plogranking3.jpg

楽しんで頂けた方はRankingご協力お願いします

 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

ikunangaku.gif
kaitenmoritaka.gif

2010年06月01日

ロニー・ジェイムス・ディオの葬儀に仲間や1200名ものファンが集結 参列者の一部がロニーの持ち歌を披露する一幕も

ロニー・ジェイムス・ディオの葬儀に仲間や1200名ものファンが集結 参列者の一部がロニーの持ち歌を披露する一幕も
 
5月16日に67歳で胃がんで亡くなったロニー・ジェイムス・ディオの葬儀が30日、
ロスアンジェルスで行われた。
 ホール・オブ・リバティで行われた式には、ディープ・パープルの元ベーシストで
ロニーとともに80年代にブラック・サバスやディオで活躍したグレン・ヒューズらが
駆けつけた。
 ほかにもクイーンズライチのジェフ・テイト、クワイエット・ライオットのポール・
ショーティノらも参列したが、式が一般公開されてもいたため、1200名あまりの
ファンも式に加わったとAP通信は伝えている。
 ロニーの従兄弟でともにエルフで活動したデイヴィッド・ファーンスタインは
式でこう語った。「ロニーの音楽とメッセージ、そしてあのマジックはぼくたち
全員の心に響いたものです。ロニーがみんなのことを心から愛していたことを
わかっています。ロニーはみんなのロニーへの忠誠に対して深く感謝していました。
みなさんのことですよ、ファンのみなさんに対してそう感じていたのです」。
 また、式では参列者の一部らによってロニーの持ち歌も数曲披露され、エイジアの
ボーカルのジョン・ペインがブラック・サバスの“ヘヴン・アンド・ヘル”を歌うなど
という一幕もあった。
 一方、会場の外ではロニーが悪魔崇拝と結託していたとするカルト教団、
ウェストボロ・バプティスト教会の信者たちによって小規模な抗議集会も開かれた。

ソース:RO69
http://ro69.jp/news/detail/35455
ロニー・ジェイムス・ディオ公式サイト
http://www.ronniejamesdio.com/
posted by メタルキング at 22:40| Comment(27) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

過去30年の偉大なギタリスト・トップ10・・・1位ジョン・フルシアンテ、2位スラッシュ、3位マット・ベラミー

 BBC 6ミュージックが、過去30年の偉大なギタリストを決めるリスナー投票を実施。
元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテが1位に選ばれた。

 オンライン投票には3万人が参加。過去30年と限定したことで、
ジミ・ヘンドリックスやジミー・ペイジ、エリック・クラプトンなどの
歴代ベスト・ギタリストとはべつのモダン・エイジの優れ者が顔をそろえた。

 BBC 6ミュージックのリスナーが選んだ
過去30年のギター・ヒーロー・トップ10は以下の通り。

1.ジョン・フルシアンテ(元レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
2.スラッシュ(ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)
3.マット・ベラミー(ミューズ)
4.ジョニー・マー(元ザ・スミス、ザ・クリブス)
5.トム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)
6.カーク・ハメット(メタリカ)
7.ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)
8.プリンス
9.ジャック・ホワイト(ホワイト・ストライプス)
10.ピーター・バック(R.E.M)(続きます)

ソース:BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000060123

2009年末にレッチリを脱退したフルシアンテは、今年初め10枚目のソロ・アルバムをリリースしたほか、
デュラン・デュランのジョン・テイラー(B)らとニュー・プロジェクトSwahili Blondeを結成。
夏にデビュー・アルバム『Man Meat』を発表する。

 2位に選ばれたスラッシュが素晴らしいギタリストであるのは広く認知されているが、本人はこんな謙遜の言葉を…。
「俺がギター・レジェンドだと考える人はみんな、エレクトリック・ギターやロックンロール・ギター、
ブルース・ギターのパイオニアでもある。
だから、俺は自分自身をそのレジェンド・カテゴリーに当てはめることはできない」

 また、スウェードの元ギタリスト、バーナード・バトラーは、ジョニー・マーに投票したという。
「彼が出演するTVやビデオはなんでも見てた。画像を止めて、彼の指を研究してたよ。
彼は何百万もの技を使ってたからね。ものすごい勉強になったよ」と話している。
そのマーはリストに登場したことに「信じられない」とコメントしている。(了)
posted by メタルキング at 18:05| Comment(5) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、スティーヴン・アドラーが暴露本を出版へ

 ガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、スティーヴン・アドラーが暴露本
「My Appetite For Destruction: Sex, And Drugs, And Guns N' Roses」を
出版することがあきらかとなった。
 ガンズ・アンド・ローゼズのオリジナル・メンバーとして知られるアドラーは、
数々の問題行動の末、90年にバンドを解雇されている。今回出版される
暴露本には、自身のドラッグ中毒を発端としたメンバー間のトラブルや、
バンド側との印税をめぐる訴訟など、彼から見たガンズの内情が赤裸々に
綴られている模様だ。発売日は、米国で6月22日の予定となっている。
 なお、彼が率いるアドラーズ・アペタイトは、現在スタジオでニュー・アルバムを
レコーディング中。アドラーは新作について、「楽曲は素晴らしい出来。いまの
メンバーになって前進することができたし、とても気分がいいんだ。長い時間が
かかったけれど、待った甲斐があるものになるよ」とコメントし、かなりの自信を
窺わせている。制作作業が順調に進めば、春から夏にかけてのリリースとなる
見込み。また、この新作を引っ提げたヨーロッパ・ツアーも計画しているとのことだ。

ソース:TOWER RECORDS ONLINE
http://tower.jp/article/news/3467
アドラーズ・アペタイト公式サイト
http://www.adlersappetite.com/
アドラーズ・アペタイトMyspace
http://www.myspace.com/stevenadlersite
posted by メタルキング at 04:20| Comment(4) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

エクストリーム、初のライヴCD&DVDをリリース! 09年ボストン・ライブの模様を収録

 2008年に13年ぶりの復活作『サウダージ・デ・ロック』を発表、再び世界中の
ファンを熱狂させたエクストリーム(EXTREME)がライヴ・アルバム『Take Us Alive』を
リリースします!
 意外にもバンドがオフィシャルでライヴ作品をリリースするのは今回が初。
収録されるのは、2009年8月8日に行なわれた地元ボストンでのライヴの模様。
CDは2枚組で、付属のDVDにはライヴ本編に加え、『サウダージ・デ・ロック』
からのビデオ・クリップも収録される予定です。
 発売は日本盤(2CD+DVD:VIZP-90 税込7,140円 / 2CD:VICP-64809〜10
税込3,150円)が3月24日。劇的な復活を遂げたエクストリームの躍動感溢れる
ステージをCD / DVD作品としてもお楽しみください!

ソース:CDJournal.com
http://www.cdjournal.com/main/news/extreme/28887
エクストリーム公式サイト
http://extreme-band.com/
posted by メタルキング at 13:34| Comment(3) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【音楽】エアロスミスのスティーヴン・タイラー、レッド・ツェッペリン再結成公演のオーディションを受けていたことがあきらかに

【音楽】エアロスミスのスティーヴン・タイラー、レッド・ツェッペリン再結成公演のオーディションを受けていたことがあきらかに

 エアロスミスのフロントマン、スティーヴン・タイラーが、レッド・ツェッペリンへの
加入を希望してオーディションを受けていたことがわかった。
 ツェッペリンは'07年、一夜限りの再結成公演のため追加メンバーのオーディションを
行なっており、当時エアロスミスのメンバーとの関係が悪化していたスティーヴンが、
これに臨んだという。
 エアロスミスのギタリスト、ジョー・ペリーは英『クラシック・ロック・マガジン』との
インタビューで、「('07年に)スティーヴンが突然行方をくらましたから、俺はいろんな
ところに電話したんだ。そしたら誰だったか、ヤツがツェッペリンのオーディションの
ために、ロンドンにいるって教えてくれたのさ。(スティーヴンと)そんな話はしたことが
なかったんだぜ。まあ、こういった出来事は初めてじゃなかったし、それが俺たちの
関係の悪化につながったのかもな」と、この衝撃的な事実を認めている。
 ジョーはさらに、ツェッペリンのギタリストのジミー・ペイジが、スティーヴンとの
セッションは“乱雑”で、この伝説的バンドの作品にも不勉強だったと話していた
ことも告白。このため、バンドは結局、彼の加入を見送ったという。
 このところ薬物依存のリハビリのため、バンド活動から離れているスティーヴン。
残りのメンバーは新たなヴォーカル発掘も辞さないとしているが、彼は代理人を通じて
「ミック・ジャガーをローリング・ストーンズからクビにするなんてありえないだろう。
エアロスミスにとって、俺も同じ存在なんだ」と伝え、これを止めるよう懇願しているという。
とはいえ、失った信頼を仲間から取り戻すのは、なかなか難題といえそうだ。

ソース:VIBE
http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html
posted by メタルキング at 13:27| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

メタリカのチリ公演で暴動!100人以上が逮捕される!当局は今後、メタルバンドのライブを禁止することを検討中!

1月26日(火)、メタリカのチリ公演で100人以上が逮捕される暴動が起きた。メタリカが同国で
パフォーマンスするのはおよそ10年ぶり。そのためか、5万5,000人収容ではことたりず、チケットを
持たない2,000人が会場に押しかけたという。

警察は会場内に乱入しようとする人々を放水で制し、治安を乱す行為、公けの場での酩酊状態、
薬物所持などの容疑で120人近くを逮捕したという。警官1人が負傷したそうだ。
チリの新聞『El Mercurio』紙によると、会場の外とはうって変わり中では平穏にパフォーマンスが
行なわれたとのこと。76歳の女性の姿もあったらしい。

南米では、昨年3月、コロンビアで開かれたアイアン・メイデンのコンサートでも同様の暴動が起こり
100人以上が逮捕されている。コンサートは無事行なわれたものの、当局はことを重大に受け止め、
同会場(首都ボゴタ市内の公園)で今後ヘヴィ・メタル・バンドのコンサートを禁止することも検討中だと
伝えられた。

メタリカさん
http://img.barks.jp/image/review/1000042930/300.jpg

http://www.barks.jp/news/?id=1000057898
posted by メタルキング at 11:08| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ホームセンターの店内マイクで突然熱唱

鎮痛剤中毒のためリハビリ中と言われているエアロスミスのボーカル、スティーヴン・
タイラーが、週末のホームセンターに買い物に来た客に歌声を披露したらしい。
 TMZ.comによると、スティーヴンはカリフォルニア州ランチョ・ミラージュにある
ホーム・デポを訪れ、店内放送用のマイクを使い、突然アカペラで歌い始めたとのこと。
スティーヴンは“Dude Looks Like a Lady”と映画『アルマゲトン』のメインテーマ
“ミス・ア・シング”の一部を歌い、店内にいた従業員と客は楽しんだようだ。その後、
ヘリウムガスを吸って声を高くしたスティーヴンはビージーズの曲を歌いながら
サインに応じていたとのこと。リハビリも順調なのかもしれない……それとも逆?

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0022051
エアロスミス公式サイト
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 09:05| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ガンズ・アンド・ローゼズ、公演でファンがスラッシュのTシャツなどを着用するのは禁止!? バンド側は否定

2010年1月中旬カナダで行なわれたガンズ・アンド・ローゼズの公演で、オーディエンスは
スラッシュのTシャツや彼のトレードマークであるトップハットの着用を禁じられたとの
報道があったが、バンドのマネージャーはこれを否定するコメントを発表した。
 TMZ.comは、警備員がオーディエンスの服装をチェックし、スラッシュのTシャツを着た
人は裏返しにするよう、トップハットは預けるよう指示されたと伝えた。警備員は、
マネージメントから指示されたと同サイトに認めたそうだが、バンドのマネージャーは
これを否定するコメントを掲示板に掲載したという。
 「このような格好を禁じるよう警備員に指示していない。もし彼らがそうしたなら、それは
彼ら独自の決断、もしくは誰かべつの者からの要請だ」
 TMZ.comは、服装を指摘された大半の人は大人しく指示に従ったものの、中には会場を
後にする人もいたと伝えている。
 ガンズ・アンド・ローゼズは現在もカナダ・ツアー中。スラッシュ禁止令が出たと噂されたのは
13日の公演だった。その後も同国内で数回コンサートが開かれているが、そういった話は
出ていない。

ソース:BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000057647
ガンズ・アンド・ローゼズ公式サイト
http://www.gunsnroses.com/
posted by メタルキング at 23:04| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

“新世代のカリスマ”イングウェイ・マルムスティーン驚異の早弾き! アルカトラスのデビュー作が再発売

欧州の国々に比べて建国の歴史が浅い米の人々が欧州の深い文化に抱く劣等感は
日本人の想像以上だ。事実「おれの音楽や演奏は米国人には理解できないだろうな」
というインタビューでの無神経な発言がきっかけで、北米市場から閉め出された欧州
出身のロック・ギター奏者がいる。北欧スウェーデン生まれで日本でも人気の高い
イングウェイ・マルムスティーンだ。
 その彼が在籍したハードロックバンド、アルカトラスのデビュー作(1983年)が
1月27日、再発売される。とかく問題発言の多い男だが、本作での早弾きはいまも
驚異的。個々の楽曲も素晴らしく、文字通りハードロックの名盤といえる出来栄えだ。
 83年、スターをめざして母国から米ロサンゼルスに移り、ローカル・バンドでの
活動を経てアルカトラスに。ディープ・パープル・タイプの古典的なハード・ロックを
標榜(ひょうぼう)したアルカトラスに加入。彼は一躍、新世代のギター・ヒーローになり、
バンドも大成功を収めた。
 バッハの影響が色濃い欧州のクラシック音楽風の音階を多用したすさまじい早弾きは
音が転がっているよう。ちなみに「ジェット・トゥ・ジェット」や「ヒロシマ・モナムール」は
今もギターの練習曲として人気が高い。しかし問題発言の多さからか、ほどなくバンドを
脱退しソロ活動に。しかし冒頭の逸話通り、北米市場での成功を棒に振った。
 とはいえ最近、洋楽やロック音楽が衰退気味なのは、彼のようなギター・ヒーローが
登場していないからではないか。久々に本作を聴いてそんなことを思った。

ソース:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/100113/msc1001131626001-n1.htm

2010年01月13日

約92億円!? スラッシュ、ガンズ・アンド・ローゼズのリユニオンに対する巨額オファーを断る

 スラッシュは、オリジナル・メンバーでのガンズ・アンド・ローゼズのリユニオンに
対する巨額オファーを蹴ったそうだ。その額なんと、1億ドル(約92億円)だったとも
いわれる。
 スラッシュは『GQ』マガジンでこう話した。「俺が(バンドを)去るころには、事態は
相当、険悪だった。“戻ってみるのもいいかも”なんてこと思ったことない。いいわけ
ないのは、わかってるからな!」「リユニオンが実現する前に、俺ら2人のうちの
どっちかは死んでるよ」
 また、オファーの額を問われると「正確な数字は覚えてない。でも、どえらい額だ。
7,8ケタあったな」と明かし、1億ドル以上だったのかとの問いに「イエス」と答えたそうだ。
 リユニオンするつもりはないものの、あれだけ素晴らしかったラインナップがもう
存在しないことを残念に思う気持ちはあるという。彼はこうも話した。「あんなに
いいものが、もう存在しないっていうのは悲しいよ。俺ら両方とも生きてる、同じ星に
いるっていうのにな」「ステージでの俺らは、一丸となっていた。でも、ステージを降りると、
一緒の部屋にはいられない、曲作りなんかできないってとこまできていた」
 いまはガンズどころかヴェルヴェット・リヴォルヴァーからも離れソロ・デビュー・
アルバムを制作中のスラッシュ。Twitterに掲載されたメッセージによると、アルバムは
4月のリリースが予定されているそうだ。ツアーの日程も間もなく発表するという。

ソース:BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000057198
スラッシュ公式サイト
http://www.slashonline.com/
posted by メタルキング at 18:53| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

ベスト・ギター・リフ、トップ10発表! 1位はジミ・ヘンドリックス「Voodoo Child」 2位にガンズ「Sweet Child O' Mine」

 数々の名曲がある中、今回1位に輝いたのはジミ・ヘンドリックスの「Voodoo Child」。
ガンズ・アンド・ローゼズの「Sweet Child O' Mine」が2位に選ばれた。Music Radarの
編集者は、ヘンドリックスを「議論の余地がない、ロック・ギターのヘヴィウェイト・
チャンピオン」と評している。
 そして、数多くの名リフを持つレッド・ツェッペリンは「Whole Lotta Love」が3位に
登場した。これまたギターの神様、エリック・クラプトンはお馴染み「Layla」が4位に
選ばれている。

 Music Radarのリーダーが選んだ、ベスト・ギター・リフ・トップ10は以下の通り。
1.ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「Voodoo Child」
2.ガンズ・アンド・ローゼズ「Sweet Child O' Mine」
3.レッド・ツェッペリン「Whole Lotta Love」
4.ディープ・パープル「Smoke On The Water」
5.デレク&ザ・ドミノス「Layla」
6.AC/DC「Back In Black」
7.メタリカ「Enter Sandman」
8.ザ・ビートルズ「Day Tripper」
9.ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」
10.ザ・ローリング・ストーンズ「(I Can't Get No) Satisfaction」

 レッド・ツェッペリン(「Heartbreaker」17位、「Black Dog」19位)は3曲が、AC/DC
(「Highway To Hell」16位)は2曲がトップ20入り。クラシックな名曲が大半を占めたが、
新しいところでは、ミューズの「Plug In Baby」が12位に、ホワイト・ストライプスの
「Seven Nation Army」が15位に登場している。
 50曲全リストは、Musicradar.comでチェックできる。

ソース:BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000055874
Musicradar.com
http://www.musicradar.com/
posted by メタルキング at 21:47| Comment(7) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

“メタル界の大御所”ロニー・ジェイムス・ディオ、胃ガンを患っていることがあきらかに

ディオやヘヴン・アンド・ヘルといったバンドでの活動で知られるメタル界きっての
実力派ヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオが、胃ガンを患っていることが
あきらかになった。
 現在67歳のロニーは、11月に予定されていたヨーロッパのツアーを入院のために
急遽キャンセルしていた。この段階では病状はあきらかにされていなかったが、
先頃オフィシャルサイトにて、胃ガンと診断されたことが正式に発表された。
 幸いにも早い段階で腫瘍を発見できた模様で、直ちに手術による除去を予定
しているとのこと。具体的な回復の時期はまだ不明だが、彼はステージに戻ることを
切望しているようで、体調が整い次第音楽活動を再開することを約束している。
 手術が無事に成功し、一刻も早く彼の復帰が実現することを祈ろう。

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/21194
ロニー・ジェイムス・ディオ公式サイト
http://www.ronniejamesdio.com/
posted by メタルキング at 21:59| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

スティーヴン・タイラー脱退は本当だった エアロスミスがボーカルを募集

スティーヴン・タイラー脱退は本当だった - エアロスミスがボーカルを募集

エアロスミスのスティーヴン・タイラーがバンドを脱退しソロに転向したと海外の複数のメディアが報じているが、
ギタリストのジョー・ペリーが自身のTwitter上に新しいボーカリストを募集する旨をポストし話題を呼んでいる。

タイラーとメンバーの不和はかねてより噂されてきたが、ペリーは40年間に及ぶ確執を徐々に語り始めている。

驚くべきことに、タイラーはペリーと曲作りすることを10年以上もの間拒否していたという。
数カ月前、タイラーは「ずっとやりたかったソロ活動に集中したい」と訴え、メンバーとの連絡を取らなくなっていた。
最後にペリーが電話した際は一方的に通話を切られてしまったとか。

埋めがたい溝を抱えながら強行した夏のツアーでは、タイラーがステージから落下して負傷したが、
メンバーの誰も病院に同行しなかったという。ツアーはそのまま打ち切りになった。
ここ数週間はハワイやアブダビで行うライブのために再び集まって活動していたが、
タイラーがイギリスの音楽雑誌に今後は自分のソロ・プロジェクト「Brand Tyler」に集中していくとの
コメントを勝手に発表するなど、バンド内の亀裂は誰が見ても明らかなものになっていた。

ペリーはTwitterで「エアロスミスは解散しない」とも明言。
タイラーの後任は一体誰が務めることになるのか、動向に注目したい。

■ソース:マイコミジャーナル 2009/11/10
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/10/032/index.html

■Aerosmith's Official Site
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 17:48| Comment(2) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イングヴェイ・マルムスティーン、マイケル・ジャクソンのヒット曲「今夜はビート・イット」をカヴァー

 驚異的な速弾きとクラシカルな旋律で人気のギター・ヒーロー、イングヴェイ・
マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)がサプライズなカヴァー曲を発表!
今年6月に急逝したマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の大ヒット・ナンバー
「今夜はビート・イット(Beat It)」をカヴァーします。
 同曲は、自身が主宰するRising Force Recordsより12月8日(海外)に発売される
最新コンピレーション・アルバム『High Impact』にボーナス・トラックとして収録される
予定。同曲のヴォーカルには、昨年発表のアルバム『パーペチュアル・フレイム』にも
起用されたティム・“リッパー”・オーウェンズ(ジューダス・プリースト、アイスド・アース)が
起用されています。ここでしか聴けない驚くべきカヴァー曲、一体どんなアレンジと
なっているのか、仕上がりに期待です! アルバム『High Impact』は同曲を含んだ
全14曲入り。

ソース:CDJournal.com
http://www.cdjournal.com/main/news/yngwie-malmsteen/27225
イングヴェイ・マルムスティーン公式サイト
http://www.yngwiemalmsteen.com/
posted by メタルキング at 00:23| Comment(1) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

メガデスのデイヴ・ムステイン、AC/DCについて語る「彼らは音源よりもライヴで変化するバンドだと思うよ」

 スラッシュ・メタル界の頂点に立つMEGADETHのフロントマン、デイヴ・ムステインがAC/DCに
ついて語っている記事がMetalhammerのblogに掲載!AC/DCへの敬意や自分達との違いに
ついて熱く語っています。
「俺はAC/DCが大好きで、長年彼らのファンなんだ。彼らは音源よりもライヴで変化する
バンドだと思うよ。俺たちはライヴもだけど、音源がとにかく変化するバンドだな!」
「俺たちがドイツにいるとき、ボン・スコットの命日だったことがあって、"Problem Child"を
演奏したんだ。でも、歌ってる最中で歌うときのボンの声はすごく高かったことに気付いた。
だから、演奏後にショーン(ドラム)に『二度とやらせないでくれよ』って言ったんだ。ハッハッ!」
 そして、9月9日にはMEGADETH待望のニュー・アルバム『ENDGAME』が発売!お楽しみに!

ソース:Roadrunner Records
http://www.roadrunnerrecords.co.jp/page/News?news_id=81132
posted by メタルキング at 20:23| Comment(12) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズ、マネジャーとすったもんだの解雇劇を展開!?

ガンズ・アンド・ローゼズのフロントマン、アクセル・ローズが、マネジャーの行動に
腹を立ててクビを言い渡したという。しかしその後、彼を再雇用。これを1ヵ月に3度も
繰り返したというのだ。報道によると、マネジャーのアーヴィング・エイゾフがバンドの
’08年のアルバム『Chinese Democracy』の再プロモーションを試みたことにアクセルが
激怒し、こうした解雇劇が繰り広げられたという。同アルバムは’08年11月のリリース
当時、ガンズの17年ぶりのオリジナル・アルバムとして大きな注目を集めたものの、
セールスは思うように伸びず、全米ナンバー1も獲得できずじまいだった。これを
挽回しようと試みたエイゾフに対し、「アクセルはそれ(『Chinese Democracy』)には
もう関与したくないと思っています。家から出るのも嫌がっているのです」と情報筋は
『ニューヨーク・デイリー・ニューズ』紙に対立の様子を暴露。しかし、エイゾフの
代理人は両者の仲違い報道を完全否定。「アクセルとは毎日、連絡をとっていますよ。
我々は今後も彼およびガンズ・アンド・ローゼズをサポートし続けていこうと考えています」
とコメントしている。一方で、ガンズはこの夏、問題のアルバム『Chinese Democracy』を
引っ提げてカムバック・ツアーに出るとのウワサもささやかれているが、正式な発表は
出されていない。

ソース:VIBE
http://www.vibe-net.com/news/?news=00381491
ガンズ・アンド・ローゼズ公式サイト
http://www.gunsnroses.com/
posted by メタルキング at 11:10| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

エアロスミスのスティーヴン・タイラーが自伝執筆!「1,600ドルの入ったかばんを拾った」ことなどを明かす

 60代になっても現役で活躍し続ける人気ロックバンド、エアロスミスのフロントマン、
スティーヴン・タイラーが自伝小説「Does the Noise in My Head Bother You?」(原題)に
ついてニューヨークで開催されたアメリカ・ブック・エキスポで語った。
 本作は、彼の幼少期から、エアロスミスの隆盛期、そして自身の恋愛や家族や
ドラッグ問題にも触れた赤裸々な内容となっている。アメリカの大手出版社ハーパー・
コリンズは、この自伝に2億円の出版権を払うなど、アメリカでは話題となった。
 ロックスターである彼の一日は、一般人にはまったく想像がつかない。普段は
どういった暮らしをしているのだろう? 「そうだなぁ。前日がライブだったら、だいたい
次の日は11時くらいに起きて、12時前には朝食。12時にはジムで運動して、家に戻って
シャワーを浴びて、15時くらいにはジェット機で別のコンサート会場に移動だな。会場の
バックステージには、3時間前くらいに行き、関係者に会ってあいさつして、それから
約2時間、会場でライブ。終わったらシャワーを浴びて、車に乗ってホテルに戻ったら、
大概は夜中の3時くらいにはなっているんだ。これがツアー中の日課かな」と教えてくれた。
 そんな日々の中で、いつ自伝を書いたのだろうか? 「ツアーの合間をぬってだよ。
去年の夏、オレの母親が亡くなってね。そのときに、今なら書いてもいい時期じゃないかと
思ったんだ。ちょうど時間的にも余裕があったし。それに、母の死に直面したことで、
自分がどれだけ生きられるのだろうかって考えたのも一因ではあるよね」と述懐する。
さらに「1,600ドルの入ったかばんを拾ったことや、マリファナや古着の話。
『ドリーム・オン』を作詞したときのこととか、たくさんのエピソードがあるよ。実は
エピソードがたくさんあり過ぎて本はまだ完成していなくて、今も執筆中なのさ!」と
ロックスターらしいコメントをくれた。
 自伝を執筆したことで、家族のことを改めて考えたというタイラー。アメリカでは
10月27日に発売される予定だ。

ソース:シネマトゥデイ
http://cinematoday.jp/page/N0018423
エアロスミス公式サイト
http://www.aerosmith.com/
posted by メタルキング at 08:52| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

メタルの祭典「LOUD PARK 09」出演アーティスト第1弾発表! ジューダス・プリースト、スレイヤー、メガデスら10組

10月17日(土)、18日(日)に幕張メッセにて開催される日本最大級のメタル・フェスティヴァル
〈LOUD PARK 09〉。その出演アーティスト第1弾が発表された。
 今回出演が決定したのは、ジューダス・プリースト、スレイヤー、ロブ・ゾンビ、メガデス、
アーク・エネミー、フェア・ウォーニング、ナパーム・デス、OUTRAGE、ポイズン・ザ・ウェル、
ラザラスA.D.の10組。ヘッドライナーとして〈LOUD PARK〉に初参戦するメタル・ゴッド=
ジューダス・プリーストや、ソロとしては待望の初来日となるロブ・ゾンビをはじめ、シーンを
代表する大物アクトが集結した超豪華ラインナップとなっている。
 なお、今年は会場を3年ぶりに幕張メッセに戻すことで、過去2回のさいたまスーパー
アリーナ公演では実現できなかった3つ目のステージが復活。参加バンド数の大幅な増加も
期待できそうだ。
 チケットの一般発売は8月2日(日)よりスタート。それに先駆けて、クリエイティブマンの
3A会員先行予約が6月9日(火)より実施されるので、いち早くチケットをゲットしたい熱烈的な
メタル・ファンはぜひチェックしよう!

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19886
LOUD PARK 09
http://www.loudpark.com/09/
posted by メタルキング at 21:13| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ザック・ワイルド、ナゲッツ対レイカーズの試合でアメリカ国歌を披露

 オジー・オズボーンのバンドへの参加で頭角を現し、現在はブラック・レーベル・ソサエティで
活躍するスーパー・ギタリスト、ザック・ワイルド。彼が、NBAの試合でアメリカ国歌を演奏した。
 彼が演奏を披露したのは、5月29日に米コロラド州デンバーにて行なわれた西カンファレンス・
プレイオフ決勝の第6戦〈デンバー・ナゲッツ対ロサンゼルス・レイカーズ〉の試合会場。
ザックはコートの中央でアメリカ国歌“The Star Spangled Banner”を豪快にプレイし、
ティップオフに向けて興奮の高まっている会場をさらに熱く盛り上げた。
 ちなみに試合は、レイカーズが地元のナゲッツに快勝、ファイナルへと駒を進めた。この時の
演奏の模様は、ブラック・レーベル・ソサエティのオフィシャルサイトにて公開されているので、
気になる方は是非ともチェックを!!

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19876
ブラック・レーベル・ソサエティ公式サイト
http://www.blacklabelsociety.net/index.php
“The Star Spangled Banner” 視聴ページ
http://www.blacklabelsociety.net/modules.php?name=News&file=article&sid=150
posted by メタルキング at 20:43| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

スラッシュ、ソロ・アルバムにガンズ時代のバンド・メイトだったイジー・ストラドリンが参加

 元ガンズ・アンド・ローゼズの中心メンバーで、現在はヴェルヴェット・リヴォルヴァーで
活躍するギタリスト、スラッシュ。彼の自身初となるソロ名義のアルバムに、ガンズ時代の
バンド・メイトだったイジー・ストラドリンが参加していることが明らかとなった。
 これは、彼のTwitter上で明らかにされたもので、スラッシュは「(今レコーディングしている
トラックに)イジーがリズム・ギターで参加したよ。最高にクールだ」とのコメントを発している。
現在レコーディング中の同アルバムは、元ナイン・インチ・ネイルズのジョシュ・フリース
(ドラム)、元ジェーンズ・アディクションのクリス・チェイニー(ベース)という主要演奏陣に加え、
オジー・オズボーン、アヴェンジド・セヴンフォールドのM.シャドウズ、元ガンズ・アンド・
ローゼズのスティーヴン・アドラーのゲスト参加も決定。
 また、プロデュースは、グッド・シャーロットやサード・アイ・ブラインドらを手掛けてきた
エリック・ヴァレンタインが担当している。豪華な顔ぶれが続々と集結しているだけに、
その完成が待たれるところだ。現時点では、2010年初頭のリリース予定。引き続き、
続報に注目しよう。

ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/19853
スラッシュ公式サイト
http://slashonline.com/
スラッシュMyspace
http://www.myspace.com/slash
posted by メタルキング at 19:31| Comment(0) | ハードロック へビィメタル最新情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。