、バンドは今夏に20周年を記念する全国ツアーを計画している
とのことですので、ファンはお楽しみに。

ソース:CD Journal.com
posted by メタルキング at 16:41| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オジー・オズボーン、6年ぶりの新作はドラッグ&アルコールなしで作った初めての作品

オジー・オズボーン、6年ぶりの新作はドラッグ&アルコールなしで作った初めての作品

オジー・オズボーンが来月、9枚めのスタジオ・アルバム『Black Rain』を発表する。オジーは、
'05年11月にビートルズやローリング・ストーンズをカヴァーしたコンピレーション・アルバム
『Under Cover』をリリースしているが、新作となると'01年の『Down To Earth』以来、6年ぶりとなる。
 アルバムにはオジー(Vo)のほか、ザック・ワイルド(G)、マイク・ボーディン(Dr)、ロブ・ニコルソン(B)
らが参加しているという。まだ変更する可能性はあるそうだが、現在のところ予定されている
トラッキング・リストは「Not Going Away」「I Don't Wanna Stop」「Black Rain」「Lay Your World On Me」
「The Almighty Dollar」「11 Silver」「Civilize The Universe」「Here For You」「Countdown's Begun」
「Trap Door」の10曲。
 アルバムは5月22日リリース(日本発売23日)。曲の大半は、オジーの公式サイトで触りを聴くことが
できる。同サイトより、すでに1stシングル「I Don't Wanna Stop」がリリースされている。噂にによると、
このアルバムは、ドラッグもアルコールもなしのシラフでレコーディングされた初の作品だという。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:36| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

GUNS N’ ROSESの来日公演がベーシストの怪我により延期に

GUNS N’ ROSESの来日公演がベーシストの怪我により延期に

4月14日(土)より予定されていたガンズ・アンド・ローゼズの来日公演が、
ベーシストのトミー・スティンソンの怪我により、急遽延期することとなった。
トミーは誤って階段から転げ落ちて、手にひどい捻挫を負ってしまったのこと。

なお、今回の日本公演は延期となるが、南アフリカの〈MyCoke フェステイバル〉にて
ヘッドライナーを務める2公演に関しては予定通り出演する予定。

今回の振替公演日程については、アーティスト側より7月以降の日程で来日したいとの要望があり、
現在日程を調整中。決定次第、改めて発表させるそうです。
なお、公演チケットは振替公演にそのまま有効となるので、振替公演日程発表までの間、
大切に保管しておきましょう。
posted by メタルキング at 14:58| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

メロディック・スピード・メタル界の頂点! ソナタ・アークティカの来日公演が決定

メロディック・スピード・メタル界の頂点! ソナタ・アークティカの来日公演が決定

 いまや日本のみならず世界的規模で盛り上がりを見せ、メロディック・スピード・メタル界の
頂点に君臨すると言っても過言ではないソナタ・アークティカ。5月23日には前作『Reckoning Night』
以来となる通算5作目のオリジナル・アルバム『Unia』をリリースする彼らが、このアルバムを
引っさげて約2年半ぶりの来日公演を7月に行うことが決定した。日程は以下の通り。今後の
HMシーンのトレンドを握るとも言われる彼らの、白熱のライヴ・パフォーマンスをその目に焼き
付けに行きましょう!

〈SONATA ARCTICA Japan Tour 2007〉
7月19日(木)名古屋・ZEPP NAGOYA 料金:6,500円(税込/全立見/1ドリンク別)
 開場18:00 / 開演19:00
7月20日(金)大阪・なんば Hatch 料金:6,500円(税込/全立見/1ドリンク別)
 開場18:00 / 開演19:00
7月21日(土)東京・SHIBUYA-AX 料金:6,500円(税込/1F:全立見 2F:指定)
 開場16:00 / 開演17:00
7月22日(日)東京・SHIBUYA-AX
 開場16:00 / 開演17:00

引用元:bounce.com
posted by メタルキング at 17:54| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイーンズライク、「Operation Mindcrime I II」完全再現ライヴのCD&DVDが発売決定

クイーンズライク、「Operation Mindcrime I II」完全再現ライヴのCD&DVDが発売決定

 Queensrycheと言えば5月末からの来日公演が決定していますが、来日公演の余韻にどっぷりと
浸かっている頃であろう6月27日に素晴らしいアイテムがリリースされることになりました!
 HM史上に残る運命のコンセプト・アルバム『Operation Mindcrime』のI & IIをステージで完全再現!
『Mindcrime AT The Moore』というタイトルのもと、2枚組DVDと2枚組CDが同時発売!
 全世界でソールドアウトを記録し、オーディエンスを興奮の渦へと巻き込んだ「Operation Mindcrime」
ツアーから、彼らの故郷であるワシントン州シアトルのThe Mooreで行われた記念すべきライヴの
模様を完全収録! 2枚組DVDには、本編のライヴ映像のほかボーナス映像としてRonnie James Dioが
“Dr. X”役で特別出演したLA公演での貴重な映像、ツアー・ドキュメンタリーなどを収録!!
 なお初回生産分のみ、抽選で300名様に「ジャパン・ツアー・オリジナルTシャツ」(予定)があたる
「CD&DVD W購入者応募券」が封入されます。詳しくは商品をご覧ください。
 また同日99年発表アルバム『Q2k』のリマスター盤も同時発売!未発表2曲、別テイク、ライヴ1曲が
追加されたエクスパンデッド・ヴァージョンです!こちらもお見逃しなく!

Queensryche「Operation: Mindcrime I & II」
6月27日発売 DVD:\5,900 CD:\3,480

引用元:HMV Japan
posted by メタルキング at 17:51| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

“孤高のギタリスト”ジェフ・ベック、06年米国ツアーのライヴ盤が発売に

“孤高のギタリスト”ジェフ・ベック、06年米国ツアーのライヴ盤が発売に

 孤高のギタリスト、ジェフ・ベックの新たなライヴ・アルバムが登場します。これは海外では
公式HPやライヴ会場でしか入手できないシリーズの最新版で、日本のみ正式な商品として
発売するもの。『ライヴ・ベック'06』(MHCP-1362 税込\2,520)というタイトルで、5月23日の
発売予定です。
 このシリーズ、過去には『ライヴ・ベック!』というタイトルもリリースされており、コチラは
2005年の来日に際して日本盤も発売されました。その第2弾にあたる今回の『〜'06』は、
タイトル通り2006年4月の米国ツアーで収録されたもの。この直後の7月にはUDO MUSIC
FESTIVALで2年連続の来日も果たしています。「ベックス・ボレロ」にはじまり「オーヴァー・
ザ・レインボウ」で終わるセット・リストは名曲満載。なんでも、「〜レインボウ」が正式音源
として収録されるのはこれがはじめてなんだとか。いまだ衰えないそのプレイを、じっくりと
堪能してください。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 22:40| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンキン・パーク、チェスター・ベニントン(Vo)の緊急来日が決定!

リンキン・パーク、チェスター・ベニントン(Vo)の緊急来日が決定!

 5/16に待望のニュー・アルバム『Minutes To Midnight』をリリースするリンキン・パーク。なんと、
ヴォーカルのチェスター・ベニントンのプロモーション来日が緊急決定した。4/7(土)にはTOKYO FM
「COSMO POPS BEST 10」に生出演し、渋谷スペイン坂スタジオに本人が登場するとのこと。
生チェスターを見ることができる絶好のチャンスをお見逃しなく! なお、現在、モバイルサイト
【HMVうたメロ】【HMVうたフル】では、同アルバムからの先行シングル「What I've done」の着うた(R)
および着うたフル(R)を4/4(水)より配信中なので、いち早く新曲を聴きたい人は着うた(R)&
着うたフル(R)をゲットして、スペイン坂スタジオに行こう! 詳しくはレーベル・オフィシャル・サイトまで。

引用元:VIBE
posted by メタルキング at 22:36| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

オジー・オズボーン、6年ぶりとなる新作を発表! ギターはザック・ワイルド

オジー・オズボーン、6年ぶりとなる新作を発表! ギターはザック・ワイルド

 ソロ時代のキャリアを総括したボックス・セット『Prince Of Darkness』や、80年代のライヴ映像を
収めたDVD『The Ultimate Ozzy』、再現度を極限にまで高めて再リリースとなったBlack Sabbath
紙ジャケなど...ここ数年、復刻系のリリースが続いていた我らがOzzy Osbourne。
 今年で12回目となる「OZZFEST」は何と入場無料で行われるという、気前のいいニュースも記憶に
新しいところですが、いよいよ!9作目となるオリジナル・ニュー・アルバム『タイトル未定』の発売が
決定いたしました!
 2001年発表の前作『Down To Earth』以来約6年振りとなる今回のアルバム『タイトル未定』は、
ギタリストにお馴染みZakk Wyldeを迎えて制作している模様。
 アルバムの詳細については、まだまだ未定なところが殆どですが、10曲程度の楽曲を収録予定で、
日本盤のみボーナス・トラックを申請中だとか。

オジー・オズボーン「タイトル未定」
5月23日発売 \2,520

引用元:HMV Japan
posted by メタルキング at 17:55| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリーム・シアター、レーベル移籍第1弾の新作を発表! 25分にも及ぶ大作も

ドリーム・シアター、レーベル移籍第1弾の新作を発表! 25分にも及ぶ大作も

 作品毎に新たな地平を切り開くプログレッシヴ・ヘヴィ・メタルの先駆者的存在、Dream Theaterが
ロードランナーへ移籍!2005年発表のアルバム『Octavarium』以来、約2年振りとなるオリジナル・
ニュー・アルバム『Systematic Chaos』を発表します!
 自身9作目となるニュー・アルバム『Systematic Chaos』は、ニューヨークのAvatar Studioにて、
ベテラン・エンジニアでミキサーのPaul Northfield (Rush, Queensryche, Porcupine Tree)を迎えて
レコーディングが行われました。プロデュースはこれまで通り、John PetrucciとMike Portnoyの
共同プロデュースという形がとられています。
 Mike Portnoyのコメントから察するに、ニュー・アルバム『Systematic Chaos』は、これまでの
Dream Theaterの集大成的な仕上がりになっている模様。なかには25分にも及ぶ大作もあるとか。
 なお、ニュー・アルバム『Systematic Chaos』は通常盤と限定盤が同時発売。限定盤は内容未定
ながら、DVDが同梱され、通常盤には初回分のみ封入特典が予定されています。

Mike Portnoyからのコメント
「このアルバムは俺達が達成してきた全ての要素が詰まっている。ミュージシャン精神、頭を打ち砕く
ようなリフ、壮大でプログレッシヴな大作、胸をしめつけるメロディーにフォーカスしたんだ。俺たちには
世界で最もヘヴィで熱狂的なファンがいる。彼らはこのアルバムをきっと気に入ってくれるだろう。
レーベルと密接に関わることによって新しいファンも獲得したいね」

Dream Theater「Systematic Chaos」
6月6日発売 \3,500(DVD付き初回限定盤) \2,548(通常盤)

引用元:HMV Japan
posted by メタルキング at 17:51| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

メタルの祭典再び! 「LOUD PARK 07」の開催が決定! Heavne and Hell出演の噂も

メタルの祭典再び! 「LOUD PARK 07」の開催が決定! Heavne and Hell出演の噂も

 昨年、大成功となったヘヴィ・メタル系のフェスティヴァル“LOUD PARK”が今年も開催決定。
“LOUD PARK 07”は10月20日(土)・21日(日)の両日、昨年の幕張メッセからさいたまスーパー
アリーナへ会場を移し、行なわれることになりました。出演アーティストなどは現時点で明らかに
されていませんが、詳細は近日発表になるとのことです。
 昨年はスレイヤーとメガデスの両巨頭を筆頭に、若手からベテランまでさまざまなバンドが集結。
大いに盛り上がりました。すでに一部ではロニー・ジェイムス・ディオ、トニー・アイオミらによる
Heavne and Hellの出演がウワサされているようですが(あくまでウワサ)、果たして今年は
どのようなラインアップになるのか、お楽しみに。
 これまで日本にもメタル系のフェスはあったものの、継続されることがなかっただけに、
このLOUD PARKに対する期待は大きなものがあります。定着させるためには、この第2回の
成否は重要かと思われますので、メタル・ファンは昨年以上の熱意を持ってご参加を。
公演の詳細はクリエイティブマンまで。

<LOUD PARK 07開催日程>
10月20日(土) さいたまスーパーアリーナ
10月21日(日) さいたまスーパーアリーナ

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:16| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

メタル界最強のギター兄弟再び! アーク・エネミーにクリストファー・アモットが復帰

メタル界最強のギター兄弟再び! アーク・エネミーにクリストファー・アモットが復帰

現代のヘヴィ・メタル・シーンを牽引するバンドのひとつ、アーク・エネミーにオリジナル・
ギタリストのクリストファー・アモットが復帰しました。これは3月22日、バンドが公式HP上で
正式に発表したもの。兄であるマイケル・アモットとともに、メタル界最強のギター兄弟と
謳われたコンビが復活することになります。
 クリスは2005年、『ドゥームズデイ・マシーン』の制作中に辞意をバンド側に伝え、アルバム
完成後に脱退。その後は学業に専念していました。約2年ぶりの復帰についてマイケルは
「非常にエキサイティングだ」としつつ、見事に代役を務めたフレドリック・オーケソンへの
謝辞も述べています。
 クリスも含めたバンドはすでに新作の曲作りに入っているとのこと。今や世界中で高い
人気を誇るアーク・エネミーだけに、クリスの復帰によってさらにその勢いを加速させる
ことでしょう。なお、公式HPにはグループ・ショットも掲載。一時期スキンヘッドにしていた
というクリスも、しっかり髪の毛を伸ばした様子です。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 19:54| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトスネイク、名盤「サーペンス・アルバス〜白蛇の紋章〜」の20周年記念盤が登場

ホワイトスネイク、名盤「サーペンス・アルバス〜白蛇の紋章〜」の20周年記念盤が登場

 Whitesnakeの大ヒット・アルバム『Whitesnake 1987』の発表20周年を記念した『1987: 20th
Anniversary Collector's Edition』の発売が決定!
 『Whitesnake 1987』は1987年発表の大ヒット作品で、当時付けられていた邦題は『サーペンス・
アルバス〜白蛇の紋章〜』でした。アメリカのマーケットを意識し、初期のWhitesnakeとは掛け
離れたイメージであっても間違いなく名盤のひとつであり、熱心な白蛇フリークからも最高傑作に
挙げられる事の多い作品です。
 Tygers Of Pan Tang〜Thin Lizzyで活躍した若手ギタリスト、John Sykesの才能が引き出された
作品としても知られていますが、アルバムのミックスの段階でJohn Sykesはバンドを解雇。Adrian
Vandenbergを含む4人のギタリストによって完成された曰く付きの作品でもあります。
 ...発表20周年を記念して発売されるだけあり、今回の『1987: 20th Anniversary Collector's Edition』は
仕様が豪華!
 本編となるCDには、最新のデジタル・リマスタリングが施されたオリジナル音源に加えて、2006年末に
発売されたライヴ・アルバム『Live In The Shadow Of The Blues』からの音源をボーナス・トラックとして
追加収録。
 ボーナスDVDにはアルバム収録曲のヴィデオ・クリップ+大ヒット映像作品『Live In The Still Of
The Night』からの映像が収録されています。
 20年の時を経ても決して色褪せる事のないマスターピースを最高の形でお届け!白蛇フリーク
ならずとも、HR/HMファンならば携えておきたい逸品です!

※ボーナスDVDは日本向けハードで再生できない場合がございます

引用元:HMV Japan
posted by メタルキング at 19:24| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

クリス・コーネル(exオーディオ・スレイヴ)、8年ぶりとなるソロ・アルバムを発表

クリス・コーネル(exオーディオ・スレイヴ)、8年ぶりとなるソロ・アルバムを発表

グランジ全盛だった'90年代にはサウンドガーデンの、2002年以降はオーディオ・スレイヴの
ヴォーカリストとして類い稀な美声を放ってきたクリス・コーネル。先頃、そのオーディオ・スレイヴを
脱退したことでファンをがっかりさせた彼が心機一転、ソロ・アルバム『Carry On』を発売する。
日本盤の発売日は5月2日。前作『Euphoria Morning 』から8年ぶりとなる今作は、U2やローリング・
ストーンズらとの仕事で知られる名プロデューサー、スティーヴ・リリーホワイトを迎えて、クリスの
ドラマティックなヴォーカルを存分に生かす会心の作に仕上がっている。映画「007 カジノ・ロワイヤル」の
主題歌“You Know My Name”はもちろんのこと、日本盤にはボーナス・トラックも収録される予定。
今後のますますの活躍ぶりを予感させる一枚になりそうだ。

引用元:bouonce.com
posted by メタルキング at 20:15| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

デヴィッド・リー・ロス、ソロ・アルバム3作品がリマスター再発!

デヴィッド・リー・ロス、ソロ・アルバム3作品がリマスター再発!

 オリジナル・ヴォーカリスト、David Lee Rothの復帰に伴うVan Halenのツアーなども報じられるも、
ベストを尽くせる状況でないと判断したEddie Van HalenのコメントがオフィシャルHPに掲載されるなど、
ファンとしてはヤキモキさせられる不透明な状況が続いておりますが、David Lee Rothのソロ・アルバム
3作品が最新のリマスターで再登場することになりました!
 名作『Eat'em And Smile』はスペイン語ヴァージョン『Sonrisa Salvaje』でのリイシューとなります。
CD化は今回が初!

引用元:HMV Japan

■『Sonrisa Salvaje』
元ヴァン・ヘイレンの看板ヴォーカリストだったデイヴ・リー・ロスの1986年度作。”カリフォルニア・
ガールズ”や”ジャスト・ア・ジゴロ”などを含む『クレイジー〜』EPを除けば本格的なソロ第一弾となる。
ヴァン・ヘイレンを離れてもデイヴのショウビズ魂は消えるどころか、余計にエスカレート。ここでも
個性をばっちり聴かせてます。ヒットした”ヤンキー・ローズ”収録。バックはスティーヴ・ヴァイ、
ビリー・シーン、グレッグ・ビソネットと超強力。

■『Little Ain't Enough』
スティーヴ・ヴァイとビリー・シーンとの離別を経て発表された3rdソロ・アルバム(1991年発表)。
ギタリストには、かつてマーティー・フリードマンとカコフォニーというコンビを組んでいたことでも
知られるジェイソン・ベッカーとスティーヴ・ハンター、ベーシストにはマット・ビソネットが迎えられている。
音的にはハード・ロックからデイヴ自身のルーツでもあるR&B路線へとシフトしているが、楽曲自体の
完成度は低くない。ジェイソン・ベッカーのプレイも控えめながら、随所でキラリと光るプレイを聴かせ
ている。レコーディング途中でジェイソン・ベッカーは病気の為バンドを去っている。

■『Your Filthy Little Mouth』
筋萎縮性側索硬化症という原因不明の難病のためバンド脱退を余儀なくされたジェイソン・ベッカーの
脱退を経て届けられた94年発表の4作目。ジェイソンに代わる花形ギタリストの招聘も行われておらず、
良くも悪くもデイヴの一人舞台といった印象。ハード・ロック色も著しく後退し、ブルースやR&Bテイストのが
曲が大半を占めるようになった。
posted by メタルキング at 18:47| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ジミー・ペイジ、「天国への階段」で有名なダブルネック・ギターが復活! ギブソンが販売に

ジミー・ペイジ、「天国への階段」で有名なダブルネック・ギターが復活!ギブソンが販売に

 ジミー・ペイジが「天国への階段」をプレイするのに使用したことで有名なギブソンのダブル
ネック・ギターEDS-1275('71年)が、36年ぶりに再製造された。レッド・ツェッペリン・ファンには
たまらないニュースだが、高価なリミテッド・エディションでの復活だ。
 レプリカ製造にはペイジ自身も協力。合計275本作られるうち、彼のサインが記された25本は、
レッド・ツェッペリンのDVDボックスやペイジのスペシャル・インタヴューが付き3万3,500ドル
(約385万円)で売りに出される。サインなしの250本でも1万から1万2,000ドル(115〜138万円)
という。
 Gibson.comには、ダブルネック・ギターを使い始めた経緯を語るペイジの音声インタヴューが
掲載されている。ペイジは「12ストリングスのアコースティックとエレクトリック・ギターの両方を
使ってレコーディングされた“Stairways To Heaven”をライヴでパフォーマンスしなきゃいけない
ことになって、ギブソンにこのギターを作ってもらった」と話している。ペイジ特注のダブルネック・
ギターEDS-1275は'71年に誕生。その後、チェッペリンの象徴ともなった。
 ギターは3月18日から発売。詳しくはギブソンのオフィシャル・サイトgibson.comまで。

引用元:BARKS
posted by メタルキング at 17:50| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

セバスチャン・バック(exスキッド・ロウ)、単独来日公演が決定! 6月初頭に東名阪

セバスチャン・バック(exスキッド・ロウ)、単独来日公演が決定! 6月初頭に東名阪

 元スキッド・ロウの爆裂フロントマン、セバスチャン・バックの来日公演が決定、6月初頭に
東名阪で4公演を行ないます。彼は昨年、UDO MUSIC FESTIVAL 2006に出演し、久々に
日本のファンの前に姿を見せましたが、単独公演としては実に9年ぶり。必ずやスキッド・ロウの
名曲を披露してくれるはずですので、ファンはお見逃しなく。公演の詳細はウドー音楽事務所まで。
 前回の来日時には『ブリング・エム・バック・アライヴ!』(98年)というライヴ盤をレコーディング、
新曲を追加してリリースしたものの、これ以降ソロ名義でのアルバムはナシ。しかし、カナダで4月に
放送されるテレビ番組『The Trailer Park Boys』では新曲の「(Love Is) A Bitchslap」をワールド・
プレミアで披露するとのことで、『Angel Down』と題された新作の制作は進んでいるようです。
ところで、バズは昨年からガンズ・アンド・ローゼズのツアーに帯同し、W.アクセル・ローズと
ほぼ毎回のように共演していますが、4月のGN'Rの来日公演には来るのでしょうか……?

<セバスチャン・バック来日公演日程>
6月1日(金) 名古屋・名古屋市民会館中ホール
6月2日(土) 大阪・松下IMPホール
6月4日(月) 東京・渋谷C.C.Lemonホール
6月5日(火) 東京・厚生年金会館
料金:\8,500(税込/東京公演のみS \8,500・A \7,500)

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:09| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

マリリン・マンソン、新作は“鬱のブラックホール”に陥った経験にインスパイア

マリリン・マンソン、新作は“鬱のブラックホール”に陥った経験にインスパイア

マリリン・マンソンの新作『Eat Me, Drink Me』は、“鬱のブラックホール”に陥った経験に
インスパイアされているそうだ。ディタ・ヴォン・ティーズとの関係が悪化し、「希望を持てない」
状況でアルバムをレコーディングしていたという。
 dotmusicによると、マンソンはこう話している。「去年の半分は、鬱のブラックホールに
陥ってた。何も作れなければ、何もできなかった。希望を失ってたよ」立ち直るきっかけと
なったのは、友人のこんな言動があったからだそうだ。「彼女、肉切り包丁を手にして
“さあ、私を刺しなさいよ”って言ったんだ。俺と一緒に堕ちようとしてる奴がいて、もうこれ
以上は堕ちたくないって思ったんだ」
 マンソンの6枚目のスタジオ・アルバムとなる『Eat Me, Drink Me』は、6月19日にリリース
予定。それに併せ5月末からヨーロッパ・ツアーを行なう。

引用元:BARKS
posted by メタルキング at 15:54| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

イアン・ギランが率いたバンド、ギランの4作品がリマスター&ボーナス曲入りで再発

イアン・ギランが率いたバンド、ギランの4作品がリマスター&ボーナス曲入りで再発

ディープ・パープルのシンガーとして知られるイアン・ギランが率いたバンド、ギラン名義の
作品群が英国・欧州で再発に。リリースされるのは1979年の『Mr. Universe』から81年の
『Double Trouble』までの4作品。発売は4月2日となっています。
 いずれの作品も、リマスターに加えてシングルB面曲をメインとするボーナス・トラックを追加。
『Mr. Universe』には1曲、『Glory Road』は2枚組仕様の完全版に2曲、『Future Shock』には8曲、
そして『Double Trouble』には5曲と、マニアなら無視できない内容になっています。なお、5月7日
にはこれに続いてイアン・ギラン・バンドの『Child In Time』と『Live At The Budokan』、ギランの
『Magic』も同様の仕様で再発予定とのことです。
 ちなみに、イアン・ギラン関連の作品としては彼の40年にわたる活動を振り返るドキュメンタリー
DVD『Highway Star: A Journey In Rock』が輸入盤でリリースされたばかり。貴重なライヴ映像
なども含まれていますので、コチラのチェックもどうぞ。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:15| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

ガンズアンドローゼズ「チャイニーズデモクラシー」延期でファンサイト激怒閉鎖! でも08年2月発売期待

ガンズアンドローゼズ「チャイニーズデモクラシー」延期でファンサイト激怒閉鎖! でも08年2月発売期待

ガンズ・アンド・ローゼズのファンサイト「GNRonline」が、バンドのニュー・アルバム
『Chinese Democracy』の再三の発売延期に抗議して閉鎖された。アルバムは3/6
にリリースが予定されていたが、実現せず。これに対して、サイトの管理人は不快
感をあらわにしたコメントを発表した。「敬意の念や明確さ、相互的な忠誠心の欠落
が原因で、こうした残念な結末を迎えることとなった。我々のことを考えてもいない
ようなプロジェクトに頭を無駄に使う余裕は持ち合わせてはいないのだ。我々はアク
セル・ローズおよび彼の作品を今でも信じたいと思っているし、『Chinese Democracy』
が'08年2月までに日の目を見ることを大いに期待している。もしそうなれば、我々はサ
イトを再オープンすべく最善を尽くすつもりだ。さもなければ、我々のドメインは失われ、
サイトは終わりを迎えることになるだろう」とサイトにはつづられている。

なんか発売延期じゃないと逆に裏切られた感じになってきた俺です
posted by メタルキング at 22:51| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

リンキン・パーク、約5年ぶりの新作を発表 リック・ルービン「プログレッシヴなレコードだ」

リンキン・パーク、約5年ぶりの新作を発表 リック・ルービン「プログレッシヴなレコードだ」

 リンキン・パークの新作がいよいよリリースに。『Minutes To Midnight』なるタイトルで、
米国で5月15日、その他の地域では5月14日の発売となっています。1stシングルは
「What I've Done」という曲になり、コチラは4月2日のリリース。プロデュースはマイク・シノダと
リック・ルービンが担当しています。
 オリジナルのスタジオ・アルバムとしては、2003年の『メテオラ』以来、約4年ぶりとなる今作、
14ヵ月にわたるスタジオ作業において100曲以上が用意されたとのこと。ベーシストのデイヴ・
“フェニックス”・ファレルは、「俺たちがこれまでにやってきたどんなものよりも多くのことを
注ぎ込んだ」とコメント。シノダは「バンド・サウンドの進化における突破口だ」とし、「新しい
方法で曲を書き、これまでに経験したことのない楽器やイクイップメントも使った。ヴィンテージの
ギターやアンプ、メロトロンからリックがビースティ・ボーイズの最初のレコード(86年の
『ライセンスト・トゥ・イル』)で使った808のドラム・マシンまでね」と制作の過程を明かしています。
 プロデューサーのルービンは「ラップ・ロックには聞こえない」、「非常にメロディックで……、
プログレッシヴなレコードだ」と語っており、その仕上がりに期待が高まるばかり。公式HPでは
間もなく“LPTV”と題された映像シリーズが公開されることになっており、新作の制作過程も
見ることができるそうです。また、バンドは5月6日にニュージャージー州で開催されるBamboozle
Music Festivalに出演する予定。その後は本格的な欧州ツアーを開始することになっており、
すでに英国のDownload Festivalでは2日目に当たる6月9日のヘッドライナーを務めることが
決定しています。いよいよ本格的に動き出したリンキン、注目です。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 19:51| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

メガデス、Roadrunner移籍第1弾となる新作が登場! 「A Tout Le Monde」のリメイクver収録

メガデス、Roadrunner移籍第1弾となる新作が登場! 「A Tout Le Monde」のリメイクver収録

 当初は昨年秋にリリースが予定されていたものの、延期となっていたメガデスの新作がいよいよ登場。
伝えられていた通り、『ユナイテッド・アボミネイションズ』というタイトルで、日本では5月2日、海外では
5月15日の発売予定となっています。
 Roadrunner Records移籍第1弾となるこのアルバムには、全11曲を収録。LOUD PARKを含む昨年の
来日公演ですでに披露されていた、「ワシントン・イズ・ネクスト」「ギアーズ・オヴ・ウォー」といった曲を
はじめ、なんと、94年の『ユースアネイジア』に収録された「ア・トゥー・ル・モンド」のリメイク・ヴァージョンも
含まれているとのこと。今回の「ア・トゥー・ル・モンド」には、ラクーナ・コイルの“メタル・ディーヴァ”こと
クリスティーナ・スカビアをフィーチャリングしているそうです。さらに、日本盤のみボーナス・トラックとして
レッド・ツェッペリンの「アウト・オン・ザ・タイルズ」のカヴァーも収録。その全貌に期待が高まります。
 なお、このアルバムは通常盤(RRCY-21285 税込\2,548)に加えてDVD付限定盤(RRCY-29141 税込
\3,500)も発売。そのDVDにはアルバムのメイキングやライヴ映像が収録されることになっています。
また、4月25日には最新のライヴDVD『ザット・ワン・ナイト〜ライヴ・イン・ブエノス・アイレス』とともに、
そのCD版(MICP-90028 税込\3,800)もリリースが決定。この春はメガデス関連の作品が続々と登場します。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 22:15| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

シン・リジィの継承者! アイルランドのグライダー(Glyder)が日本デビュー

シン・リジィの継承者! アイルランドのグライダー(Glyder)が日本デビュー

 話題沸騰のジ・アンサーに続き、またもアイルランドから期待のハード・ロック・バンドが日本
デビューを飾ることになりました。バンドの名はグライダー(Glyder)。1stアルバム『グライダー』の
日本盤(SBCD-1051 税込\2,625)は、ボーナス・トラック2曲に加えエンハンスド仕様となり、
Spiritual Beastから3月22日の発売予定です。
 UK・EU盤は昨年リリースされた今作は、輸入盤市場で大好評。“シン・リジィの遺伝子を受け継ぐ
”バンドとして話題になりました。アイルランドの出身、印象的なツイン・リード・ギター、ベーシストが
シンガーを兼ねる点、そのシンガーの語りかけるような歌唱法……と、シン・リジィに対する
リスペクトが作品全体から感じられる内容です。シン・リジィのファンであれば、アルバム冒頭の
リフを聴いただけでニヤリとさせられることでしょう。プロデュースを担当したのが、シン・リジィは
もちろん、ゲイリー・ムーアも手掛けたクリス・タンガリーデスという点も、バンドのアティチュードが
表われているかのようです。
 近年、クラシック・ロックの香りを漂わせるバンドが英国・アイルランドを中心に増えていますが、
このグライダーも今後が期待されているうちの一組。古くからのロック・マニアも若いファンも、
ご注目を。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 19:41| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HMの権化! マノウォー、最新作の国内発売が決定

HMの権化! マノウォー、最新作の国内発売が決定

ジョーイ・ディマイオ(b)率いるヘヴィ・メタル・バンド、マノウォーの最新作が日本でも
発売決定。『ゴッズ・オヴ・ウォー』というタイトルのこのアルバム、日本盤(MICP-10652
税込\2,600)はマーキー/アヴァロンより4月25日にリリースとなります。
 82年のデビュー以降、“Death to false metal(ニセモノのメタルに死を)”をスローガンに、
一貫して正統的かつ男臭いヘヴィ・メタルをプレイし続けている彼ら。今作でももちろん
その魅力は不変で、ヘヴィ・メタルとはなんぞや?という問いに対する答えが作品全体から
滲み出ているとか。すでにリリースされているEU盤は、通常盤に加えDVD付きの限定盤も
ありますが、日本盤は残念ながらDVDはなし。ただし、輸入盤とは異なるボーナス・トラックを
追加予定で、初回生産分のみスリーヴ・ケース仕様、ロゴ・ステッカー封入、そしてディスクは
ピクチャー・ディスクとなっています。
 欧州と日本ではなぜか人気に天と地ほどの差がありますが、このアルバムで93年以来と
なる来日公演の実現にも期待したいところ。そのためには今作のセールスが鍵となりそうです。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 15:07| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ホワイトスネイク、紙ジャケ第2弾が登場! リマスター&ボーナス曲入り

ホワイトスネイク、紙ジャケ第2弾が登場! リマスター&ボーナス曲入り

 ホワイトスネイクのリマスター&ボーナス・トラック入り紙ジャケット・シリーズですが、
第2弾の発売が決定しました。今回登場するのは、『ライヴ…イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ』、
『カム・アンド・ゲット・イット』、『セインツ・アンド・シナーズ』の3作品。発売は4月11日の予定です。
 注目のボーナス・トラックですが、『カム・アンド〜』にはラフ・ミックスなどのヴァージョン違いを
6曲、『セインツ〜』には未発表曲「ソウル・サヴァイヴァー」を含む3曲を追加。『〜イン・ザ・ハート・
オブ・ザ・シティ』にボーナス・トラックはありませんが、当初は日本のみの発売だった別のライヴ盤
『ライヴ・アット・ハマースミス』とカップリングした、英国仕様2枚組での紙ジャケ化となります。
さらにその『〜イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ』には、E式英国盤シングル・ジャケットに加え、
帯とステッカーを付けた『〜ハマースミス』のA式日本盤ジャケットも同梱されることになっており、
マニアも納得の仕様と言えるでしょう。
 なお、同日にはこの第2弾発売にあわせ、昨年5月にリリースされた第1弾3タイトル(『トラブル』、
『ラヴハンター』、『フール・フォー・ユア・ラヴィング』)の再プレスが決定。実に魅力的なボーナス・
トラックが含まれていますので、買いそびれていた方はこの機会にどうぞ。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:50| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンズ・アンド・ローゼズ、来日公演の詳細発表! 4月に幕張メッセ、名古屋、大阪

ガンズ・アンド・ローゼズ、来日公演の詳細発表! 4月に幕張メッセ、名古屋、大阪

 先日、ガンズ・アンド・ローゼズ(以下、ガンズ)の単独来日公演決定が発表されたが、今回は
その詳細日程が発表となった。
 4/14〜15の幕張メッセ公演からスタートさせ、4/18に名古屋、4/21〜22に大阪と計5公演が
行なわれる。
 2002年に夏フェス<SUMMER SONIC>のヘッドライナーとしてライヴを行なっているが、
単独公演としては14年ぶり。新作リリースも10年以上ないが全世界が注目しているバンドであり、
日本でも大人気のバンドの来日公演とあって、チケット争奪戦は必至だ。
 ガンズは1985年に結成。1987年にリリースした1stアルバム『Appetite For Destruction』は
全米ビルボード初登場182位だったが、50週間後に1位を獲得。スリリングなロックと
ヴォーカリストのアクセルのカリスマ性で大人気となる。が、同作品のジャケットデザインに
クレームが付き、十字架のタトゥー柄(アクセルの右腕のタトゥー)に変更したり、アクセルの
ビッグマウスぶりなどで話題に事欠かないバンドだった。その後、メンバーチェンジを経て、
1991年に2枚同時にオリジナルアルバム『Use Your Illusion I&II』をリリース。世界チャート
1位と2位を独占する。が、メンバーの不仲、ドラッグやアルコール問題など、相次ぐトラブルで
主要メンバーが脱退。オリジナルメンバーはアクセルのみに。それでもライヴは要所要所で
行なってきたが、10数年前から制作中といわれる『Chinese Democracy』はいまだリリース
されていない。
 そんななか、<Chinese Democracy World Tour 2007>と題したツアーを行なう事を発表。
日本を皮切りにガンズの今を世界中が目撃する事になる。
 オリジナル・メンバーでの再結成のウワサもあるようだが、来日日程の詳細のみで、メンバーの
発表はされていない。

引用元:BARKS
posted by メタルキング at 18:36| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ケリー・オズボーン、エイズ・チャリティ・ライヴで衝撃告白「家族の一人にHIV感染者がいる」

ケリー・オズボーン、エイズ・チャリティ・ライヴで衝撃告白「家族の一人にHIV感染者がいる」

 歌手のケリー・オズボーン(Kelly Osbourne)が18日、出演したエイズ・チャリティ・コンサートで
家族の一人にHIV感染者がいることを明かしたと英国のメディアが報じた。
 ハードロック・バンド、ブラック・サバス(Black Sabbath)の元フロントマンでミュージシャン、
オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)と妻で音楽プロモーター、プロデューサー、TVタレント
としても活躍するシャロン・オズボーン(Sharon Osbourne)の娘である現在22歳のケリーは、
オズボーン家の暮らしに密着したMTVのリアリティ番組「The Osbournes」で一躍有名になった。
ロンドン北部カムデンで行われた同コンサートに在席した写真家たちはステージを下りる前、
ケリーが泣きじゃくっているのを見たという。彼女の広報担当からのコメントは得られていない。

引用元:AFP BB News
posted by メタルキング at 21:51| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ガンズ・アンド・ローゼズ、オリジナル・メンバーで再結成!? S・アドラーが可能性をほのめかす

ガンズ・アンド・ローゼズ、オリジナル・メンバーで再結成!? S・アドラーが可能性をほのめかす

ガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、スティーヴン・アドラーが、オリジナル・メンバーでの
再結成の可能性をほのめかした。'90年にバンドを脱退したアドラーが、このたび自身の
MySpace上のインタビューにて、再結成の件でアクセル・ローズと接触したことを明らかにした。
「アクセルに会って、話をしたぜ。確か夜の10時とか12時から、朝8時までな。くだらねえ問題も
ごっそり解決してやったさ! で、俺がこう言ったんだ。『俺たち5人でまたやるべきだろ!
そうなったらまたメチャクチャ売れるぜ! これほどビッグなことはねえからな。史上最大の
再結成になるぜ』ってさ。ヤツはただニヤリとして、ちょっと笑ってたよ。ヤツのバンドのメンバーは
みな俺のところに来て、こう言うんだ。『アンタは最高のドラマーだ! アクセルには“オマエさんは
バンドを元に戻すべきだ”って忠告するぜ』とね」。アドラーはさらに、元ガンズのギタリストで
現在はヴェルヴェット・リヴォルヴァー在籍のスラッシュや、最近ガンズのツアーにたびたび
ゲストで登場している元ギタリストのイジー・ストラドリンとも、再結成に関する話をしたことを
明らかにしている。

引用元:VIBE
posted by メタルキング at 19:54| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

ガンズ・アンド・ローゼズ、14年ぶりとなる単独来日公演が決定! 詳細は近日発表

ガンズ・アンド・ローゼズ、14年ぶりとなる単独来日公演が決定! 詳細は近日発表

 ガンズ・アンド・ローゼズが、単独来日公演を行なうことが発表された。
 新作『Chinese Democracy』がリリースされる……と言われて10余年。ファンの首が伸びきった
ほどに待たせているその新作のリリースは、依然ないまま。そんな状態でガンズは昨年北米ツアーを
実施、ほかにもフェスティバルに参加していた。
 そんななか、ガンズが単独来日公演を行なうことが発表された! 2002年に来日し<SUMMER
SONIC 2002>にヘッドライナーとして出演したが、単独来日公演は1993年以来、14年ぶりとなる。
 ガンズの単独来日公演を発表したのは、この<SUMMER SONIC>を運営するイベント会社、
クリエイティブマン プロダクション。詳細は近日発表とのことだ。
 来日公演決定が発表された今、新作『Chinese Democracy』もついにリリースされるのか!?

引用元:BARKS
posted by メタルキング at 19:11| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

ガンズ・アンド・ローゼズ、4月に南アのフェスに出演 新作はその前の3月に出したいとコメント

ガンズ・アンド・ローゼズ、4月に南アのフェスに出演 新作はその前の3月に出したいとコメント

 ガンズ・アンド・ローゼズが、4月末に南アフリカで行なわれるフェスティヴァル<My Coke
Fest 2007>へ出演することになった。バンドはヨハネスブルグ(4月27日)とケープタウン
(5月1日)でパフォーマンスするという。
 ガンズ・アンド・ローゼズはこのフェスティヴァルの前に、新作『Chinese Democracy』を
リリースしたい(注:“する”ではない)と発表している。フロントマンのアクセル・ローズは
「約束ではない」としながらも、3月6日にリリースを予定しているとのメッセージを発表した。
 「これは約束でも嘘でも保証でもないが、我々は3月6日にリリースする予定でいることを
報告しておきたい」
 あとひと月だというに、オフィシャルな発表がなされていないのは気になるところだが、
アクセルが具体的なリリース日を口にしたのはこれが初めて。ちょっとだけ期待しても
いいかも……。
 <My Coke Fest 2007>には、ガンズのほか、エヴァネッセンス、フーバスタンクらも
出演する。

引用元:BARKS

今度こそ出す気はあるんでしょうか?出す出す詐欺みたいな感じです
posted by メタルキング at 17:55| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ジョー・リン・ターナーとグラハム・ボネット(アルカトラス名義)揃っての来日公演が決定

ジョー・リン・ターナーとグラハム・ボネット(アルカトラス名義)揃っての来日公演が決定

レインボーに在籍した2人のシンガー、ジョー・リン・ターナーとグラハム・ボネットが揃って来日、
ダブル・ヘッドライナーによる日本公演を行なうことになりました。5月30日(水)・31日(木)の
東京・Shibuya O-East、6月1日(金)の大阪・心斎橋クラブクアトロの3公演が決定しています。
料金はいずれも\7,000(税込)。
 ジョーのバンドには梶山章(g)を筆頭に、永川トシオ(key)、長谷川淳(b)、藤本健一(ds)に
よるジェラルドが参加、このところの日本公演ではお馴染みのメンバーとなっています。そして、
今回のグラハムはなんと、アルカトラス名義での来日。イングヴェイ・マルムスティーンや
スティーヴ・ヴァイのような有名ミュージシャンは参加していませんが、名曲の数々を披露して
くれることでしょう。セットリストはどうなるのか、2人の共演はあるのかなど、期待は膨らみます。
公演の詳細はザックコーポレーションまで。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 22:14| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

LINKIN PARK 4/30に3rdアルバムリリース決定!

LINKIN PARK 4/30に3rdアルバムリリース決定!

'03年の『Meteora』に続く彼らの3rdアルバム(タイトル未定)は、ジョニー・キャッシュ
の作品で知られるリック・ルービンと、バンドのリード・ヴォーカルの1人である
マイク・シノダが共同でプロデュースを担当。フロントマンのチェスター・ベニントンは、
このアルバムを次のように評している。「暗くて無気味、だがポップで非常に
メロディックでもある……過去に俺たちが鳴らしてきた数々の予想可能なサウンドから
今回は脱しているんだ。それでも、聴けばそれがリンキン・パークだってことに疑いの
余地はないはずさ」。

さらに、ルービンとの制作ついては、こんなコメントを残している。「リックがシンプル
なクラシック・ロックやヒップホップっぽい感じを作品にもたらしてくれてるんだ。
よりトライバルなサウンドを求めて、俺たちは木や皮でできたヴィンテージのギター
やドラムを使ってる。完全にニュー・メタルとは別物さ」。

なお、リンキン・パークはマイ・ケミカル・ロマンスやアイアン・メイデンとともに、
'07年度のダウンロード・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが先ごろ
発表されている。
posted by メタルキング at 20:50| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

ウリ・ジョン・ロートのエレクトリック・サン、諸作品が紙ジャケ化

ウリ・ジョン・ロートのエレクトリック・サン、諸作品が紙ジャケ化

“仙人”こと天才ギタリスト、ウリ・ジョン・ロートがスコーピオンズ脱退後に率いたグループ、
エレクトリック・サンの諸作品が紙ジャケット化されることになりました。リリースされるのは
79年の『天地震動〜ジミ・ヘンドリックスの魂に捧ぐ〜』、81年の『ファイヤー・ウインド』、
84年の『アストラル・スカイズ〜天空よりの使者』の3作品。発売は、全タイトル3月21日の
予定です。
 これらの作品は、海外では近年になって再発されたものの、日本盤はすでに入手困難。
今回の紙ジャケではオリジナルのLPを忠実に再現することはもちろん、音源は2007年版
最新リマスターを採用することになっています。また、ボーナスとしてプロモーション・ビデオを
エンハンスド収録するとのことです(詳細未定)。
 敬愛するジミ・ヘンドリックスからの影響を表に出しつつ、名曲「エノラ・ゲイ」のような
ドラマティックなナンバーも作り上げ、スコーピオンズでは表現しきれなかったウリの音楽的
欲求が存分に楽しめるこれらの作品。未聴の方もこの機会にどうぞ。なお、1月24日には
ウリの最新ベスト・アルバム『ザ・ベスト・オヴ・ウリ・ジョン・ロート』が発売されています。

引用元:CD Journal.com
posted by メタルキング at 18:34| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。