plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2010年01月27日

エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ホームセンターの店内マイクで突然熱唱

鎮痛剤中毒のためリハビリ中と言われているエアロスミスのボーカル、スティーヴン・
タイラーが、週末のホームセンターに買い物に来た客に歌声を披露したらしい。
 TMZ.comによると、スティーヴンはカリフォルニア州ランチョ・ミラージュにある
ホーム・デポを訪れ、店内放送用のマイクを使い、突然アカペラで歌い始めたとのこと。
スティーヴンは“Dude Looks Like a Lady”と映画『アルマゲトン』のメインテーマ
“ミス・ア・シング”の一部を歌い、店内にいた従業員と客は楽しんだようだ。その後、
ヘリウムガスを吸って声を高くしたスティーヴンはビージーズの曲を歌いながら
サインに応じていたとのこと。リハビリも順調なのかもしれない……それとも逆?

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0022051
エアロスミス公式サイト
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 09:05| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ガンズ・アンド・ローゼズ、公演でファンがスラッシュのTシャツなどを着用するのは禁止!? バンド側は否定

2010年1月中旬カナダで行なわれたガンズ・アンド・ローゼズの公演で、オーディエンスは
スラッシュのTシャツや彼のトレードマークであるトップハットの着用を禁じられたとの
報道があったが、バンドのマネージャーはこれを否定するコメントを発表した。
 TMZ.comは、警備員がオーディエンスの服装をチェックし、スラッシュのTシャツを着た
人は裏返しにするよう、トップハットは預けるよう指示されたと伝えた。警備員は、
マネージメントから指示されたと同サイトに認めたそうだが、バンドのマネージャーは
これを否定するコメントを掲示板に掲載したという。
 「このような格好を禁じるよう警備員に指示していない。もし彼らがそうしたなら、それは
彼ら独自の決断、もしくは誰かべつの者からの要請だ」
 TMZ.comは、服装を指摘された大半の人は大人しく指示に従ったものの、中には会場を
後にする人もいたと伝えている。
 ガンズ・アンド・ローゼズは現在もカナダ・ツアー中。スラッシュ禁止令が出たと噂されたのは
13日の公演だった。その後も同国内で数回コンサートが開かれているが、そういった話は
出ていない。

ソース:BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000057647
ガンズ・アンド・ローゼズ公式サイト
http://www.gunsnroses.com/
posted by メタルキング at 23:04| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

“新世代のカリスマ”イングウェイ・マルムスティーン驚異の早弾き! アルカトラスのデビュー作が再発売

欧州の国々に比べて建国の歴史が浅い米の人々が欧州の深い文化に抱く劣等感は
日本人の想像以上だ。事実「おれの音楽や演奏は米国人には理解できないだろうな」
というインタビューでの無神経な発言がきっかけで、北米市場から閉め出された欧州
出身のロック・ギター奏者がいる。北欧スウェーデン生まれで日本でも人気の高い
イングウェイ・マルムスティーンだ。
 その彼が在籍したハードロックバンド、アルカトラスのデビュー作(1983年)が
1月27日、再発売される。とかく問題発言の多い男だが、本作での早弾きはいまも
驚異的。個々の楽曲も素晴らしく、文字通りハードロックの名盤といえる出来栄えだ。
 83年、スターをめざして母国から米ロサンゼルスに移り、ローカル・バンドでの
活動を経てアルカトラスに。ディープ・パープル・タイプの古典的なハード・ロックを
標榜(ひょうぼう)したアルカトラスに加入。彼は一躍、新世代のギター・ヒーローになり、
バンドも大成功を収めた。
 バッハの影響が色濃い欧州のクラシック音楽風の音階を多用したすさまじい早弾きは
音が転がっているよう。ちなみに「ジェット・トゥ・ジェット」や「ヒロシマ・モナムール」は
今もギターの練習曲として人気が高い。しかし問題発言の多さからか、ほどなくバンドを
脱退しソロ活動に。しかし冒頭の逸話通り、北米市場での成功を棒に振った。
 とはいえ最近、洋楽やロック音楽が衰退気味なのは、彼のようなギター・ヒーローが
登場していないからではないか。久々に本作を聴いてそんなことを思った。

ソース:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/100113/msc1001131626001-n1.htm

2010年01月13日

約92億円!? スラッシュ、ガンズ・アンド・ローゼズのリユニオンに対する巨額オファーを断る

 スラッシュは、オリジナル・メンバーでのガンズ・アンド・ローゼズのリユニオンに
対する巨額オファーを蹴ったそうだ。その額なんと、1億ドル(約92億円)だったとも
いわれる。
 スラッシュは『GQ』マガジンでこう話した。「俺が(バンドを)去るころには、事態は
相当、険悪だった。“戻ってみるのもいいかも”なんてこと思ったことない。いいわけ
ないのは、わかってるからな!」「リユニオンが実現する前に、俺ら2人のうちの
どっちかは死んでるよ」
 また、オファーの額を問われると「正確な数字は覚えてない。でも、どえらい額だ。
7,8ケタあったな」と明かし、1億ドル以上だったのかとの問いに「イエス」と答えたそうだ。
 リユニオンするつもりはないものの、あれだけ素晴らしかったラインナップがもう
存在しないことを残念に思う気持ちはあるという。彼はこうも話した。「あんなに
いいものが、もう存在しないっていうのは悲しいよ。俺ら両方とも生きてる、同じ星に
いるっていうのにな」「ステージでの俺らは、一丸となっていた。でも、ステージを降りると、
一緒の部屋にはいられない、曲作りなんかできないってとこまできていた」
 いまはガンズどころかヴェルヴェット・リヴォルヴァーからも離れソロ・デビュー・
アルバムを制作中のスラッシュ。Twitterに掲載されたメッセージによると、アルバムは
4月のリリースが予定されているそうだ。ツアーの日程も間もなく発表するという。

ソース:BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000057198
スラッシュ公式サイト
http://www.slashonline.com/
posted by メタルキング at 18:53| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。