plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2009年11月30日

ベスト・ギター・リフ、トップ10発表! 1位はジミ・ヘンドリックス「Voodoo Child」 2位にガンズ「Sweet Child O' Mine」

 数々の名曲がある中、今回1位に輝いたのはジミ・ヘンドリックスの「Voodoo Child」。
ガンズ・アンド・ローゼズの「Sweet Child O' Mine」が2位に選ばれた。Music Radarの
編集者は、ヘンドリックスを「議論の余地がない、ロック・ギターのヘヴィウェイト・
チャンピオン」と評している。
 そして、数多くの名リフを持つレッド・ツェッペリンは「Whole Lotta Love」が3位に
登場した。これまたギターの神様、エリック・クラプトンはお馴染み「Layla」が4位に
選ばれている。

 Music Radarのリーダーが選んだ、ベスト・ギター・リフ・トップ10は以下の通り。
1.ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「Voodoo Child」
2.ガンズ・アンド・ローゼズ「Sweet Child O' Mine」
3.レッド・ツェッペリン「Whole Lotta Love」
4.ディープ・パープル「Smoke On The Water」
5.デレク&ザ・ドミノス「Layla」
6.AC/DC「Back In Black」
7.メタリカ「Enter Sandman」
8.ザ・ビートルズ「Day Tripper」
9.ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」
10.ザ・ローリング・ストーンズ「(I Can't Get No) Satisfaction」

 レッド・ツェッペリン(「Heartbreaker」17位、「Black Dog」19位)は3曲が、AC/DC
(「Highway To Hell」16位)は2曲がトップ20入り。クラシックな名曲が大半を占めたが、
新しいところでは、ミューズの「Plug In Baby」が12位に、ホワイト・ストライプスの
「Seven Nation Army」が15位に登場している。
 50曲全リストは、Musicradar.comでチェックできる。

ソース:BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000055874
Musicradar.com
http://www.musicradar.com/
posted by メタルキング at 21:47| Comment(7) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

“メタル界の大御所”ロニー・ジェイムス・ディオ、胃ガンを患っていることがあきらかに

ディオやヘヴン・アンド・ヘルといったバンドでの活動で知られるメタル界きっての
実力派ヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオが、胃ガンを患っていることが
あきらかになった。
 現在67歳のロニーは、11月に予定されていたヨーロッパのツアーを入院のために
急遽キャンセルしていた。この段階では病状はあきらかにされていなかったが、
先頃オフィシャルサイトにて、胃ガンと診断されたことが正式に発表された。
 幸いにも早い段階で腫瘍を発見できた模様で、直ちに手術による除去を予定
しているとのこと。具体的な回復の時期はまだ不明だが、彼はステージに戻ることを
切望しているようで、体調が整い次第音楽活動を再開することを約束している。
 手術が無事に成功し、一刻も早く彼の復帰が実現することを祈ろう。

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/21194
ロニー・ジェイムス・ディオ公式サイト
http://www.ronniejamesdio.com/
posted by メタルキング at 21:59| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

スティーヴン・タイラー脱退は本当だった エアロスミスがボーカルを募集

スティーヴン・タイラー脱退は本当だった - エアロスミスがボーカルを募集

エアロスミスのスティーヴン・タイラーがバンドを脱退しソロに転向したと海外の複数のメディアが報じているが、
ギタリストのジョー・ペリーが自身のTwitter上に新しいボーカリストを募集する旨をポストし話題を呼んでいる。

タイラーとメンバーの不和はかねてより噂されてきたが、ペリーは40年間に及ぶ確執を徐々に語り始めている。

驚くべきことに、タイラーはペリーと曲作りすることを10年以上もの間拒否していたという。
数カ月前、タイラーは「ずっとやりたかったソロ活動に集中したい」と訴え、メンバーとの連絡を取らなくなっていた。
最後にペリーが電話した際は一方的に通話を切られてしまったとか。

埋めがたい溝を抱えながら強行した夏のツアーでは、タイラーがステージから落下して負傷したが、
メンバーの誰も病院に同行しなかったという。ツアーはそのまま打ち切りになった。
ここ数週間はハワイやアブダビで行うライブのために再び集まって活動していたが、
タイラーがイギリスの音楽雑誌に今後は自分のソロ・プロジェクト「Brand Tyler」に集中していくとの
コメントを勝手に発表するなど、バンド内の亀裂は誰が見ても明らかなものになっていた。

ペリーはTwitterで「エアロスミスは解散しない」とも明言。
タイラーの後任は一体誰が務めることになるのか、動向に注目したい。

■ソース:マイコミジャーナル 2009/11/10
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/10/032/index.html

■Aerosmith's Official Site
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 17:48| Comment(2) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イングヴェイ・マルムスティーン、マイケル・ジャクソンのヒット曲「今夜はビート・イット」をカヴァー

 驚異的な速弾きとクラシカルな旋律で人気のギター・ヒーロー、イングヴェイ・
マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)がサプライズなカヴァー曲を発表!
今年6月に急逝したマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の大ヒット・ナンバー
「今夜はビート・イット(Beat It)」をカヴァーします。
 同曲は、自身が主宰するRising Force Recordsより12月8日(海外)に発売される
最新コンピレーション・アルバム『High Impact』にボーナス・トラックとして収録される
予定。同曲のヴォーカルには、昨年発表のアルバム『パーペチュアル・フレイム』にも
起用されたティム・“リッパー”・オーウェンズ(ジューダス・プリースト、アイスド・アース)が
起用されています。ここでしか聴けない驚くべきカヴァー曲、一体どんなアレンジと
なっているのか、仕上がりに期待です! アルバム『High Impact』は同曲を含んだ
全14曲入り。

ソース:CDJournal.com
http://www.cdjournal.com/main/news/yngwie-malmsteen/27225
イングヴェイ・マルムスティーン公式サイト
http://www.yngwiemalmsteen.com/
posted by メタルキング at 00:23| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。