plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2010年06月01日

ロニー・ジェイムス・ディオの葬儀に仲間や1200名ものファンが集結 参列者の一部がロニーの持ち歌を披露する一幕も

ロニー・ジェイムス・ディオの葬儀に仲間や1200名ものファンが集結 参列者の一部がロニーの持ち歌を披露する一幕も
 
5月16日に67歳で胃がんで亡くなったロニー・ジェイムス・ディオの葬儀が30日、
ロスアンジェルスで行われた。
 ホール・オブ・リバティで行われた式には、ディープ・パープルの元ベーシストで
ロニーとともに80年代にブラック・サバスやディオで活躍したグレン・ヒューズらが
駆けつけた。
 ほかにもクイーンズライチのジェフ・テイト、クワイエット・ライオットのポール・
ショーティノらも参列したが、式が一般公開されてもいたため、1200名あまりの
ファンも式に加わったとAP通信は伝えている。
 ロニーの従兄弟でともにエルフで活動したデイヴィッド・ファーンスタインは
式でこう語った。「ロニーの音楽とメッセージ、そしてあのマジックはぼくたち
全員の心に響いたものです。ロニーがみんなのことを心から愛していたことを
わかっています。ロニーはみんなのロニーへの忠誠に対して深く感謝していました。
みなさんのことですよ、ファンのみなさんに対してそう感じていたのです」。
 また、式では参列者の一部らによってロニーの持ち歌も数曲披露され、エイジアの
ボーカルのジョン・ペインがブラック・サバスの“ヘヴン・アンド・ヘル”を歌うなど
という一幕もあった。
 一方、会場の外ではロニーが悪魔崇拝と結託していたとするカルト教団、
ウェストボロ・バプティスト教会の信者たちによって小規模な抗議集会も開かれた。

ソース:RO69
http://ro69.jp/news/detail/35455
ロニー・ジェイムス・ディオ公式サイト
http://www.ronniejamesdio.com/
posted by メタルキング at 22:40| Comment(27) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

過去30年の偉大なギタリスト・トップ10・・・1位ジョン・フルシアンテ、2位スラッシュ、3位マット・ベラミー

 BBC 6ミュージックが、過去30年の偉大なギタリストを決めるリスナー投票を実施。
元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテが1位に選ばれた。

 オンライン投票には3万人が参加。過去30年と限定したことで、
ジミ・ヘンドリックスやジミー・ペイジ、エリック・クラプトンなどの
歴代ベスト・ギタリストとはべつのモダン・エイジの優れ者が顔をそろえた。

 BBC 6ミュージックのリスナーが選んだ
過去30年のギター・ヒーロー・トップ10は以下の通り。

1.ジョン・フルシアンテ(元レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
2.スラッシュ(ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)
3.マット・ベラミー(ミューズ)
4.ジョニー・マー(元ザ・スミス、ザ・クリブス)
5.トム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)
6.カーク・ハメット(メタリカ)
7.ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)
8.プリンス
9.ジャック・ホワイト(ホワイト・ストライプス)
10.ピーター・バック(R.E.M)(続きます)

ソース:BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000060123

2009年末にレッチリを脱退したフルシアンテは、今年初め10枚目のソロ・アルバムをリリースしたほか、
デュラン・デュランのジョン・テイラー(B)らとニュー・プロジェクトSwahili Blondeを結成。
夏にデビュー・アルバム『Man Meat』を発表する。

 2位に選ばれたスラッシュが素晴らしいギタリストであるのは広く認知されているが、本人はこんな謙遜の言葉を…。
「俺がギター・レジェンドだと考える人はみんな、エレクトリック・ギターやロックンロール・ギター、
ブルース・ギターのパイオニアでもある。
だから、俺は自分自身をそのレジェンド・カテゴリーに当てはめることはできない」

 また、スウェードの元ギタリスト、バーナード・バトラーは、ジョニー・マーに投票したという。
「彼が出演するTVやビデオはなんでも見てた。画像を止めて、彼の指を研究してたよ。
彼は何百万もの技を使ってたからね。ものすごい勉強になったよ」と話している。
そのマーはリストに登場したことに「信じられない」とコメントしている。(了)
posted by メタルキング at 18:05| Comment(5) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、スティーヴン・アドラーが暴露本を出版へ

 ガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、スティーヴン・アドラーが暴露本
「My Appetite For Destruction: Sex, And Drugs, And Guns N' Roses」を
出版することがあきらかとなった。
 ガンズ・アンド・ローゼズのオリジナル・メンバーとして知られるアドラーは、
数々の問題行動の末、90年にバンドを解雇されている。今回出版される
暴露本には、自身のドラッグ中毒を発端としたメンバー間のトラブルや、
バンド側との印税をめぐる訴訟など、彼から見たガンズの内情が赤裸々に
綴られている模様だ。発売日は、米国で6月22日の予定となっている。
 なお、彼が率いるアドラーズ・アペタイトは、現在スタジオでニュー・アルバムを
レコーディング中。アドラーは新作について、「楽曲は素晴らしい出来。いまの
メンバーになって前進することができたし、とても気分がいいんだ。長い時間が
かかったけれど、待った甲斐があるものになるよ」とコメントし、かなりの自信を
窺わせている。制作作業が順調に進めば、春から夏にかけてのリリースとなる
見込み。また、この新作を引っ提げたヨーロッパ・ツアーも計画しているとのことだ。

ソース:TOWER RECORDS ONLINE
http://tower.jp/article/news/3467
アドラーズ・アペタイト公式サイト
http://www.adlersappetite.com/
アドラーズ・アペタイトMyspace
http://www.myspace.com/stevenadlersite
posted by メタルキング at 04:20| Comment(4) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

エクストリーム、初のライヴCD&DVDをリリース! 09年ボストン・ライブの模様を収録

 2008年に13年ぶりの復活作『サウダージ・デ・ロック』を発表、再び世界中の
ファンを熱狂させたエクストリーム(EXTREME)がライヴ・アルバム『Take Us Alive』を
リリースします!
 意外にもバンドがオフィシャルでライヴ作品をリリースするのは今回が初。
収録されるのは、2009年8月8日に行なわれた地元ボストンでのライヴの模様。
CDは2枚組で、付属のDVDにはライヴ本編に加え、『サウダージ・デ・ロック』
からのビデオ・クリップも収録される予定です。
 発売は日本盤(2CD+DVD:VIZP-90 税込7,140円 / 2CD:VICP-64809〜10
税込3,150円)が3月24日。劇的な復活を遂げたエクストリームの躍動感溢れる
ステージをCD / DVD作品としてもお楽しみください!

ソース:CDJournal.com
http://www.cdjournal.com/main/news/extreme/28887
エクストリーム公式サイト
http://extreme-band.com/
posted by メタルキング at 13:34| Comment(3) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【音楽】エアロスミスのスティーヴン・タイラー、レッド・ツェッペリン再結成公演のオーディションを受けていたことがあきらかに

【音楽】エアロスミスのスティーヴン・タイラー、レッド・ツェッペリン再結成公演のオーディションを受けていたことがあきらかに

 エアロスミスのフロントマン、スティーヴン・タイラーが、レッド・ツェッペリンへの
加入を希望してオーディションを受けていたことがわかった。
 ツェッペリンは'07年、一夜限りの再結成公演のため追加メンバーのオーディションを
行なっており、当時エアロスミスのメンバーとの関係が悪化していたスティーヴンが、
これに臨んだという。
 エアロスミスのギタリスト、ジョー・ペリーは英『クラシック・ロック・マガジン』との
インタビューで、「('07年に)スティーヴンが突然行方をくらましたから、俺はいろんな
ところに電話したんだ。そしたら誰だったか、ヤツがツェッペリンのオーディションの
ために、ロンドンにいるって教えてくれたのさ。(スティーヴンと)そんな話はしたことが
なかったんだぜ。まあ、こういった出来事は初めてじゃなかったし、それが俺たちの
関係の悪化につながったのかもな」と、この衝撃的な事実を認めている。
 ジョーはさらに、ツェッペリンのギタリストのジミー・ペイジが、スティーヴンとの
セッションは“乱雑”で、この伝説的バンドの作品にも不勉強だったと話していた
ことも告白。このため、バンドは結局、彼の加入を見送ったという。
 このところ薬物依存のリハビリのため、バンド活動から離れているスティーヴン。
残りのメンバーは新たなヴォーカル発掘も辞さないとしているが、彼は代理人を通じて
「ミック・ジャガーをローリング・ストーンズからクビにするなんてありえないだろう。
エアロスミスにとって、俺も同じ存在なんだ」と伝え、これを止めるよう懇願しているという。
とはいえ、失った信頼を仲間から取り戻すのは、なかなか難題といえそうだ。

ソース:VIBE
http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html
posted by メタルキング at 13:27| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

メタリカのチリ公演で暴動!100人以上が逮捕される!当局は今後、メタルバンドのライブを禁止することを検討中!

1月26日(火)、メタリカのチリ公演で100人以上が逮捕される暴動が起きた。メタリカが同国で
パフォーマンスするのはおよそ10年ぶり。そのためか、5万5,000人収容ではことたりず、チケットを
持たない2,000人が会場に押しかけたという。

警察は会場内に乱入しようとする人々を放水で制し、治安を乱す行為、公けの場での酩酊状態、
薬物所持などの容疑で120人近くを逮捕したという。警官1人が負傷したそうだ。
チリの新聞『El Mercurio』紙によると、会場の外とはうって変わり中では平穏にパフォーマンスが
行なわれたとのこと。76歳の女性の姿もあったらしい。

南米では、昨年3月、コロンビアで開かれたアイアン・メイデンのコンサートでも同様の暴動が起こり
100人以上が逮捕されている。コンサートは無事行なわれたものの、当局はことを重大に受け止め、
同会場(首都ボゴタ市内の公園)で今後ヘヴィ・メタル・バンドのコンサートを禁止することも検討中だと
伝えられた。

メタリカさん
http://img.barks.jp/image/review/1000042930/300.jpg

http://www.barks.jp/news/?id=1000057898
posted by メタルキング at 11:08| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ホームセンターの店内マイクで突然熱唱

鎮痛剤中毒のためリハビリ中と言われているエアロスミスのボーカル、スティーヴン・
タイラーが、週末のホームセンターに買い物に来た客に歌声を披露したらしい。
 TMZ.comによると、スティーヴンはカリフォルニア州ランチョ・ミラージュにある
ホーム・デポを訪れ、店内放送用のマイクを使い、突然アカペラで歌い始めたとのこと。
スティーヴンは“Dude Looks Like a Lady”と映画『アルマゲトン』のメインテーマ
“ミス・ア・シング”の一部を歌い、店内にいた従業員と客は楽しんだようだ。その後、
ヘリウムガスを吸って声を高くしたスティーヴンはビージーズの曲を歌いながら
サインに応じていたとのこと。リハビリも順調なのかもしれない……それとも逆?

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0022051
エアロスミス公式サイト
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 09:05| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ガンズ・アンド・ローゼズ、公演でファンがスラッシュのTシャツなどを着用するのは禁止!? バンド側は否定

2010年1月中旬カナダで行なわれたガンズ・アンド・ローゼズの公演で、オーディエンスは
スラッシュのTシャツや彼のトレードマークであるトップハットの着用を禁じられたとの
報道があったが、バンドのマネージャーはこれを否定するコメントを発表した。
 TMZ.comは、警備員がオーディエンスの服装をチェックし、スラッシュのTシャツを着た
人は裏返しにするよう、トップハットは預けるよう指示されたと伝えた。警備員は、
マネージメントから指示されたと同サイトに認めたそうだが、バンドのマネージャーは
これを否定するコメントを掲示板に掲載したという。
 「このような格好を禁じるよう警備員に指示していない。もし彼らがそうしたなら、それは
彼ら独自の決断、もしくは誰かべつの者からの要請だ」
 TMZ.comは、服装を指摘された大半の人は大人しく指示に従ったものの、中には会場を
後にする人もいたと伝えている。
 ガンズ・アンド・ローゼズは現在もカナダ・ツアー中。スラッシュ禁止令が出たと噂されたのは
13日の公演だった。その後も同国内で数回コンサートが開かれているが、そういった話は
出ていない。

ソース:BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000057647
ガンズ・アンド・ローゼズ公式サイト
http://www.gunsnroses.com/
posted by メタルキング at 23:04| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

約92億円!? スラッシュ、ガンズ・アンド・ローゼズのリユニオンに対する巨額オファーを断る

 スラッシュは、オリジナル・メンバーでのガンズ・アンド・ローゼズのリユニオンに
対する巨額オファーを蹴ったそうだ。その額なんと、1億ドル(約92億円)だったとも
いわれる。
 スラッシュは『GQ』マガジンでこう話した。「俺が(バンドを)去るころには、事態は
相当、険悪だった。“戻ってみるのもいいかも”なんてこと思ったことない。いいわけ
ないのは、わかってるからな!」「リユニオンが実現する前に、俺ら2人のうちの
どっちかは死んでるよ」
 また、オファーの額を問われると「正確な数字は覚えてない。でも、どえらい額だ。
7,8ケタあったな」と明かし、1億ドル以上だったのかとの問いに「イエス」と答えたそうだ。
 リユニオンするつもりはないものの、あれだけ素晴らしかったラインナップがもう
存在しないことを残念に思う気持ちはあるという。彼はこうも話した。「あんなに
いいものが、もう存在しないっていうのは悲しいよ。俺ら両方とも生きてる、同じ星に
いるっていうのにな」「ステージでの俺らは、一丸となっていた。でも、ステージを降りると、
一緒の部屋にはいられない、曲作りなんかできないってとこまできていた」
 いまはガンズどころかヴェルヴェット・リヴォルヴァーからも離れソロ・デビュー・
アルバムを制作中のスラッシュ。Twitterに掲載されたメッセージによると、アルバムは
4月のリリースが予定されているそうだ。ツアーの日程も間もなく発表するという。

ソース:BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000057198
スラッシュ公式サイト
http://www.slashonline.com/
posted by メタルキング at 18:53| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

ベスト・ギター・リフ、トップ10発表! 1位はジミ・ヘンドリックス「Voodoo Child」 2位にガンズ「Sweet Child O' Mine」

 数々の名曲がある中、今回1位に輝いたのはジミ・ヘンドリックスの「Voodoo Child」。
ガンズ・アンド・ローゼズの「Sweet Child O' Mine」が2位に選ばれた。Music Radarの
編集者は、ヘンドリックスを「議論の余地がない、ロック・ギターのヘヴィウェイト・
チャンピオン」と評している。
 そして、数多くの名リフを持つレッド・ツェッペリンは「Whole Lotta Love」が3位に
登場した。これまたギターの神様、エリック・クラプトンはお馴染み「Layla」が4位に
選ばれている。

 Music Radarのリーダーが選んだ、ベスト・ギター・リフ・トップ10は以下の通り。
1.ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「Voodoo Child」
2.ガンズ・アンド・ローゼズ「Sweet Child O' Mine」
3.レッド・ツェッペリン「Whole Lotta Love」
4.ディープ・パープル「Smoke On The Water」
5.デレク&ザ・ドミノス「Layla」
6.AC/DC「Back In Black」
7.メタリカ「Enter Sandman」
8.ザ・ビートルズ「Day Tripper」
9.ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」
10.ザ・ローリング・ストーンズ「(I Can't Get No) Satisfaction」

 レッド・ツェッペリン(「Heartbreaker」17位、「Black Dog」19位)は3曲が、AC/DC
(「Highway To Hell」16位)は2曲がトップ20入り。クラシックな名曲が大半を占めたが、
新しいところでは、ミューズの「Plug In Baby」が12位に、ホワイト・ストライプスの
「Seven Nation Army」が15位に登場している。
 50曲全リストは、Musicradar.comでチェックできる。

ソース:BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000055874
Musicradar.com
http://www.musicradar.com/
posted by メタルキング at 21:47| Comment(7) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

“メタル界の大御所”ロニー・ジェイムス・ディオ、胃ガンを患っていることがあきらかに

ディオやヘヴン・アンド・ヘルといったバンドでの活動で知られるメタル界きっての
実力派ヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオが、胃ガンを患っていることが
あきらかになった。
 現在67歳のロニーは、11月に予定されていたヨーロッパのツアーを入院のために
急遽キャンセルしていた。この段階では病状はあきらかにされていなかったが、
先頃オフィシャルサイトにて、胃ガンと診断されたことが正式に発表された。
 幸いにも早い段階で腫瘍を発見できた模様で、直ちに手術による除去を予定
しているとのこと。具体的な回復の時期はまだ不明だが、彼はステージに戻ることを
切望しているようで、体調が整い次第音楽活動を再開することを約束している。
 手術が無事に成功し、一刻も早く彼の復帰が実現することを祈ろう。

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/21194
ロニー・ジェイムス・ディオ公式サイト
http://www.ronniejamesdio.com/
posted by メタルキング at 21:59| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

スティーヴン・タイラー脱退は本当だった エアロスミスがボーカルを募集

スティーヴン・タイラー脱退は本当だった - エアロスミスがボーカルを募集

エアロスミスのスティーヴン・タイラーがバンドを脱退しソロに転向したと海外の複数のメディアが報じているが、
ギタリストのジョー・ペリーが自身のTwitter上に新しいボーカリストを募集する旨をポストし話題を呼んでいる。

タイラーとメンバーの不和はかねてより噂されてきたが、ペリーは40年間に及ぶ確執を徐々に語り始めている。

驚くべきことに、タイラーはペリーと曲作りすることを10年以上もの間拒否していたという。
数カ月前、タイラーは「ずっとやりたかったソロ活動に集中したい」と訴え、メンバーとの連絡を取らなくなっていた。
最後にペリーが電話した際は一方的に通話を切られてしまったとか。

埋めがたい溝を抱えながら強行した夏のツアーでは、タイラーがステージから落下して負傷したが、
メンバーの誰も病院に同行しなかったという。ツアーはそのまま打ち切りになった。
ここ数週間はハワイやアブダビで行うライブのために再び集まって活動していたが、
タイラーがイギリスの音楽雑誌に今後は自分のソロ・プロジェクト「Brand Tyler」に集中していくとの
コメントを勝手に発表するなど、バンド内の亀裂は誰が見ても明らかなものになっていた。

ペリーはTwitterで「エアロスミスは解散しない」とも明言。
タイラーの後任は一体誰が務めることになるのか、動向に注目したい。

■ソース:マイコミジャーナル 2009/11/10
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/10/032/index.html

■Aerosmith's Official Site
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 17:48| Comment(2) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イングヴェイ・マルムスティーン、マイケル・ジャクソンのヒット曲「今夜はビート・イット」をカヴァー

 驚異的な速弾きとクラシカルな旋律で人気のギター・ヒーロー、イングヴェイ・
マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)がサプライズなカヴァー曲を発表!
今年6月に急逝したマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の大ヒット・ナンバー
「今夜はビート・イット(Beat It)」をカヴァーします。
 同曲は、自身が主宰するRising Force Recordsより12月8日(海外)に発売される
最新コンピレーション・アルバム『High Impact』にボーナス・トラックとして収録される
予定。同曲のヴォーカルには、昨年発表のアルバム『パーペチュアル・フレイム』にも
起用されたティム・“リッパー”・オーウェンズ(ジューダス・プリースト、アイスド・アース)が
起用されています。ここでしか聴けない驚くべきカヴァー曲、一体どんなアレンジと
なっているのか、仕上がりに期待です! アルバム『High Impact』は同曲を含んだ
全14曲入り。

ソース:CDJournal.com
http://www.cdjournal.com/main/news/yngwie-malmsteen/27225
イングヴェイ・マルムスティーン公式サイト
http://www.yngwiemalmsteen.com/
posted by メタルキング at 00:23| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

メガデスのデイヴ・ムステイン、AC/DCについて語る「彼らは音源よりもライヴで変化するバンドだと思うよ」

 スラッシュ・メタル界の頂点に立つMEGADETHのフロントマン、デイヴ・ムステインがAC/DCに
ついて語っている記事がMetalhammerのblogに掲載!AC/DCへの敬意や自分達との違いに
ついて熱く語っています。
「俺はAC/DCが大好きで、長年彼らのファンなんだ。彼らは音源よりもライヴで変化する
バンドだと思うよ。俺たちはライヴもだけど、音源がとにかく変化するバンドだな!」
「俺たちがドイツにいるとき、ボン・スコットの命日だったことがあって、"Problem Child"を
演奏したんだ。でも、歌ってる最中で歌うときのボンの声はすごく高かったことに気付いた。
だから、演奏後にショーン(ドラム)に『二度とやらせないでくれよ』って言ったんだ。ハッハッ!」
 そして、9月9日にはMEGADETH待望のニュー・アルバム『ENDGAME』が発売!お楽しみに!

ソース:Roadrunner Records
http://www.roadrunnerrecords.co.jp/page/News?news_id=81132
posted by メタルキング at 20:23| Comment(12) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズ、マネジャーとすったもんだの解雇劇を展開!?

ガンズ・アンド・ローゼズのフロントマン、アクセル・ローズが、マネジャーの行動に
腹を立ててクビを言い渡したという。しかしその後、彼を再雇用。これを1ヵ月に3度も
繰り返したというのだ。報道によると、マネジャーのアーヴィング・エイゾフがバンドの
’08年のアルバム『Chinese Democracy』の再プロモーションを試みたことにアクセルが
激怒し、こうした解雇劇が繰り広げられたという。同アルバムは’08年11月のリリース
当時、ガンズの17年ぶりのオリジナル・アルバムとして大きな注目を集めたものの、
セールスは思うように伸びず、全米ナンバー1も獲得できずじまいだった。これを
挽回しようと試みたエイゾフに対し、「アクセルはそれ(『Chinese Democracy』)には
もう関与したくないと思っています。家から出るのも嫌がっているのです」と情報筋は
『ニューヨーク・デイリー・ニューズ』紙に対立の様子を暴露。しかし、エイゾフの
代理人は両者の仲違い報道を完全否定。「アクセルとは毎日、連絡をとっていますよ。
我々は今後も彼およびガンズ・アンド・ローゼズをサポートし続けていこうと考えています」
とコメントしている。一方で、ガンズはこの夏、問題のアルバム『Chinese Democracy』を
引っ提げてカムバック・ツアーに出るとのウワサもささやかれているが、正式な発表は
出されていない。

ソース:VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=00381491
ガンズ・アンド・ローゼズ公式サイト
http://www.gunsnroses.com/
posted by メタルキング at 11:10| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

エアロスミスのスティーヴン・タイラーが自伝執筆!「1,600ドルの入ったかばんを拾った」ことなどを明かす

 60代になっても現役で活躍し続ける人気ロックバンド、エアロスミスのフロントマン、
スティーヴン・タイラーが自伝小説「Does the Noise in My Head Bother You?」(原題)に
ついてニューヨークで開催されたアメリカ・ブック・エキスポで語った。
 本作は、彼の幼少期から、エアロスミスの隆盛期、そして自身の恋愛や家族や
ドラッグ問題にも触れた赤裸々な内容となっている。アメリカの大手出版社ハーパー・
コリンズは、この自伝に2億円の出版権を払うなど、アメリカでは話題となった。
 ロックスターである彼の一日は、一般人にはまったく想像がつかない。普段は
どういった暮らしをしているのだろう? 「そうだなぁ。前日がライブだったら、だいたい
次の日は11時くらいに起きて、12時前には朝食。12時にはジムで運動して、家に戻って
シャワーを浴びて、15時くらいにはジェット機で別のコンサート会場に移動だな。会場の
バックステージには、3時間前くらいに行き、関係者に会ってあいさつして、それから
約2時間、会場でライブ。終わったらシャワーを浴びて、車に乗ってホテルに戻ったら、
大概は夜中の3時くらいにはなっているんだ。これがツアー中の日課かな」と教えてくれた。
 そんな日々の中で、いつ自伝を書いたのだろうか? 「ツアーの合間をぬってだよ。
去年の夏、オレの母親が亡くなってね。そのときに、今なら書いてもいい時期じゃないかと
思ったんだ。ちょうど時間的にも余裕があったし。それに、母の死に直面したことで、
自分がどれだけ生きられるのだろうかって考えたのも一因ではあるよね」と述懐する。
さらに「1,600ドルの入ったかばんを拾ったことや、マリファナや古着の話。
『ドリーム・オン』を作詞したときのこととか、たくさんのエピソードがあるよ。実は
エピソードがたくさんあり過ぎて本はまだ完成していなくて、今も執筆中なのさ!」と
ロックスターらしいコメントをくれた。
 自伝を執筆したことで、家族のことを改めて考えたというタイラー。アメリカでは
10月27日に発売される予定だ。

ソース:シネマトゥデイ
http://cinematoday.jp/page/N0018423
エアロスミス公式サイト
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 08:52| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

メタルの祭典「LOUD PARK 09」出演アーティスト第1弾発表! ジューダス・プリースト、スレイヤー、メガデスら10組

10月17日(土)、18日(日)に幕張メッセにて開催される日本最大級のメタル・フェスティヴァル
〈LOUD PARK 09〉。その出演アーティスト第1弾が発表された。
 今回出演が決定したのは、ジューダス・プリースト、スレイヤー、ロブ・ゾンビ、メガデス、
アーク・エネミー、フェア・ウォーニング、ナパーム・デス、OUTRAGE、ポイズン・ザ・ウェル、
ラザラスA.D.の10組。ヘッドライナーとして〈LOUD PARK〉に初参戦するメタル・ゴッド=
ジューダス・プリーストや、ソロとしては待望の初来日となるロブ・ゾンビをはじめ、シーンを
代表する大物アクトが集結した超豪華ラインナップとなっている。
 なお、今年は会場を3年ぶりに幕張メッセに戻すことで、過去2回のさいたまスーパー
アリーナ公演では実現できなかった3つ目のステージが復活。参加バンド数の大幅な増加も
期待できそうだ。
 チケットの一般発売は8月2日(日)よりスタート。それに先駆けて、クリエイティブマンの
3A会員先行予約が6月9日(火)より実施されるので、いち早くチケットをゲットしたい熱烈的な
メタル・ファンはぜひチェックしよう!

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19886
LOUD PARK 09
http://www.loudpark.com/09/
posted by メタルキング at 21:13| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ザック・ワイルド、ナゲッツ対レイカーズの試合でアメリカ国歌を披露

 オジー・オズボーンのバンドへの参加で頭角を現し、現在はブラック・レーベル・ソサエティで
活躍するスーパー・ギタリスト、ザック・ワイルド。彼が、NBAの試合でアメリカ国歌を演奏した。
 彼が演奏を披露したのは、5月29日に米コロラド州デンバーにて行なわれた西カンファレンス・
プレイオフ決勝の第6戦〈デンバー・ナゲッツ対ロサンゼルス・レイカーズ〉の試合会場。
ザックはコートの中央でアメリカ国歌“The Star Spangled Banner”を豪快にプレイし、
ティップオフに向けて興奮の高まっている会場をさらに熱く盛り上げた。
 ちなみに試合は、レイカーズが地元のナゲッツに快勝、ファイナルへと駒を進めた。この時の
演奏の模様は、ブラック・レーベル・ソサエティのオフィシャルサイトにて公開されているので、
気になる方は是非ともチェックを!!

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19876
ブラック・レーベル・ソサエティ公式サイト
http://www.blacklabelsociety.net/index.php
“The Star Spangled Banner” 視聴ページ
http://www.blacklabelsociety.net/modules.php?name=News&file=article&sid=150
posted by メタルキング at 20:43| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

スラッシュ、ソロ・アルバムにガンズ時代のバンド・メイトだったイジー・ストラドリンが参加

 元ガンズ・アンド・ローゼズの中心メンバーで、現在はヴェルヴェット・リヴォルヴァーで
活躍するギタリスト、スラッシュ。彼の自身初となるソロ名義のアルバムに、ガンズ時代の
バンド・メイトだったイジー・ストラドリンが参加していることが明らかとなった。
 これは、彼のTwitter上で明らかにされたもので、スラッシュは「(今レコーディングしている
トラックに)イジーがリズム・ギターで参加したよ。最高にクールだ」とのコメントを発している。
現在レコーディング中の同アルバムは、元ナイン・インチ・ネイルズのジョシュ・フリース
(ドラム)、元ジェーンズ・アディクションのクリス・チェイニー(ベース)という主要演奏陣に加え、
オジー・オズボーン、アヴェンジド・セヴンフォールドのM.シャドウズ、元ガンズ・アンド・
ローゼズのスティーヴン・アドラーのゲスト参加も決定。
 また、プロデュースは、グッド・シャーロットやサード・アイ・ブラインドらを手掛けてきた
エリック・ヴァレンタインが担当している。豪華な顔ぶれが続々と集結しているだけに、
その完成が待たれるところだ。現時点では、2010年初頭のリリース予定。引き続き、
続報に注目しよう。

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19853
スラッシュ公式サイト
http://slashonline.com/
スラッシュMyspace
http://www.myspace.com/slash
posted by メタルキング at 19:31| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの元ローディーが死の真相を告白!?

若くして亡くなった伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの死について、
元ローディーの男性が発表した新説が大きな話題を呼んでいる。
 
 英「Mail On Sunday」紙が伝えたところによると、ヘンドリックスの死について告白をしたのは、
彼の元ローディーであったジェームス・タッピー・ライト。

ジェームスは、自身の著作「Rock Roadie」において、ヘンドリックスを殺したのは
当時のマネージャーであったマイケル・ジェフリーと告白。

ジェフリーがマネージャーを解雇されることを恐れての行為だったという。
同著作では、1973年に飛行機事故で死去したジェフリーが、ヘンドリックスの死の1年後の1971年に、
ジェームスに対し「ヘンドリックスに大量の睡眠薬をワインで飲ませた。やらなければならなかったんだ。
ヘンドリックスは生きているより死んでくれたほうがずっと役にたったんだ」と殺人を告白するのを聞いたとしている。
ただし、本では客観的な証拠はなにも示されてはいない。
 
 ヘンドリックスは、1970年9月18日、ロンドン市内のホテルで死亡。
その死因については、睡眠薬の多量摂取による呼吸困難が有力であるとされているが、
ヘンドリックスの肺や胃から多量のワインが検出されるなど謎も多く、その真相については不明となっている。

JIMI HENDRIX オフィシャルサイト
http://www.jimi-hendrix.com/

http://www.bounce.com/news/daily.php/19824/headlineclick
posted by メタルキング at 19:03| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

オジー・オズボーン、印税の支払いをめぐりブラック・サバス時代メンバーのトニー・アイオミを訴える

オジー・オズボーンが、印税の支払いをめぐりブラック・サバス時代のバンド・メイト、
トニー・アイオミ(G)を訴えた。オジーは、アイオミがバンド名の使用権利を独占すると
主張していることに不満を示している。
 アイオミは、オジーが80年代にバンド名の使用権利を法的に放棄したと主張、
90年代にブラック・サバスの名前でツアーを行なっただけでなく、2000年にアメリカで
ブラック・サバスを登録商標している。オジーは、その登録商標の共有権、利益損失、
賠償などを求めているそうだ。
 BBCによると、この訴訟に関しオジーは以下のような声明を発表したそうだ。「トニー、
君を訴えるところまで行かなくてはならなかったのは残念だ。俺たち全員、長いこと
一生懸命働いてきたわけで、自分らの顔、ブラック・サバスのアルバム・カヴァー、
バンド・ロゴをフィーチャーした商品を君に売らせるわけにはいかない。その版権を
自分だけが所有してるって言うのか」
 オジーは、4人のオリジナル・メンバーが平等にブラック・サバスの名前使用権利を
持つはずだと主張している。またオジーの弁護士も、オジーが名前の権利を放棄した
という説に異議を唱えている。万が一そのような約束をしていたとしても、バンドに
おけるオジーの役割は大きいとしている。
 オジー側は火曜日(5月26日)、ニューヨークの連邦裁判所にて訴訟を起こしたという。

ソース:BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000049826
オジー・オズボーン公式サイト
http://www.ozzy.com/
ブラック・サバス公式サイト
http://www.blacksabbath.com/
posted by メタルキング at 16:35| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

交際順調のマリリン・マンソン、“二重あご”は幸せ太りのせい?

12日、ハリウッドの日本食レストラン「Katsuya」を後にするマリリン・マンソン。横には現在の
恋人でモデルのIsani Griffithさんの姿もあった。元恋人で女優のエヴァン・レイチェル・ウッド
との復縁説がささやかれるマンソンだが、Griffithさんとの交際はどうやら順調のようだ。

 それにしても“二重あご”がくっきりと見えるマンソン、少し太ったような気がするが…。
(c)Fame Pictures/VAH
http://www.web-tab.jp/article/6940/
http://ca.c.yimg.jp/annex/1242526024/netallica.yahoo.co.jp/images/content/-/51222.jpg

参考画像
http://www.imagehuge.com/out.php/i3018_marilynmanson012.jpg
posted by メタルキング at 13:21| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

スラッシュ・メタルの祭典「THRASH DOMINATION」の拡大開催決定! エクソダス、テスタメントら強力4バンドが日本各地で激突

 今年で6年目を迎えるスラッシュ・メタルの祭典〈THRASH DOMINATION〉。同イベントの
出演バンド&公演詳細が発表された。
 bayfm 78「POWER ROCK TODAY」の20周年を記念した今年の〈THRASH DOMINATION〉は、
例年より規模を拡大し、日本各地で6日間にわたり開催。エクソダス、テスタメント、クリーター、
ヒーゼンという強力4バンドが、川崎、大阪、名古屋で激烈パフォーマンスを繰り広げる。
中でもエクソダスは、自身が1985年に発表した名盤『Bonded By Blood』の完全再現スペシャル・
セットを予定しているだけに、見逃せないステージとなりそうだ。また、ヒーゼンは、今回が
初の来日公演となる。
 ベイエリア・スラッシュ軍団とジャーマン・スラッシュの覇者が揃い踏みし、さらにパワーアップした
〈THRASH DOMINATION 09〉。くれぐれもチケットのお取り逃がしのないように!

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19247
CLUB CITTA〈THRASH DOMINATION 09〉告知ページ
http://clubcitta.co.jp/001/thrash09/
posted by メタルキング at 18:04| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ガンズ・アンド・ローゼズに新メンバー! シックス:エイ・エムのギタリスト、DJアシュバが加入

 約17年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Chinese Democracy』が大きな話題を呼んだ
ガンズ・アンド・ローゼズ。彼らが、ナイン・インチ・ネイルズのツアー・バンドに復帰した
ロビン・フィンクの後任として、シックス:エイ・エムやビューティフル・クリーチャーズでの
活躍で知られるDJアシュバを新たなツアー・メンバーに迎えることを発表した。
 これは、バンドのオフィシャルサイトにて明らかにされたもの。アクセル・ローズは
今回のDJアシュバの加入について、「彼は才能があり、ガンズにとって誇りを持って
迎えられるエネルギッシュなギタリストだ。一緒に仕事ができることに興奮しているよ。
俺たちのライヴにフレッシュなアプローチをもたらしてくれるだろう」とコメントを寄せている。
一方のDJアシュバは「ずっと好きで尊敬していたバンドの力になれるのは名誉なこと」と
述べており、両者の相思相愛ぶりをアピール。大規模なワールド・ツアーが噂されている
ガンズだが、新たなメンバーを迎えた彼らがどのようなステージを繰り広げてくれるのか、
大いに期待しよう。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 20:48| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

スラッシュ、レッド・ツェッペリンの名曲「Kashmir」をクラシック風にカヴァー!?

 元ガンズ・アンド・ローゼズ/現ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのギタリストの
スラッシュが、クラシックのアーティストとタッグを組み、レッド・ツェッペリンの
名曲「Kashmir」のカヴァーをレコーディングするという。名ギタリストのスラッシュ
とのコラボに挑むのは、英オーディション番組『Britain’s Got Talent』で一躍
有名となったロンドン出身の女性ばかりの弦楽四重奏団、エスカーラ。同番組の
審査員で、彼らのマネジャーも務めるサイモン・コーウェルの仲介で顔合わせを
行なった後、今週中にも両者ともにLAのスタジオに入る予定だという。ちなみに、
コーウェルは先月、とあるパーティーでスラッシュに会った際、エスカーラとの
コラボ話を彼に持ち掛けたと言われている。「彼(サイモン)は彼女たち
(エスカーラ)のコラボの相手として、意外な人間を探していました。そこで彼
(スラッシュ)に、興味があるかどうか尋ねたのです。彼はそのアイデアを
すっかり気に入り、チャンスに飛び乗ったというわけです」と、情報筋は『サン』紙に
明かしている。なお、同曲は5月にエスカーラの作品としてリリースされる見込みだ。

ソース:VIBE
posted by メタルキング at 22:35| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

元メガデスのスーパー・ギタリスト、マーティ・フリードマンがJ-POPカヴァー集をリリース

 元メガデスのギタリストとして世界的な評価を得ているマーティ・フリードマン。
ここ日本ではお茶の間の人気者でもある彼が、J-POPのカヴァー・アルバム
『いいじゃん! J-POP(仮)』を5月20日にリリースすることが決定した。
 同カヴァー・アルバムは、自身が日経エンタテインメントで連載しているコラム
〈J-POPメタル斬り〉に寄せられた人気投票などから収録曲をセレクト。今のところ、
Perfumeの“ポリリズム”やマキシマム ザ ホルモンの“爪爪爪”、中島美嘉の
“雪の華”、いきものがかりの“帰りたくなったよ”が収録予定曲として挙がっている。
 また、ボーナストラックとして、米大リーグ・シアトルマリナーズのイチロー選手の
打席入場テーマ曲に起用された“天城越え”も収められる予定。お馴染みの名曲が、
マーティの超絶的ギター・プレイと柔軟なセンスによってどのように生まれ変わって
いるのか非常に興味深いところ。メタラーはもとより、洋楽リスナーからJ-POP
好きまで、幅広い音楽ファン注目の1枚といえそうだ。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 10:00| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

メタリカのジェームズ・ヘットフィールド、カキにあたってストックホルム公演をキャンセル

メタリカのボーカル、ジェームズ・ヘットフィールドがカキによる食中毒症状を起こし、
スウェーデンで予定されていた公演をキャンセルする羽目になってしまった。
米英のメディアが伝えた。

ストックホルム2公演の最終日となった8日、会場に集まった約1万6000人のファンは
残りのメンバー3人から公演延期について聞かされたという。

ドラマーのラーズ・ウルリッヒは「おれたち3人の歌なんか誰も聞きたくないだろ」と語りかけ、謝罪の言葉を続けたという。

病院に搬送されたものの同日夜遅くには退院したというジェームズ。
オフィシャルサイトに謝罪のコメントを書き込んでいる。

「ストックホルムでの2日目の公演をキャンセルしてしまい、申し訳なく思っている。
認めたくはないが、カキにあたっちまったらしい」。

現在は米国に帰国中のメタリカだが、25日から始まる英国公演は予定通り行われるもよう。
その後もヨーロッパ各地での公演が続き、
7月18日には再びスウェーデンを訪れ音楽フェスティバル「Sonisphere」に参加する。

また公式サイトによると、8日にキャンセルされた公演については近日中に振り替え公演が行われるという。
posted by メタルキング at 13:40| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

アイアン・メイデン、コロンビア公演で暴動騒ぎ チケットを持たないファンが会場に入ろうとして機動隊と衝突

 週末(3月7日)、アイアン・メイデンのコロンビアでの公演で暴動が起きた。チケットを
持たないファンが会場(首都ボゴタ市内の公園)に押し入ろうとしたのが原因。その数は
多く、石を投げるなどの破壊行為があったため、機動隊は催涙ガスを使用し鎮圧、
100人以上を逮捕したという。
 暴動が起きたのはコンサート開始数時間前だったため、アイアン・メイデンがステージに
上がる前に事態は鎮定されパフォーマンスは無事行なわれた。しかし、当局はことを
重大に受け止めており、この後ボゴタでヘヴィメタルのコンサートを開くべきか検討し
直すという。
 アイアン・メイデンのマネージャーは2日後、「我々は、門の外でごく一部の人々により
引き起こされた馬鹿げた行ないを忌まわしく思っている。彼らは、アイアン・メイデン、
メタル、そしてコロンビアの本物のファンに害を及ぼした」との声明を発表している。
「我々のファンは、ミュージックのためにそこにいる。我々は絶対にまたコロンビアに
戻りたいと考えている。当局が、一部のトラブル・メーカーのせいでメイデンやメタルを
禁止しようなど考えないと信じている」
 アイアン・メイデンはこれまで2度ほど、同会場(Simon Bolivar Park)でパフォーマンス
している。過去のパフォーマンスの様子は、間もなく公開される彼らのツアー・
ドキュメンタリー映画『Flight 666』で見られるという。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:27| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ガンズ・アンド・ローゼズのマネージャー、アクセル・ローズの真の姿を語る

 ガンズ・アンド・ローゼズのマネージャーが、フロントマン、アクセル・ローズの
真の姿を語った。「みんなは彼のことを知っているつもりだろうが、それは違う」という。
 マネージャー、アーヴィン・アゾフは『Rolling Stone』誌にこう話した。「アクセルは
この15年、基本的に沈黙を守りスポットライトから遠ざかっていた。みんな彼のことを
わかってると思っているだろうが、それは本当に、どうかと思われる人たちが彼に
ついて話したことからに過ぎない」
 真実のアクセルとは「いい奴だ。よく誤解される。ガンズ・アンド・ローゼズの高い
クリエイティブ水準を築き、持続しようと一生懸命働くプロフェッショナルな奴だ。
僕はそこをサポートしてる」
 そのガンズ・アンド・ローゼズは7月にスタジアム・ツアーを計画しているとの噂が
流れている。アゾフは明言は避けたものの、「バンドは2009年、何かエキサイティングな
ことをやる予定だ」と話した。
 アクセル本人、以前「ツアーの話が上がっている」ことを認めており、それはアメリカ
だけでなく世界各国でのこととなると話している。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:09| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

】マイケル・シェンカー・グループとUFOの名作群がリマスター再発! 未発表音源付き

 マイケル・シェンカー・グループとUFOの名作群が、EMI UK編集によるリマスター・
シリーズで再登場! 国内では4月22日に全6タイトルが同日発売されます。
 マイケル・シェンカー・グループは、『神(The Michael Schenker Group )』(80年/
TOCP-70744)、『神話(M.S.G.)』(81年/TOCP-70745)、『飛翔伝説(One Night at
Budokan)』(82年/ライヴ盤/CD2枚組/TOCP-70746〜7 税込3,500円)の3タイトル。
いずれも最新デジタル・リマスタリングが施されており、また『神』『神話』には未発表
音源も含んだボーナス・トラックが追加されます。
 UFOは『ヘヴィ・メタル・エクスペリエンス(No Place To Run)』(80年/TOCP-70741)、
『ワイルド・ウィリング・アンド・イノセント(The Wild, the Willing and the Innocent)』
(81年/TOCP-70742)、『メカニックス(Mechanix)』(82年/TOCP-70743)という、
ポール・チャップマン在籍時の3タイトルが対象。こちらも最新デジタル・リマスタリングに
加え、未発表音源も含んだボーナス・トラックが追加されます。
 価格はいずれも税込2,500円(2枚組:税込3,500円)。ファン注目の未発表音源も
あるだけに、アナタも手に入れてみては?

ソース:CDJournal.com
posted by メタルキング at 20:46| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

アイアン・メイデン、ブリット・アウォード初受賞に「やっとクリエイティブな力が認められた」

2月18日に行なわれたイギリス最高の音楽賞<ブリット・アウォード>で「ベスト・
ブリティッシュ・ライヴ・アクト」を受賞したアイアン・メイデンが、メディア向けの声明で
メッセージを発表した。
 ブルース・ディッキンソンは「感激している。この賞は自分たちのものであると同時に、
ファンのものでもある。数多く投票してくれた彼らのお陰なんだ。一人一人にブリットの
トロフィーを渡せないのが残念だ」と語った。有名なマネージャーであるロッド・
スモールウッドは、メディアに「メタル界にとってもとてもいい影響になるだろう。
メタル・アーティストのブリット・アウォード受賞は初めてで、やっとクリエイティブな
力が認められた」とコメントした。
 アイアン・メイデンが完成させたツアー・ドキュメンタリー映画『フライト666』は、
3月14日にブラジルのリオ・デ・ジャネイロでプレミア上映されることになっている。
ライヴ映像はもちろん、バックステージやオフ・シーンにまで密着したアイアン・メイデン
初のツアー・ドキュメンタリー映画だが、2008年2月15日(金)パシフィコ横浜、2月16日(土)
幕張メッセで行なわれた日本公演の模様もしっかり収録されているとのこと。
 映画は3月18日には米テキサス・SXSWフェスティヴァルでも上映され、4月21日に
世界各地で公開される予定だ。“Ed Force One”とファンが命名したボーイング757機で
5万マイル、5大陸のワールド・ツアーを行なった彼らのドキュメンタリーが、フィルムと
なって各大陸を駆け回ることになる。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 20:05| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

ブリティッシュHMの雄、レイヴンが9年ぶりとなる新アルバムをリリース

1980年代前半に全盛を誇ったNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)ムーヴメントの
一翼を担った最強トリオ、レイヴン。約5年の活動休止期間を経て、2006年に再始動を果たした
彼らが、待望のニュー・アルバム『Walk Through Fire』を3月25日にリリースすることが決定した。
 メタル・フロンティア移籍第1弾となる今作は、2000年発表の『One For All』以来、約9年ぶり
通算12枚目となるスタジオ・フル・アルバム。ジョン&マークのギャラガー兄弟による疾走感
満点のハイエナジー・ロックンロールは健在とのことで、完全復活を印象付ける1枚に
仕上がっている模様だ。久々の新作を引っ提げた来日公演にも期待したい。
 なお、彼らの初期オリジナル・アルバム3タイトルもSHM-CD&紙ジャケット仕様にて発売中。
こちらは初回生産限定となるので、ご購入はお早めに。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 18:59| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアロスミス、新アルバムの制作を開始! プロデューサーにブレンダン・オブライエンを起用

 ハード・ロック・シーンの頂点に君臨し続ける大御所エアロスミスが、前作『Just Push Play』
以来、およそ8年ぶりとなるオリジナル・アルバムの制作に向けて本格的に始動した。
 バンドのオフィシャルサイトにて、ベーシストのトム・ハミルトンが語ったところによると、
エアロスミスは既に数週間にわたりスタジオに入っており、メンバー全員で作曲作業を
進めているとのこと。さらにプロデューサーとしてブレンダン・オブライエンを起用したことも
明らかにされており、昨年AC/DCの大復活作『Black Ice』を手がけた彼の参加は、
とてつもないマジックを起こしてくれるだろう。
 また、昨年膝の手術を無事に終えたギタリストのジョー・ペリーは、今夏にバンドが
大規模な北米ツアーを行う予定であることも明らかにしており、ニュー・アルバムもそれに
あわせてリリースされる見込みだ。続報を楽しみに待とう。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 18:55| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

2002年に解散したアメリカのハード・ロック・バンド、MR.BIGがオリジナル・メンバーで再結成。6月より来日ツアーを開催

“To Be with You”、“Take Cover”などの代表曲で知られ、90年代にここ日本でも
大人気となったアメリカのハード・ロック・バンド、ミスター・ビッグ。
2002年に解散を発表した彼らがこのたびオリジナル・メンバーで再結成することが明らかになった。
 
今回の再結成は2月1日に放送されたラジオ番組〈HEAVY METAL SYNDICATE〉の中で発表されたもの。
デビュー20周年を記念してポール・ギルバート、エリック・マーティン、ビリー・シーン、リッチー・コッツェン
、パット・トーピーというお馴染みの5人が久々に顔をあわせるようだ。
さらに、彼らは6月5日より全国8ヶ所9公演を実施する来日ツアーも開催。
チケットの一般発売は2月28日からとなっているので見逃さないように注意しよう。
なお、公演日程は以下の通り。

〈MR. BIG 来日公演〉
 6月5日(金)札幌 北海道厚生年金会館
 6月7日(日)仙台 ZEPP SENDAI6
 月9日(火)金沢 石川厚生年金会館
 6月10日(水)名古屋 ZEPP NAGOYA
 6月12日(金)福岡 ZEPP FUKUOKA
 6月15日(月)大阪 グランキューブ大阪
 6月17日(水)広島 ALSOKホール
 6月18日(木)大阪 大阪厚生年金会館大ホール
 6月20日(土)東京 日本武道館

ソース
http://www.bounce.com/news/daily.php/18015/headlineclick

・ウドー音楽事務所
http://www.udo.co.jp/
posted by メタルキング at 16:25| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセル・ローズ、スラッシュとのリユニオンの可能性を語る

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが、スラッシュとのリユニオンの可能性について語った。
何度否定されようが、ファンにしてみればあきられめきれないこのトピック。
しかしアクセルは「(リユニオンが果たされる前に)どっちかは死んでるだろう」、要するに可能性はゼロだと突っぱねた。

この9年で初めてのオフィシャル・インタヴューとなった『Billboard』誌の取材で、彼はこう話したという。
「スラッシュのことについては、もし俺らのどっちかが死にそうで、あのときリユニオンできたんじゃないかって
振り返っていたらどうするんだ…とか何とかいうファンからの必死なメッセージを読んだよ」「いい加減にしろよな。
これだけは明らかだ。リユニオン前に俺らのどちらかは死んでるだろう。みんながどれだけ無念だ、醜い、不運だと
思おうが、それが事実だ」「この決定は、だいぶ前になされたことだ。それからずっと、繰り返し言われてきたことだろ」

ようやく『Chinese Democracy』はリリースされたものの、これまで目立ったプロモーションを行なってこなかったアクセル。
ツアーも話には上がっているものの、まだ具体的な計画はないという。

Ako Suzuki, London
posted by メタルキング at 13:24| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

フェア・ウォーニング、“画家”としての顔も持つウレ・リトゲンが横浜で個展を開催

 欧州メロディアス・ハードの代表格バンド、フェア・ウォーニング(Fair Warning)を
支えるメンバーの一人、ウレ・リトゲン。プロの作曲家、ベース奏者としての活躍に加え、
“画家”としての顔も持つウレですが、画家ウレ・リトゲンの魅力に迫る「ウレ・リトゲン展」が
2月1日より開催中! 神奈川県横浜市にあるフジムラ・コンテンポラリー・アートにて
2月28日まで行なわれます。
 展示会では、「Evening Wing(夕方の羽)」、「Autumn Leaves - The Gates Of Winter」、
「River Of Oblivion(オブリビオンの川)」「GOLDEN DAWN(黄金の夜明け)」、「And Earth
Below(そして、地球上へ)」の最新作5枚を一挙に展示。ロックのみではなく、キャンバス
にも溢れだすウレの感性をアナタもぜひ目撃ください! 詳細は特設ページにてご確認を。

ソース:CDJournal.com
posted by メタルキング at 17:12| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ロック専門誌「BURRN!」の編集長が書く落語版ミシュラン『この落語家を聴け!』

前例のない落語ガイド本が登場した。広瀬和生さん(48)の『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』
(アスペクト)。年に1600席を聴くという落語通が、オススメの噺家を独断で選んだ。木戸銭はオール自腹。
選考基準はズバリ、高座が面白いかどうか。知名度もキャリアも関係なし。落語版の“ミシュラン”だ。

広瀬さんの本業はハードロック専門誌「BURRN!」の編集長。落語は中学生のころから趣味で聴いていた。
いま年間350日は高座に通い、1600席以上を聴く。それ以外の日は海外出張だというから、つまりは毎日が
落語漬けだ。

「(2001年の)9・11以来、海外出張が減って、夜にけっこう時間が取れるようになった。いま見ておかなければと
(立川)談志を全部見はじめて…そのうちに今のペースになってました」

年間1600席という驚異的なペースは、この3年ほど継続中。そのうちに、編集者らしい使命感が芽生えたという。

「手にした落語関係の本はどれも、ガイドとしてはほとんど役に立たなかった。新しく聴きはじめた人に向けての
『落語ミシュラン』のようなものが必要だと思った」

執筆にあたっては「お金を払う価値のある人を見つける。面白くないものは無視する」という方針を貫いた。
「目を光らせているから、隠れている人はいない」と自信満々だ。

落語会のチケットは自身で取る。人気のある公演の場合は入手できずに悔しい思いをすることもあるが、
だからこそ厳しい評価ができる。「ぼくは客ですから、しがらみはない」

本書には、演者の高座での言葉が正確に書かれている。「一生懸命メモを取りますよ。ずっとメモしている」。
原稿を読んだ落語家に「録音したの?」と聞かれたほどの正確さだ。出版に当たって、立川談春には
「書けるのはあなたしかいない。何か言われてもかばってやる」と言われたとか。

広瀬さんは「読者がオレの目と耳を信じてくれるかどうかが楽しみ。次は落語家のインタビュー本を出したい。
聞きたいことがいっぱいある。今後も落語ファンで居続けたい」と話していた。(松垣透)
posted by メタルキング at 10:53| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

メタルバンド・リジー・ボーデンの元ギタリスト、コリィ・ジェイムスが交通事故死

LAメタル全盛期に人気を誇ったメタル・バンド、リジー・ボーデンの
元ギタリストとして知られるコリィ・ジェイムスが24日、テネシー州ナッシュヴィルで、
飲酒運転の車両の交通事故に巻き込まれて死去した。享年39歳。
 
 リジー・ボーデンは、1983年にロサンゼルスで結成。独特のポップ・センスに満ちたサウンドと、
斧や血塗れの人形を使ったシアトリカルなライヴ・パフォーマンスで、
本国アメリカはもとより、日本やヨーロッパでも人気を確立。

コリィは、1989年から1996年にかけてバンドに在籍していた。
なお、同じくリジー・ボーデンのメンバーだったアレックス・ネルソンも、
2004年5月に交通事故で亡くなっている。
posted by メタルキング at 18:50| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

ロック界最高のヴォーカルは? UKラジオ局がアンケート結果を発表 1位はロバート・プラント 2位にフレディ・マーキュリー

 UKのデジタル・ラジオ局Planet Rockが行なった“ロック界最高のヴォーカル”を決める
アンケートで、レッド・ツェッペリンのロバート・プラントが1位に選ばれた。
 クラシック・ロック・ファンのためのラジオ局と銘打つPlanet Rockだけに、リスナーが
選んだのはプラントをはじめ、クイーン、ディープ・パープル、ザ・フー、ホワイトスネイク
など往年のロック・バンドのシンガーばかり。クイーンは、フレディ・マーキュリー、ポール・
ロジャースが2、3位に挙がるなど、新旧ヴォーカリストともに高い評価を得ている。
 Planet Rockのリスナーが選んだ<グレーテスト・ヴォイス・イン・ロック>は以下の通り。

1.ロバート・プラント(レッド・ツェッペリン)
2.フレディ・マーキュリー(クイーン)
3.ポール・ロジャース(フリー/バッド・カンパニー)
4.イアン・ギラン(ディープ・パープル)
5.ロジャー・ダルトリー(ザ・フー)
6.デヴィッド・カヴァーディル(ホワイトスネイク/ディープ・パープル)
7.アクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)
8.ブルース・ディッキンソン(アイアン・メイデン)
9.ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)
10.ボン・スコット(AC/DC)
11.デヴィッド・ボウイ
12.ジョン・ボン・ジョヴィ(ボン・ジョヴィ)
13.スティーヴン・タイラー(エアロスミス)
14.ジョン・アンダーソン(イエス)
15.ブルース・スプリングスティーン
16.スティーヴ・ペリー(ジャーニー)
17.オジー・オズボーン(ブラック・サバス)
18.ボノ(U2)
19.ピーター・ガブリエル
20.ジェームズ・ヘットフィールド(メタリカ)

 クイーンだけでなくディープ・パープル、AC/DC、ブラック・サバス、ヴァン・ヘイレンなども、
1人だけでなく別の歴代シンガーが40位内に登場している。
 また女性では唯一、ジャニス・ジョプリン(21位)の名が挙がった。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 17:53| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

ロニー・ジェイムス・ディオ「これまでの活動を網羅」 ヘヴン・アンド・ヘルの新作について言及

現在、ロニー・ジェイムス・ディオ(Vo)、トニー・アイオミ(Gt)、ギーザー・バトラー
(Ba)、ヴィニー・アピス(Ds)という布陣としては、ブラック・サバス名義での
『ディヒューマナイザー』(92年)以来となるオリジナル・アルバムを、英ウェールズの
ロックフィールド・スタジオでレコーディング中のヘヴン・アンド・ヘル。
 12月3日付のニュースでは「すでに3曲が録音されている。それらのサウンドは
驚きのもので、とてもヘヴィだ」というBlabbermouth.Netが報じたヴィニーのコメントを
紹介したが、今度はロニーが米『Revolver』誌で新作について言及した。
 彼曰くニュー・アルバムは「(かつてブラック・サバス名義でリリースした)『ヘヴン・
アンド・ヘル』(80年)、『悪魔の掟』(81年)、『ディヒューマナイザー』と、自分たちが
これまでやってきたことのすべてが網羅されている。『ディヒューマナイザー』の要素が
顕著だが、その他の要素を見て取ることもできる。このバンドが表現してきたものが、
うまく混ざり合っているんだ」。
 21世紀を生きる音楽としてヘヴィ・メタルが新たな時代を迎える中、ヘヴン・アンド・
ヘルはブラック・サバスの『ベスト・オブ・ディオ・イヤーズ』(2007年)発売に伴う
ワールド・ツアーで、ヘヴィ・メタル/ハード・ロック然とした様式美世界を展開。
オジー・オズボーンを擁してのダーク&ヘヴィな時代だけがブラック・サバスでは
ないことを今日に示した。それだけに往年のファンならずとも、次の一手には
期待がかかる。

ソース:MySpaceニュース
posted by メタルキング at 01:21| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

ガンズ・アンド・ローゼズ『チャイニーズ・デモクラシー』11月22日発売!!

これぞ全ロック・ファン待望のアルバム!

製作期間14年、総制作費14億円等、超特大スケールの制作状況は流れるものの、長らく正式リリースの実現しなかった
『チャイニーズ・デモクラシー』がいよいよリリース!!「Catcher N' The Rye」、ラッセル・クロウ/レオナルド・ディカプリオ主演の映画
『ワールド・オブ・ライズ』に使用される「If The World」も収録予定。
漏れ伝えられるところによれば、“サウンドはかつてのGN’Rをベースにしつつも更なる進化を遂げている。
クラシックであり時代を超越したアルバムだ”とのこと。その内容を自分の耳で確かめられる日がついにやって来る!
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/gnroses/

■中国政府が『チャイニーズ・デモクラシー』を「中国への悪質な攻撃」と非難

11月24日に中国共産党の機関紙が、ガンズ・アンド・ローゼズのニュー・アルバム『チャイニーズ・デモクラシー』(『中国の民主主義』という意味)
に対し、「中国への悪質な攻撃だ」と非難しました。同紙は記事の中で、「アメリカのバンドが、悪意を持って中国を攻撃するアルバムを発売した。
西側の人間が民主主義を利用し、世界を支配しようとする陰謀の一部」と非難しています。また、中国外交部のスポークスマンは海外メディアに対し、
「ほとんどの中国人はこういう音楽を好まない。彼らは中国では無名の存在。なので、我々が意見を述べる必要がない」とコメントしました。
ちなみに、『チャイニーズ・デモクラシー』が中国文化部から承認される見込みはなく、今後も中国でアルバムが正規品としてリリースされることはなさそうです。
なお、元々中国政府は「デモクラシー(民主主義)」という言葉をインターネット上で厳しく監視しており、この言葉をキーワードにした検索は
検閲機関によりブロックされているということです。つまり、中国のロック・ファンは、ガンズ・アンド・ローゼズのオフィシャル・サイトへの
アクセスも禁止される可能性が高いのだそうです。
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/gnroses/news.html

GNR 新アルバム発売開始:「中国民主」、法輪功言及で中国に入れず
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/11/html/d59735.html
 【大紀元日本11月24日】17年ぶりのファン待望のガンズ・アンド・ローゼズのオリジナル・スタジオ・アルバム
『チャイニーズ・デモクラシー(中国民主)』、ついに11月23日、世界同時発売した。「中国民主」をタイトルとし、
2008年大ヒットすると予測されるこのアルバムが、中国での発売可能性はまだ不明なままである。
バンドのレーベルGeffen Recordsによると、「中国大陸でリリースする許可をもらえそうにはない」という。
中国のファンたちは『チャイニーズ・デモクラシー』ネットからダンロードするか、地下販売のコピーを入手するしかない。
さらに、中国大陸から『チャイニーズ・デモクラシー』ウェブサイトへのアクセスも禁止されている。ガンズ・アンド・ローゼズは8月から、
中国当局に、アクセス禁止を取り下げるための投票を行っている。
共産中国のリーダーたちの神経をそれほど尖らせている理由は、アルバムのタイトルのみではない。
アクセル・ローズが曲中で、中共当局に弾圧される法輪功精神運動を言及、中共の鉄拳(iron fist)は時間に勝てないと歌う
「法輪功を勝手にいじめているよね。彼らは迫害の終結をむかえるが、あなたたち(中共)は迫害を続けることはできない」
(Blame it on the Falun Gong. They will seen the end and you cannot hold on it.)
アルバムのカバーを飾る絵は、鉄拳に統治される中国人民の無力さを表現する油絵「赤星」。そのほか、中共軍隊と香港の空の写真も写っている。
タイトルの「中国民主」の由来は、偶然なのか、アクセルに曰く、法輪功が弾圧され始めた1999年だった。
「中国民主主義化のムーヴメントはいろいろあるし、それが実現したら素敵なことになるだろう。
皮肉なステイトメントって感じでもあるしな。よくわからないけど、とにかくその響きが好きなんだ」 という。
史上最大制作費を費して、何回も発表を延ばした『チャイニーズ・デモクラシー』は、「新たなサウンドの革命を起こすアルバムであり、
ロック史の1ページを飾る」とされている。その輝きは、それだけではないだろう。ヒューマニティをテーマにするこの作品は、
繁栄の虚像が消えつつある王朝の終焉を迎えるごとくの共産中国にとっても、中国人民が民主を実現する歴史の一部になるかもしれない。

・ガンズ新譜「チャイニーズ・デモクラシー」に国民が激怒―中国
http://www.recordchina.co.jp/group/g26127.html
2008年11月23日、米人気ロックバンド・ガンズ・アンド・ローゼズのニューアルバム「チャイニーズ・デモクラシー」が発売された。
中国のネットユーザーからは「バカにしている」と怒りの声があがっている。24日、環球時報が伝えた。
世界のロックファンが待望していた17年ぶりのニューアルバムは中国では怒りをもって迎えられた。
あるネットユーザーは「欧米のロックバンドはいつもホットな話題を探していて、ガンズ・アンド・ローゼズも中国をネタに話題を作っているだけだ」と批判した。
あるネットユーザーが指摘しているように、中国の人々はシャロン・ストーンの「四川大地震は因果応報」発言、ミア・ファローの「ダルフール問題批判」などと合わせ、
欧米著名人の中国批判発言に衝撃を受けているようだ。 中国社会科学院アメリカ研究所の陶文●(タオ・ウェンジャオ、●は金に刊の右側)研究員は
環球時報の取材に答え、欧米の芸能人は中国のことをよく知らず、ひどい場合には一度も訪れたことがないのに偏見だけで批判しているとコメント、
中国は自身のよりよい国際イメージを構築するよう配慮する必要があると指摘している。(翻訳・編集/KT)

ガンズ新作に中国紙「西側の謀略」、関連サイトは閲覧制限か。
http://narinari.com/Nd/20081110625.html
全世界のファンが待ち望んでいたガンズ・アンド・ローゼズの新作『チャイニーズ・デモクラシー』のリリース。
延期に延期を重ね、制作発表から14年を経た今年11月22日にようやく発売された。初回出荷は米国のみで200万枚、
世界では400万枚を超えており、すでに今年のNo.1ヒット作となることが確定している。
このアルバムはタイトルとなっている中国では発売されていないが、同国でも知名度の高いバンドであるガンズ・アンド・ローゼズが
「中国の民主主義」を意味する題名をつけたことに、同国内のネット利用者から怒りの声が上がった。地元紙の国際在綫はこうしたユーザーの意見を紹介しつつ、
アルバムを「中国に対する西側の謀略」と評している。また、アルバム公式サイトなどが同国では閲覧不可能となっており、「民主主義」などのキーワードに
目を光らせている当局の介入も噂されているという。国際在綫紙は、『チャイニーズ・デモクラシー』の説明として米紙ウォールストリート・ジャーナルや
ロイター通信の記事を引用したうえで、中国内のネットユーザーの声を紹介。それを見てみると、「ガンズ・アンド・ローゼズは西側から見た偏った中国評を下し、
中国の“示威行為”を非難して“英雄”になった。この反中国の道化者たちのポケットは、金であふれかえっているというのに」「アルバムの矛先は中国に向けられている」など、
怒りにあふれたものばかりだ。同紙はこれらのことから、「民主主義を手先として世界を牛耳ろうとする西側諸国の陰謀」などと結論した。
またAFPによると、中国ではアルバム公式サイト(http://www.chinesedemocracy.com/)が閲覧できないようになっているほか、検索エンジン「百度」がアルバムに関する
検索をブロックしているともされている。当局は初めて聞いた。検閲の真偽は分からないが、うわさではないだろうか」(AFPより)
と否定しているが、当局の介入によるものとの見方が強いようだ。ただ、同アルバムに収録されている全14曲が試聴できる米SNS「MySpace」上のページには、
中国からのアクセスも可能な模様。AFPでは「アルバムの名前だけで判断すべきでない。実際に曲を聞いて理解し、考えようとしたのか」など、
中国ネットユーザーの肯定的な意見も紹介されており、反射的に怒りの反応を示すのは適当でないとの意見が大半を占めているという。
国際在綫紙では否定的な意見ばかりが紹介されており、AFPの報道との間に矛盾が生じている。どちらの報道が正しいのかは不明だが、
中国内に向けた情報操作が行われている可能性も否定できない。いずれにせよ、アルバム発売や公式サイトへのアクセスが制限されても、
中国のファンはMySpace上で17年ぶりの新作を楽しんでいるようだ。

■中国紙、ガンズの新アルバムを「悪意に満ちた攻撃」と非難

米人気ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズが23日に10年以上ぶりに
発表した新アルバム「Chinese Democracy」について、中国紙が24日、
「悪意で中国を攻撃するものだ」と強く非難する記事を掲載した。

新アルバムは1994年に制作が始まり、発表が延期に延期を重ねていた。
中国では販売されていない。

中国紙・国際在綫は、中国内のインターネット利用者の声として記事を掲載。
「このアルバムは、民主主義を手先として世界を牛耳ろうとする、西側の何者かによる」
謀略の一部だと強く非難。このアルバムの「矛先は中国だ」などとしている。

中国では24日にも、インターネットで同アルバムが視聴できることになるが、
検閲機関がこのアルバムに関して、アクセスを禁止するかどうかは不明。中国では
「民主主義」といった言葉について、インターネット上でも厳しい監視の目を光らせている。

2008.11.24 Web posted at: 20:06 JST Updated - AP
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200811240023.html
posted by メタルキング at 09:04| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズ、インターネットのチャットで新アルバムと元メンバーについて激白

 先ごろ待望のニュー・アルバム『Chinese Democracy』をリリースしたガンズ・アンド・
ローゼズ。フロントマンのアクセル・ローズが、このたびインターネットのチャット・
ルームで、初めてこの新作について語った。『ビルボード』誌が主催した、ファンとの
非公開のチャットの中で、彼は最新アルバムから元メンバーとの関係に至るまで、
赤裸々にトークを展開。制作に14年が費やされたというアルバム『Chinese Democracy』
については、リリースがこれほど遅れた理由には言及しなかったものの、アルバムから
漏れた未発表曲を将来的にリリースする可能性があることを明言。「とりあえずは
このアルバムに集中しとくけど、もともとは2枚組をずっと想定してたってことは言える
だろうな」とアクセル。また、“1週間かそこら以内に”アルバム収録曲「Better」のPVを
公開すると宣言した。一方で、セールスが予想外に伸び悩んだことについては「多くの
人間が(このアルバムを)それほど聴きたいとは思わなかったってことだろう」とコメント。
さらに、先ごろマネジャーが「再結成の予定はない」と宣言した元メンバーとの関係に
ついては「俺が今言えるのは、他のヤツらは自分を売り込むためにゴタゴタ言ってる
ってだけ。実際、自分じゃどうにもできないようなヤツらがさ。アイツらは法的にも、
経済的にも困窮してて、俺の人生のおいしい部分をむさぼってるだけなんだよ」と
バッサリと切り捨てている。

ソース:VIBE
posted by メタルキング at 20:41| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

ロブ・ロックが電撃復帰、インペリテリが5年ぶりの新アルバムを日本先行でリリース

 〈世界最速のギタリスト〉の異名を持つクリス・インペリテリ率いるアメリカの
ヘヴィ・メタル・バンド、インペリテリ。彼らが、『Pedal To The Metal』以来、
約5年ぶりとなるニュー・アルバムを日本先行にてリリースすることが決定した。
発売日は2009年1月21日。
 『Wicked Maiden』と名付けられた同アルバムは、盟友ロブ・ロックが9年ぶりに
電撃復帰。1987年のインペリテリ結成時から10年以上にわたり活動をともに
してきた実力派シンガーとの再タッグとなるだけに、黄金期のサウンドが
たっぷりと味わえる1枚になりそうだ。また今作は、デヴィル・ドライヴァーや
フィア・ファクトリーらを手掛けてきた敏腕、グレッグ・リーリィがミックスを
担当している。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 20:45| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

ガンズ・アンド・ローゼズ、新作「チャイニーズ・デモクラシー」の初回出荷枚数が全世界で400万枚!今年最多に

 米ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズの17年ぶりの新アルバム「チャイニーズ・
デモクラシー」の初回出荷枚数が全世界で400万枚となり、今年最多になることが20日、
分かった。22日に世界同時発売。全米では初回出荷枚数200万枚で、早くも今年NO・1
売り上げの見込みだという。
 同バンドは毎年のように復活がうわさされていたが、ようやく制作期間14年、総制作費
14億円も掛けた新作が完成した。アメリカでは、今年初頭に飲料会社ドクターペッパー社が
「ガンズが年内に新作を出したら、全米国民にドクターペッパーをおごる」と大風呂敷を広げ、
今回「仕方がない。おごります」と約束を実行するはめになった。
 アルバム発売日の22日以降、ド社のHPにアクセスして登録するとクーポン券が発行され、
それをプリントアウトして商店に持ち込むと、ドクターペッパーと交換できるという。アメリカの
人口は約3億人。全員が1本80セント(約76円)の同商品と交換すると、概算で228億円に
達する。
 また、収録曲の「IF THE WORLD」は、レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウの
主演映画「ワールド・オブ・ライズ」(12月20日公開、リドリー・スコット監督)のエンディング曲に
決定した。発売前から話題は十分で、発売週の結果が注目される。

ソース:nikkansports.com
posted by メタルキング at 13:11| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

ガンズ・アンド・ローゼズの新作「Chinese Democracy」、ジャケットとトラックリストが発売元のBest Buyのサイトで公開される

 アメリカ大手家電量販チェーン〈Best Buy〉より、11月23日に発売予定となってるガンズ・
アンド・ローゼズの待望の新作『Chinese Democracy』の詳細が発表された。
 〈Best Buy〉のサイトのプレ・オーダーのページに掲載されたトラックリストは以下の14曲。
収録曲のタイトルには、今までにバンドがライヴで披露していた曲や、FBIが出動するなど
問題となった流出騒動でリークされていた曲と同じ曲名も含まれている。また、ページには
小さいながら、大きなかごを乗せた古い自転車のモノクロ画像を使用した、アルバムの
ジャケットと思われる画像も合わせて掲載されている。
 発売に向け、いよいよ秒読み段階に入った注目の本作。全容が明らかになるのは、
もうすぐだ。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 19:48| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

ガンズ・アンド・ローゼズの新作『Chinese Democracy』が、いよいよリリースされるようだ。

ガンズ・アンド・ローゼズの新作『Chinese Democracy』が、いよいよリリースされるようだ。
まだ正式な発表はなされていないものの、Billboard.comは木曜日(10月9日)、 11月23日
に発売されることが決まったとスクープした(アメリカ発売)。

すでにお伝えしている通り、アメリカでは大手家電販売チェーンBest Buyでの独占販売
となる。アメリカでは通常、ニュー・アルバムは木曜日にリリースされるが、同チェーンの
販売体制にあわせ日曜日に発売されることになったという。

それに先立ち、収録曲の「Shackler's Revenge」がミュージック・ビデオ『Rock Band 2』に
収録、「If The World」がレオナルド・ディカプリオ主演の映画『Body Of Lies』のエンド・
ロールで流れる。アルバムの正式なトラッキング・リストはまだ発表されていない。

またInterscopeは、デビュー・アルバム『Appetite For Destruction』のビニール盤を
10月28日にリイシューする予定だという。

Dr Pepperの製造工場は、大忙しとなりそうだ。

Barks
posted by メタルキング at 02:46| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

ゲイリー・ムーア、最新作の日本発売が決定! ボーナス・トラック収録も計画

 アイルランドの誇る名ギタリスト、ゲイリー・ムーアのニュー・アルバム『バッド・フォー・
ユー・ベイビー』が日本でも発売決定! 日本盤(VICP-64527 税込2,520円)は10月22日で、
日本盤のみのボーナス・トラック収録も計画されています。
 以前に海外盤をお伝えしたように、本作は『クローズ・アズ・ユー・ゲット』(2007年)に続く
オリジナル・アルバム。自身によるプロデュースで、お馴染みのブルース・ロックに加え、
鳴り響くハード・ロック・ギターに、味わいのあるゲイリーのヴォーカルが絡むファン注目の
ナンバーも収録。またアル・クーパー「I Love you more than you'll ever know」のカヴァーも
収められます。
 ブルースを根底に、多くのファンが切望していたハード・ロックを感じさせる作品に
仕上がったという本作、アナタもぜひご注目を!

ソース:CDJournal.com
posted by メタルキング at 22:59| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

スーパー・ギタリスト”マーティ・フリードマン、メガデスの栄光知らぬ日本「むしろ解放された気分」

 マーティ・フリードマンを知る多くの日本人にとって、彼は流ちょうな日本語を話し、
ギターもうまく弾きこなし、J−POPにも詳しい外国人と映っているだろう。しかし、
世界中にいるヘビメタ世代のファンには、ほかでもないフリードマンこそがまさしく
ロックの神様なのだ。

 フリードマンは90年から丸10年にわたってアメリカの伝説的なスラッシュメタル・
バンド「メガデス」でリードギターを担当していた。
 スラッシュメタルにあまりなじみのない人たちに説明を加えるならば、「メガデス」は
そのジャンルで最も人気があって影響力の大きいアンスラックスやメタリカ、スレーヤー
といったバンドの一つと見なされている。メガデスのメンバーはたびたび世界ツアーを
行っているが、世界中で2000万枚のレコードを売り上げた記録を持っていると
いわれる。そのうち売り上げの半分はマーティがバンドに加入していたときのものだとも。
フリードマンは輝かしい過去について日本であまり知られていないことに失望するという
よりは、自分に示されたチャレンジだと感じてむしろ解放された気がしているという。
 「いま僕の音楽に夢中になってくれる人の中には、僕が以前どんなことをやっていたか
まったく知らない人もいるだろう。だから、その人たちが僕の音楽を初めて聴いて、
それまで聴いたことのない新鮮な音楽だと感じてくれる。これは素晴らしいことだ」と、
先日のインタビューでフリードマンはこのように答えてくれた。
 「それまでどんなものをやってきたかを一つも知り得ない人がやる新しい音楽、それに
興味を持たせるということが、究極の挑戦であり、僕はそれがやりたい」と目を輝かせる。
 フリードマンはこの3月リリースした「フューチャー・アディクト」をひっさげて、7月に日本
縦断ツアーを始めた。テレビ出演がきっかけでファンになった人たちにフリードマンは
こんなこともすると知らせる絶好のチャンスだ。
 「ある一つの面を見て僕のファンという人もいるだろうし、僕が他にいろいろやるから
ファンだといってくれなくてもいい。どっちがいいのかよく分からないけれどね」と、
フリードマンは説明してくれた。
 「いろいろなファンの人たちがみんな結集してくれるのを目指して頑張りたいね。それが
今度のツアーで実現するよ」と意気込みを語った。

(了)

ソース:毎日jp
posted by メタルキング at 17:16| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

セバスチャン・バック、スラッシュから「一緒にやらないか」と連絡をもらう

 ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのニュー・シンガーの候補に挙がっているセバスチャン・
バックは、実際、スラッシュから連絡をもらい「一緒にやろう」と言われたそうだ。しかしながら、
ヴェルヴェット・リヴォルヴァーとは関係のないところでらしい。
 バックは、Billboard.comにこう話している。「(スラッシュからの連絡は)突然あって……、
一緒にやらないかって話だった。でも、VRじゃない。まったく別のプロジェクトだ」
 しかしそのプロジェクトについては、いまは明かせないという。「それが何なのかは、
言えない。スゲーものだからさ。秘密にしとくって誓ったんだ。でも、いまんとこ、俺らの間じゃ
何も起きてないよ」
 スラッシュは現在、初のソロ・アルバムを制作中だといわれており、それに関係すること
かもしれない。バックとスラッシュの仲は良好のようだが、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・
ローズと親しいバックがVRに加入する可能性は低いようだ。バックはスコット・ウェイランドが
脱退し、その後釜の第1候補に挙がったが、ローズとの関係から「自分が加入するのは、
気まずい」と話している。
 バックはこの夏、ポイズン、ドッケンらとのツアーを予定している。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 18:50| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

その名も“PURPLE RAINBOW”! ディープ・パープル、レインボーのメンバーらによるスーパー・グループが始動

 RAINBOW〜Yngwie Malmsteen、DEEP PURPLEのヴォーカリストJoe Lynn Turner、RAINBOW〜
NIGHT RANGERのキーボーディストTony Carey、DIOのギタリストCraig Goldy、RAINBOW〜BLACK
SABBATH〜BLUE OYSTER CULTのドラマーBobby Rondinelliという歴戦の勇士によるスーパー・
グループ、その名もPURPLE RAINBOW(!!!)が始動!
 Tony Careyは「ハードロック黄金期を甦らせる」と熱く発言しており、冗談のような名前の本気
バンドのようです。来年よりライヴ活動を開始し、RAINBOWの「Long Live Rock 'n' Roll」「Man On
The Silver Mountain」「Stargazer」「Stone Cold」「Street Of Dreams」や、DEEP PURPLEの「Burn」
「Highway Star」「Smoke On The Water」といった往年の名曲をプレイする予定となっている
そうです……。

ソース:CDJournal.com
posted by メタルキング at 14:17| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。