plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2009年03月23日

ガンズ・アンド・ローゼズに新メンバー! シックス:エイ・エムのギタリスト、DJアシュバが加入

 約17年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Chinese Democracy』が大きな話題を呼んだ
ガンズ・アンド・ローゼズ。彼らが、ナイン・インチ・ネイルズのツアー・バンドに復帰した
ロビン・フィンクの後任として、シックス:エイ・エムやビューティフル・クリーチャーズでの
活躍で知られるDJアシュバを新たなツアー・メンバーに迎えることを発表した。
 これは、バンドのオフィシャルサイトにて明らかにされたもの。アクセル・ローズは
今回のDJアシュバの加入について、「彼は才能があり、ガンズにとって誇りを持って
迎えられるエネルギッシュなギタリストだ。一緒に仕事ができることに興奮しているよ。
俺たちのライヴにフレッシュなアプローチをもたらしてくれるだろう」とコメントを寄せている。
一方のDJアシュバは「ずっと好きで尊敬していたバンドの力になれるのは名誉なこと」と
述べており、両者の相思相愛ぶりをアピール。大規模なワールド・ツアーが噂されている
ガンズだが、新たなメンバーを迎えた彼らがどのようなステージを繰り広げてくれるのか、
大いに期待しよう。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 20:48| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

スラッシュ、レッド・ツェッペリンの名曲「Kashmir」をクラシック風にカヴァー!?

 元ガンズ・アンド・ローゼズ/現ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのギタリストの
スラッシュが、クラシックのアーティストとタッグを組み、レッド・ツェッペリンの
名曲「Kashmir」のカヴァーをレコーディングするという。名ギタリストのスラッシュ
とのコラボに挑むのは、英オーディション番組『Britain’s Got Talent』で一躍
有名となったロンドン出身の女性ばかりの弦楽四重奏団、エスカーラ。同番組の
審査員で、彼らのマネジャーも務めるサイモン・コーウェルの仲介で顔合わせを
行なった後、今週中にも両者ともにLAのスタジオに入る予定だという。ちなみに、
コーウェルは先月、とあるパーティーでスラッシュに会った際、エスカーラとの
コラボ話を彼に持ち掛けたと言われている。「彼(サイモン)は彼女たち
(エスカーラ)のコラボの相手として、意外な人間を探していました。そこで彼
(スラッシュ)に、興味があるかどうか尋ねたのです。彼はそのアイデアを
すっかり気に入り、チャンスに飛び乗ったというわけです」と、情報筋は『サン』紙に
明かしている。なお、同曲は5月にエスカーラの作品としてリリースされる見込みだ。

ソース:VIBE
posted by メタルキング at 22:35| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

元メガデスのスーパー・ギタリスト、マーティ・フリードマンがJ-POPカヴァー集をリリース

 元メガデスのギタリストとして世界的な評価を得ているマーティ・フリードマン。
ここ日本ではお茶の間の人気者でもある彼が、J-POPのカヴァー・アルバム
『いいじゃん! J-POP(仮)』を5月20日にリリースすることが決定した。
 同カヴァー・アルバムは、自身が日経エンタテインメントで連載しているコラム
〈J-POPメタル斬り〉に寄せられた人気投票などから収録曲をセレクト。今のところ、
Perfumeの“ポリリズム”やマキシマム ザ ホルモンの“爪爪爪”、中島美嘉の
“雪の華”、いきものがかりの“帰りたくなったよ”が収録予定曲として挙がっている。
 また、ボーナストラックとして、米大リーグ・シアトルマリナーズのイチロー選手の
打席入場テーマ曲に起用された“天城越え”も収められる予定。お馴染みの名曲が、
マーティの超絶的ギター・プレイと柔軟なセンスによってどのように生まれ変わって
いるのか非常に興味深いところ。メタラーはもとより、洋楽リスナーからJ-POP
好きまで、幅広い音楽ファン注目の1枚といえそうだ。

ソース:bounce.com
posted by メタルキング at 10:00| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

メタリカのジェームズ・ヘットフィールド、カキにあたってストックホルム公演をキャンセル

メタリカのボーカル、ジェームズ・ヘットフィールドがカキによる食中毒症状を起こし、
スウェーデンで予定されていた公演をキャンセルする羽目になってしまった。
米英のメディアが伝えた。

ストックホルム2公演の最終日となった8日、会場に集まった約1万6000人のファンは
残りのメンバー3人から公演延期について聞かされたという。

ドラマーのラーズ・ウルリッヒは「おれたち3人の歌なんか誰も聞きたくないだろ」と語りかけ、謝罪の言葉を続けたという。

病院に搬送されたものの同日夜遅くには退院したというジェームズ。
オフィシャルサイトに謝罪のコメントを書き込んでいる。

「ストックホルムでの2日目の公演をキャンセルしてしまい、申し訳なく思っている。
認めたくはないが、カキにあたっちまったらしい」。

現在は米国に帰国中のメタリカだが、25日から始まる英国公演は予定通り行われるもよう。
その後もヨーロッパ各地での公演が続き、
7月18日には再びスウェーデンを訪れ音楽フェスティバル「Sonisphere」に参加する。

また公式サイトによると、8日にキャンセルされた公演については近日中に振り替え公演が行われるという。
posted by メタルキング at 13:40| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

アイアン・メイデン、コロンビア公演で暴動騒ぎ チケットを持たないファンが会場に入ろうとして機動隊と衝突

 週末(3月7日)、アイアン・メイデンのコロンビアでの公演で暴動が起きた。チケットを
持たないファンが会場(首都ボゴタ市内の公園)に押し入ろうとしたのが原因。その数は
多く、石を投げるなどの破壊行為があったため、機動隊は催涙ガスを使用し鎮圧、
100人以上を逮捕したという。
 暴動が起きたのはコンサート開始数時間前だったため、アイアン・メイデンがステージに
上がる前に事態は鎮定されパフォーマンスは無事行なわれた。しかし、当局はことを
重大に受け止めており、この後ボゴタでヘヴィメタルのコンサートを開くべきか検討し
直すという。
 アイアン・メイデンのマネージャーは2日後、「我々は、門の外でごく一部の人々により
引き起こされた馬鹿げた行ないを忌まわしく思っている。彼らは、アイアン・メイデン、
メタル、そしてコロンビアの本物のファンに害を及ぼした」との声明を発表している。
「我々のファンは、ミュージックのためにそこにいる。我々は絶対にまたコロンビアに
戻りたいと考えている。当局が、一部のトラブル・メーカーのせいでメイデンやメタルを
禁止しようなど考えないと信じている」
 アイアン・メイデンはこれまで2度ほど、同会場(Simon Bolivar Park)でパフォーマンス
している。過去のパフォーマンスの様子は、間もなく公開される彼らのツアー・
ドキュメンタリー映画『Flight 666』で見られるという。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:27| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ガンズ・アンド・ローゼズのマネージャー、アクセル・ローズの真の姿を語る

 ガンズ・アンド・ローゼズのマネージャーが、フロントマン、アクセル・ローズの
真の姿を語った。「みんなは彼のことを知っているつもりだろうが、それは違う」という。
 マネージャー、アーヴィン・アゾフは『Rolling Stone』誌にこう話した。「アクセルは
この15年、基本的に沈黙を守りスポットライトから遠ざかっていた。みんな彼のことを
わかってると思っているだろうが、それは本当に、どうかと思われる人たちが彼に
ついて話したことからに過ぎない」
 真実のアクセルとは「いい奴だ。よく誤解される。ガンズ・アンド・ローゼズの高い
クリエイティブ水準を築き、持続しようと一生懸命働くプロフェッショナルな奴だ。
僕はそこをサポートしてる」
 そのガンズ・アンド・ローゼズは7月にスタジアム・ツアーを計画しているとの噂が
流れている。アゾフは明言は避けたものの、「バンドは2009年、何かエキサイティングな
ことをやる予定だ」と話した。
 アクセル本人、以前「ツアーの話が上がっている」ことを認めており、それはアメリカ
だけでなく世界各国でのこととなると話している。

ソース:BARKS
posted by メタルキング at 16:09| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。